« 井川線の風景【大井川鐵道2006年】 | トップページ | Puffin Billy 鉄道 ① 【2005年】 »

2007年6月 9日 (土)

6月の鉄 【野辺山SLランド2005年】

うちのガーデニング大好きオバサンがバラクライングリッシュガーデンとかいうところに行きたいというのでバラを見た翌日、帰りに野辺山SLランドに寄ってみました。
ナローのCタンクですが、後部に新しいボイラーを積んだためオリジナルのスタイルとは相当違ってるようで、ちょっとがっかりです。でも立派に蒸気で動きますし、コールバンカーだと思えばいいですよね。

Dsc_00241_1 Dsc_00271

走行中です。
Dsc_00201

こうういうのも展示してありました。
Dsc_00321 Dsc_00331_4

野辺山といえば小海線、小海線といえばC56。ということで現役時代のC56159です。
47年3月21日 信濃川上~佐久広瀬 182レ
5a_2

|

« 井川線の風景【大井川鐵道2006年】 | トップページ | Puffin Billy 鉄道 ① 【2005年】 »

23博物館・保存鉄道・催し」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

台湾の製糖工場から持って来た機関車ですね。
同型機は山形県河北町の「いもこ列車」の機関車です。
ベルギーの『アングロ・フランコ・ヴェルジ』社製と言う珍しい機関車です。
野辺山のカマは代替の縦型ボイラーを積んでいると聞いていましたが、こんな形をしていたんですね。ここまでして、蒸気で走らせようと言うオーナーの意地(?)に感動です。
展示車両も面白そうですね。

投稿: あべくま | 2007年6月10日 (日) 22時44分

展示車両も含めいかにもあべくまさんの好きそうな機関車ですね。
この罐、1948年製なので蒸機としては比較的新しいと思うんですが、なんで日本ではオリジナルのボイラーで検査が通らなかったんでしょう。
ステファンソン式の弁装置というのも珍しいです。
銘板をアップしておきますね。

投稿: たかべー | 2007年6月10日 (日) 23時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391886/6725905

この記事へのトラックバック一覧です: 6月の鉄 【野辺山SLランド2005年】:

« 井川線の風景【大井川鐵道2006年】 | トップページ | Puffin Billy 鉄道 ① 【2005年】 »