« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007年6月30日 (土)

北上線D51試運転 ①

行ってきました北上線、早めの夏休みを取って行ったかいがありました。まずは24日(日)試運転初日、朝一番は岩沢駅先の道路橋から。
試9729レ 岩沢~和賀仙人
Img_89361
初日からこの爆煙、たーまりません。でもちょっと重油焚き過ぎかも・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年6月23日 (土)

6月の秩父C58【2006年】

6月14日投稿分の続きですが、高崎線でロクイチの臨客を撮った後、秩父へ向かいました。有料道路をショートカットして大野原あたりで撮った後、浦山口でもキャッチすることができました。

浦山口~武州中川
Img_54231
同じ場所、どアップです。
Img_54261
とてもいい煙で力強く登ってきました。

続いて荒川を挟んだ対岸から望遠で狙ってみましたが、姿を現すのはほんのわずかな区間なので緊張の一瞬でした。
武州日野~白久
Img_54291_2

午後は俯瞰でいいとこがあるからと、K先輩に連れられて宝登山ロープウェイで山頂駅へ。そこから少し登った山頂近くの斜面からの大俯瞰です。写真の中心のちょっと下あたりに鉄橋を行くC58がいるんですが、わかるでしょうか。電車だともうちょっと目立つんですが、汽車の場合は白煙でもないと厳しいですね。気温の低い時期に再挑戦したい所です。
親鼻~上長瀞
Img_00541_1
このポイント、斜面を少し右へ回りこむと皆野あたりから親鼻にかけての大パノラマも展望できます。

ところで、たかベーは今日から北東北方面へ出かけてきます。どこへ行くかはこの煙たいブログをご覧になっている方ならおわかりになると思いますが(^^;)ゞ、今回は試運転が5日もあるらしいので早めの夏休みを取ることにしました。

3年前でしたか、前回の運転時にはどうしても都合がつかず行けなかったので初めての北上線、とても楽しみです。 わくわく o(*^^*)o
でも、これでもう7・8月の夏休みはありませんが・・・。

ということでブログは1週間ほどお休みさせていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月22日 (金)

白鳥峠へ挑む9600【想い出アルバム12】

舞鶴線の東舞鶴駅を発車し、白鳥峠に向けて猛然とダッシュする9600です。

舞鶴線 東舞鶴~西舞鶴 昭和45年12月
20a

こちらは時計の針を少し逆戻りさせて、この機関車の発車前のひとコマです。
東舞鶴
15a

機関区は西舞鶴にありましたが、東舞鶴も旧海軍の軍港として発展した街だけあって駅は広い構内を持っていました。
この区間はいろんな罐が走り回っていて、なかには重連や後補機付きの列車もあり、1日いても飽きない所でした。
9600以外の罐もまたの機会に。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月21日 (木)

6月の只見C11試運転⑤【2006年】

今回最後の列車は、まず只見出発間もない上り勾配で構えました。快調に完全燃焼で通過して行きました。
只見~会津蒲生
Img_01261 

例によって川口で追い越して、午後の2枚目。
会津川口~会津中川
Img_01271 Img_01281

次は滝谷へ行ったところ、鉄橋は工事中でしたので駅へまわって、正面から。
会津桧原~滝谷
Img_59981_1

たかベーの横を通過するあたりから煙が出ました。うーんこれならすぐ先の陸橋で待ってればよかった。
滝谷通過
Img_60051_1

この後は、広域農道をショートカットして会津盆地へ。久々に流し撮りに挑戦してみました。  若宮~新鶴
Img_01411

会津盆地をぐるっと回ってきた列車を最後は西若松でお迎えして、今回のツアー終了となりました。
Img_01501

この時に改めて思いましたが、只見線の会津坂本から先の只見川沿いの区間は、ドラフトがまわりの山々にこだまして本当に音がいいです。素晴らしい景色と相俟って爆煙はなくとも人気があるのがよくわかります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月20日 (水)

6月の只見C11試運転④【2006年】

お昼は只見駅へやって来ました。これから機関車はターンテーブルへ向かうため転線です。

只見駅
Img_59601_1

ここから一旦バックしてもう一度前進し、ターンテーブルへ向かいます。Img_59621_1

左のお2人は人力でテーブルを回すボランティアの方です。
Img_59651

只見のターンテーブルは手押しなので風情があっていいですね、なんてのんきなことを言うと一生懸命押してる方に失礼ですね。申し訳ありません。
Img_59691_1

さて、転向完了。真岡にいる時より凛々しく感じるのは、背景・雰囲気等々只見線という環境のせいでしょうか。
Img_59851

これから上り列車に向けて機関車の整備です。石炭も1袋ずつ人力でコールバンカーへ、給水は道路の消火栓から長いホースでと、まさに手作業です。本当にご苦労様です。
Img_59881

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月19日 (火)

6月の只見C11試運転③【2006年】

2日目は古屋敷踏切奥のSカーブから始めることにしました。只見川沿いの景色ももちろんいいですが、森の中も素晴らしい風景だと思います。

郷戸~滝谷
Img_59311 Img_59331
Img_59351 Img_59371
Img_59391 Img_01172

川口までは追いつけないので、次は5橋にします。どんな画角で撮ってもいい所ですねー。
会津川口~本名
Img_01231
Img_59451

この後、お昼は只見でターンテーブル回しを見ようということで、クルマを走らせていたら横田手前で併走し追い抜いてしまったので、なら7橋間に合うかなと思って行きましたが、さすがにタッチの差でダメでした。
7橋のちょい先 会津横田~会津大塩
Img_59491

じゃあ只見へと運転してたら、道路脇でカメラを構えてる人が。再び追い越したみたいなので、道路脇のパーキングスペースにクルマを停めて蒲生岳バックに午前中最後の1枚です。
会津蒲生~只見
Img_59561

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月18日 (月)

6月の只見C11試運転②【2006年】

午後は、ここまで来たのでということで8橋から始めることにしました。梅雨の最中、お天気なのはいいんですがトップライトが眩しくて。贅沢な悩みですかね。

会津蒲生~会津塩沢
Img_00881

ここは遠くからすぐ横まで楽しめる所なので、1台は手持ちで撮りました。
Img_59021 Img_59031
Img_59051 Img_59071
Img_59101 Img_59111
Img_59161 Img_59181

川口で追い越し、さて次はどこで撮るかと話しながら走ってるうち宮下手前まで来てしまったので他に人もいなくて空いてるし、じゃあこの辺でと撮りましたが、場所的にはイマイチでした。
早戸~会津宮下
Img_00941

宮下停車中に追い抜いて1橋ビューポイントへ。ここで早くから待ちかまえていらっしゃった方々は長靴で川に入り、三脚も水の中。ここはそのくらいの覚悟で撮らないと左上の木の枝はクリアーできませんね。
会津西方~会津桧原
Img_01001

この日の最後は坂本先の七折峠への上り勾配でキャッチし、1日目終了。  会津坂本~塔寺
Img_59241 Img_59283

さあ、明日に備えて温泉&宴会。実は汽車よりこちらがメインだったりして・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月17日 (日)

6月の只見C11試運転①【2006年】

昨年6月、クマさんと2人で只見線のC11試運転に出かけました。 この日のために4月と5月は年休を取らずにお仕事がんばって(^^;)ゞ、何とか休めました。
28日早朝東京を出発し、朝一は塔寺駅先の直線で待っていたところ、いい音で上り勾配をゆっくりと登ってきました。

塔寺~会津坂本
Img_58741 Img_00651

次は古屋敷の踏切に間に合いました。 郷戸~滝谷
Img_00741 Img_58891
Img_58892

予定では川口停車を利用して追い抜くつもりでしたが、4橋に間に合ってしまったので一枚。先客万来でしたのでアングルに制約があるのはいたし方ありませんね。 会津水沼~会津中川
Img_00851

下り列車の最後は夏井川橋梁へ。今回一番行きたかったところです。
会津川口~本名
Img_58991

これにて午前の部は終了。さて午後はどこへ行きますか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月16日 (土)

関西本線のD51【想い出アルバム11】

昭和40年代の最後の方だと思いますが、関西本線大河原駅を発車するD51の荷物列車です。本線と名がついているとはいえ奈良・亀山間はほとんどローカル線の趣きでした。今ではほとんど見られなくなった腕木式信号機が懐かしいですね。

関西本線 大河原~月ヶ瀬口
7a

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月15日 (金)

36年前の富山地鉄【想い出アルバム10】

富山の極楽坂スキー場へ行った時に撮ったんだと思います。スキー宅急便のない時代、大阪から「きたぐに」に乗ってスキー板を担いで行ったんでしょう。でも重いリュックの中にしっかりとペンタックスSPは入れて行ったようです。

46年3月16日 富山地方鉄道 本宮~有峰口
3a_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月14日 (木)

6月の高崎線ロクイチ【2006年】

昨年6月、高崎線にロクイチの臨客が走るということでK先輩といっしょに出かけました。午前中は熊谷の手前でロクイチを見て、その後秩父へ転戦というスケジュールです。

十数人が待ちかまえるなか、ゆっくりと通過して行きました。
高崎線 吹上~行田
Img_00362
この機関車、いつ見ても本当に美しいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月13日 (水)

Puffin Billy 鉄道 ④ 【2005年】

さて最後の列車は始発駅 Belgrave 近くの朝一で撮ったお立ち台まで戻りました。さすがにここは鉄ちゃんが数名いましたが、和気あいあいとした雰囲気で待ってる間も楽しい時間を過ごすことができました。
ドイツから来たというご夫妻は奥様にビデオを回してもらっていて、いいなーと思って、たかベーが「My wife is sleepinng in the car」と不満そうに言うと、奥様から「I understand her mind 」と言われ、3人で笑ってしまいました。

そうこうしてるうちに本日最後の列車がゆっくりとやって来ました。
Dsc_01501
Dsc_01821
さすがに 「a very popular place for photographing the train」 というだけあって、素晴らしいシチュエーションでした。

ところで、あべくまさんからいただいたコメントについてですが、機関車の一覧表はこちらに、ガラットのドラフトはこちらの The sound of G42 で7秒間だけですが聞くことができます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月12日 (火)

Puffin Billy 鉄道 ③ 【2005年】

腹ごしらえも済んだので今度は先ほど発車して行った列車の返しをどこで撮るか、地図を見てるとカーブを見つけたのでとりあえずその方向にクルマを走らせます。道路からは近そうなんですがなかなか見つからず、時間もなくなってきてアセりまくりましたが、この辺かなと思った脇道に入ったところ、なんとかたどり着きました。

この列車は途中駅の Lakeside で折り返してくるので果たしてターンテーブルがあるのかどうかわかりませんでしたが、返しはやっぱりバック運転でやって来ました。
Dsc_01371
Dsc_01531_1 Dsc_01561_1 Dsc_01571_1
後部のヘッドライトもデカい!

次は今とは逆方向の下り?列車なので、途中であたりをつけておいた森の中で待っていたところ、本日2度目のガラットとの対面となりました。
Dsc_01452
Dsc_01651 Dsc_01681

手すりにつかまり窓から足を投げ出すスタイルがパッフィンビリー流の乗り方のようです。でも危なそー。
Dsc_01711_3
もちろんここで列車を待っているのは、たかべー1人(カミさんはクルマの中で高いびき)、日本だったら絶対に鉄ちゃんが集まるロケーションでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月11日 (月)

Puffin Billy 鉄道 ② 【2005年】

幸先のよいスタートをして次の列車はもう少し奥でと思い、地図をみるとしばらく道路は線路と離れるようなのでとりあえずクルマを走らせましたが、森あり湖ありで快適なドライブでした。

Emerald という駅のそばで線路と合流し、駅で次の列車を待っていると、今度はいかにもナローという感じのタンク機がやってきました。
Dsc_01391_1

しばらく停車の後、軽やかに発車して行きました。
Dsc_01451

この写真の右側にちょっとした商店街があり、ここでお昼にしましたが、サンドイッチのでかいこと。1つ食べただけでお腹一杯になりました。

なお、パッフィンビリー鉄道のホームページはこちらになります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

6月の鉄 【野辺山SLランド2005年番外編】

野辺山SLランドのCタンクの記事にコメントをいただきましたので、この機関車の銘板をご覧下さい。

Dsc_0028 Dsc_0029_1

あべくまさんの仰せの通り、ANGLO-FRANCO-BELGE となってます。でも機関車メーカーとしてはあまり聞かない名前ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月10日 (日)

Puffin Billy 鉄道 ① 【2005年】

一昨年の2月、まとまった休暇が取れたのでたまには海外旅行にでもと、カミさんとオーストラリアはメルボルンに出かけることになりました。なんでメルボルンかというと、どうせ行くなら罐を見たいのが鉄ちゃんの人情、そうパッフィンビリー鉄道があるからです。

コアラ・カンガルーツアーもペンギンツアーも行くから、1日だけは鉄ちゃんの日を取ってねとお願いして(^^;)ゞ、ツアー3日目は朝からレンタカーを借りてメルボルン郊外に向けて出発しました。日本と同じ左側通行なので運転に違和感もなく、レンタカー屋で借りた地図を頼りにドライブです。途中道に迷いながらも何とかお立ち台(当鉄道のホームページによると、a very popular place for photographing the train と書いてあります。)に到着しました。

ナローの観光鉄道なので罐はCタンクあたりだろうと思っていたら、いきなり現れたのがガラット、ちょっとビックリです。

Dsc_01281

さすがに本線用に比べると小さいですが、とてもナローとは思えない堂々としたもんです。
Dsc_01311
Dsc_01331

結構な迫力で目の前を通過して行きましたが、1本目からいいものを見ることができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 9日 (土)

6月の鉄 【野辺山SLランド2005年】

うちのガーデニング大好きオバサンがバラクライングリッシュガーデンとかいうところに行きたいというのでバラを見た翌日、帰りに野辺山SLランドに寄ってみました。
ナローのCタンクですが、後部に新しいボイラーを積んだためオリジナルのスタイルとは相当違ってるようで、ちょっとがっかりです。でも立派に蒸気で動きますし、コールバンカーだと思えばいいですよね。

Dsc_00241_1 Dsc_00271

走行中です。
Dsc_00201

こうういうのも展示してありました。
Dsc_00321 Dsc_00331_4

野辺山といえば小海線、小海線といえばC56。ということで現役時代のC56159です。
47年3月21日 信濃川上~佐久広瀬 182レ
5a_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月 8日 (金)

井川線の風景【大井川鐵道2006年】

引き続き井川線ですが、山深くなるにつれすばらしい風景を見せてくれます。

ここなんかそのままレイアウトになりそうです。 沢間~土本
Img_03571

この先土本駅付近は森の中です。  土本~川根小山
Img_03711

アプトいちしろからは急勾配のためこの区間専用の電機が待ちかまえ、列車を押し上げます。  アプトいちしろ
Img_03781

新線区間のハイライト、アプト式軌条で列車を押し上げます。
アプトいちしろ~長島ダム
Img_03901
この写真は向いの道からですが、もう少し上の長島ダムあたりからはこの付近から長島ダム駅まで一望できます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 7日 (木)

井川線の臨客【大井川鐵道2006年】

昨年の7月、磐西に行くはずが豪雨でばん物がウヤになったため、急遽予定を変更して大井川へ。午前中本線で蒸機を撮った後、井川線沿線で何とかフェスティバルが開催されているようなので、久し振りに井川線に行くかということで同行の友人と意見が一致。臨時列車が走っているとのことで川根両国の駅で時間を聞いて奥大井へ向かいました。
臨客はなんとDB8&DB9によるプッシュプル。何年か振りにこの機関車の本線走行を見ることができました。

奥大井湖上~接阻峡温泉
Img_04081
Img_04121 Img_04162

奥大井湖上駅横の鉄橋を行きます。 奥大井湖上~ひらんだ
Img_64081
Img_64031
Img_64071
一度乗ってみたいですけど、怖そー。
でもよく考えてみると、昭和27年製加藤のDBが現役で走ってるって、すごいことですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 6日 (水)

大井川鐵道1981年【想い出アルバム9】

昨日のC56発車の左隅に写っている罐、コッペルのCタンクです。
この日は火が入っていませんでした。
24

午後から井川線にも少し乗りました。 奥泉
30_1

千頭
21

* * * * * * * * * * * * * * * * *

時は移って四半世紀後、昨年の夏です。2枚目写真のDLが川根両国に留置してありました。
Img_0424

この時、加藤製作所のDB(3枚目写真)が井川線の臨時列車を牽いて元気に活躍していました。明日にでもアップしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 5日 (火)

大井川のC56 【想い出アルバム8】

C56の千頭発車、隣には国鉄からの乗り入れ113系(111系?)も見えます。秋にはこのC56が復活するとのこと、楽しみですね。

56年11月  千頭
17b

同日、井川線の千頭から川根両国までの短い区間ですが、こんなのも走ってました。
10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 4日 (月)

6月の釜石D51試運転 ③【2004年】

さて試運転2日目のお天気は晴れとまではいきませんが、とりあえず雨はあがりました。

朝一番は宮守と柏木平間の林を抜けて開けるところで待ってたところ、昨日とは打って変わって爆煙でした。
Dsc_00241 Dsc_00531b

下り列車のもう1ヵ所は昨日の爆煙に味をしめて、平倉~足ヶ瀬へ行きました。が、今日は煙が薄いーー、目の前を通過してから煙がでました・・・。
Dsc_0029 Dsc_0059

お昼は②のとおり釜石まで行って、その後上り列車は洞泉~陸中大橋の大カーブへ。期待通りでよかったでーす。
Dsc_00751 Dsc_00761
Dsc_00771 Dsc_00781

釜石線試運転の最後は柏木平進入です。直前には追っかけ組も加わって試運転とは思えないほどの盛況でした。
例によってDE重連回送が露払いでやって来ました。
Dsc_00711b

で、本命登場。遠いけど無理して休み取って、来てよかったーー。
Dsc_00841
Dsc_00761b Dsc_00771b
Dsc_00791b Dsc_00801b

本運転には行けませんでしたが、満足の2日間でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 3日 (日)

6月の釜石D51試運転 ②【2004年】

試運転2日目のお昼の出来事です。釜石のターンテーブル回しを見に行ったらちょっとしたアクシデントがありました。

Dsc_00331_3 バック運転でテーブルにそろそろと進入します。

Dsc_00341_1 はい、テーブルに乗りました。

Dsc_00381_2 よく見ると、緑ナンバーになってたんですね。「盛」の区名札が光ってます。

Dsc_00411_1 さあ回転開始、ウィーンとモーターの音とともに回りだしました。

Dsc_00441_1 ゆっくりと回転します。この角度が一番好きです。

Dsc_00521_1 半分以上回りました。もう少しです。

Dsc_00551_3 と、ここでアクシデント発生。テーブルが止まってしまいました。もうちょっとなんですけどね・・・。

Dsc_00561_1 どうしたのかなー?じゃあ、仕方ないから人力で回すか。みんなしっかり棒をつかんでね。

Dsc_00571_1 機関士さんも心配そうに見てます。大丈夫かなー。

Dsc_00591_2 せーの、うーんせ。でも動きませんね。

Dsc_00611_1 さーて、どうしますか、うーん。

Dsc_00621_1 こっち側にもみんな集まって下さーい、機関士さんも降りてきました。

Dsc_00641_2 どこがおかしいのかなー。あーでもない、こーでもない。みんな集まってきたことだし、もう1回みんなで押してみようか。

Dsc_00651_1 いっせいのー、せーー。うーんとこしょ。

おっ、今度は少しずつ動きだしました。

Dsc_00671_1 なんとか無事、回転完了しました。
いやー、よかった、よかった。

Dsc_00691_2 転回を終えたD51はゆっくりとターンテーブルから離れます。

Dsc_00701_1 ターンテーブル横でこれから午後の上り列車のため、整備が始まります。
よかったネ。                                                          
    

                                              

                                     

                                                  釜石のターンテーブルは道から近く、フェンスも低いので一部始終を見ることができます。一時はどうなることかと思いましたが、まっ、大したことでもないんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 2日 (土)

6月の釜石D51試運転 ①【2004年】

3年前の6月、何とか休みが取れたので釜石線の銀河ドリーム号の試運転に出かけました。夜行バスで北上駅前に着いたらどんよりとした曇り空、今にも降りだしそうななかレンタカーで出発しましたが案の定雨が。

今日は接近戦しかないな (いつも線路端が多いですが(^^;)ゞ) と思い、宮守先の林の中で待ちました。が、雨の中意外に薄い煙で、えっ。釜石って爆煙のイメージがあったのでちょっと拍子抜け。
宮守~柏木平
Dsc_00081b

予定通り遠野で追い抜く時にちょっと寄り道して1枚。雨が強くなってきました。  遠野駅 
Dsc_00111b

平倉~足ヶ瀬の勾配区間に陣取りましたが、雨は強くなるは、暗くなるはで悲惨な状況に。でもD51は期待通りの爆煙でやって来ました。
Dsc_00191b

雨は弱まる気配なく、午後は洞泉進入から。  洞泉駅
Dsc_00101

次は足ヶ瀬発車を狙いたかったんですが、先客万来でもう場所がなく先へ行きました。

陸中大橋から足ヶ瀬まで前補機を努めたDE10重連回送が先に来ました。 岩手上郷~青笹
Dsc_00281b
続いて足ヶ瀬から単機牽引に戻ったD51が姿を見せました。
Dsc_00321b

最後に柏木平通過を見て初日は終了。Dsc_00351b

ひたすら雨の1日でした、トホホ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 1日 (金)

日本海バックの山陰本線【想い出アルバム 7】

たしか昭和49年春の撮影だと思います。海沿いを行くC57・D51です。このあたりは米子や浜田の罐が行き来しており、基本的には客車列車はC57、貨物列車はD51という本来の姿で運用されていました。

折居手前の海岸沿いを行くC57牽引上り普通列車。この写真ではわかりませんが望遠で撮ったモノクロの画像を見ると梅小路から転属した5号機でした。はえたたきが懐かしいですね。
三保三隅~折居
4c

上の写真は緩い下り勾配で折居駅停車の前なので絶気ですが、反対側(上の写真左上)から下り列車を見るとこんな感じで力行して来ます。
15b_1

もう1枚、この界隈のD51貨物です。こちらはもうひとつ思い出せないんですが、多分折居と周布の間だと思います。
5a_1

最後は国鉄色の(あたりまえか(^^;)ゞ)気動車です。場所は、ウーンわかりません(_ _,)/~~。
13a

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »