« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月31日 (火)

8月の山口C57【2005年①】

一昨年の8月5日から8日まで4日間の山口線C57です。

初日は長門峡から。 長門峡~渡川
Dsc_00073

午後は定番本門前踏切。 津和野~船平山
Dsc_00072

追いかけて篠直へ。 篠目~仁保
Dsc_00192

この煙を見ると飛行機に乗って来た甲斐があったと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月30日 (月)

8月の磐西C57【2004年⑤】

いよいよ最終日、郡山で駐泊したばん物編成は「郡山会津路号」で中山峠を登ってきます。この日は小福山トンネル手前で待つことにしました。

本命の前にカラフルな電車が行きかいます。
磐梯熱海~中山宿
Dsc_01691 Dsc_01761
Dsc_01701_1
今はもう見ることができないんですね。と思っていたら最後のチャンスがあるようです。9/2に郡山~喜多方間でさよなら455系あかべぇ号が1往復運転されるとのこと。でもこの日は陸東試運転に行ってる可能性が高いでしょうねー。

あいにくの曇り空でしたが、その分気温が低かったからでしょうか。きれいな煙でやって来ました。
Dsc_01881
Dsc_01891

最後は猪苗代発車です。 猪苗代~翁島
Dsc_01991

この時は夕方用事があったのでこれにて終了し、帰京しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月29日 (日)

8月の磐西C57【2004年④】

4日目は尾登・荻野間の鉄橋へ。ここは晴れるともろ逆光なので曇りの日に行こうと思っていた所です。
Dsc_01101 Dsc_01231

追いかけて小布施原へ。 山都~喜多方
Dsc_01301_2
真夏なのにいい煙でした。

午後は磐梯会津路号となるので電化区間へ。
東長原~磐梯町
Dsc_01521_1

磐梯町~更科(信)
Dsc_01631
生憎、磐梯山には雲がかかってしまいました。

最後は川桁手前まで行ってみました。 猪苗代~川桁
Dsc_01681_1 Dsc_01672

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月28日 (土)

宗谷本線 D51貨物 【想い出アルバム18】

いやー、暑いですねー。東京の梅雨明け宣言はまだのようですが、今日あたりは完全に夏本番って感じです。
で、少し涼しそうな写真を。宗谷本線のどこかの駅です(本命はC55だったのでD51貨物なんぞはメモも取ってないというお粗末)。

そんなに大きな駅ではないのですが、到着後、牽いてきたナメクジが貨車の入換を始めました。
61_1

入換を終え、爆煙で発車して行きました。もちろん撮ってたのはたかべー1人でしたが、サービスしていただけたんだと思います。
71_1

少しは涼しくなりましたでしょうか(^^;)ゞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月27日 (金)

8月の磐西C57【2004年③】

中日の3日目は上野尻先のお立ち台から。 上野尻~野沢
Dsc_01071_1 Dsc_00871_1

尾登~荻野
Dsc_01121
少し重油を焚いていただいたようです。

川吉踏切。 山都~喜多方
Dsc_00921

午後の下り列車は徳沢先の鉄橋を渡った所で待つことにしました。この時はまだ新しい橋が工事中だったので豊実から山を越えてぐるっと回って来なければならなかったので、午後はここだけです。
まずは気動車から。 徳沢~豊実
Dsc_01171_2
このややこしい塗り分けより朱とクリームの国鉄色の方がよっぽどいいと思いませんか。

C57はほぼ完全燃焼に近い状態でやって来ました。
Dsc_01291Dsc_01301Dsc_00923

3日目もお天気がよくて暑かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月26日 (木)

8月の磐西C57【2004年②】

2日目は鹿瀬の鉄橋先からスタートしました。 鹿瀬~日出谷
Dsc_00521_2 Dsc_00381_3

野沢手前国道オーバークロス。 上野尻~野沢
Dsc_00441_4

野沢停車中に発車を狙えるポイントへ移動。 野沢発車
Dsc_00601

川吉踏切。 山都~喜多方
Dsc_00671_2

下り列車は松野の踏切と日出谷にしました。
喜多方~山都
Dsc_00531_2

日出谷~鹿瀬
Dsc_00691_3 Dsc_00711
Dsc_00721_1 Dsc_00731
Dsc_00891_1

この時のヘッドマークは花火がデザインされたものでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月25日 (水)

8月の磐西C57【2004年①】

3年前の8月、お盆休みの「ばん物」です。初日は群岡カーブから始めました。徳沢~上野尻
Dsc_00091_1 Dsc_000811

追いかけて、荻野手前踏切。 尾登~荻野
Dsc_00121_1 Dsc_00131

上り列車の最後は川吉Sカーブへ。 山都~喜多方
Dsc_00151 Dsc_00161 Dsc_00171
Dsc_00191

下り列車は慶徳トンネル手前からスタート。 喜多方~山都
Dsc_001711

日出谷では西日を受けて光は十分なんですが、完全燃焼でした。真夏ですから仕方ないですね。 日出谷~鹿瀬
Dsc_00331_5 Dsc_00231

最後は三川へ。 三川~五十島
Dsc_00401

写真の整理のために始めたこのブログですが整理が進むに連れて、磐西にしても山口にしてもいつも同じ場所で撮ってるなと思います。もちろん季節を変えての定点撮影もいいんですが、これからは少し新規開拓もしないと・・・。

Dsc_00271_1 初日の宿は野沢駅前の「はまや」さん。財布にやさしいお値段のビジネス旅館ですが、夕食の馬刺しが美味しかったです。
食べかけの写真でスイマセン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月24日 (火)

布原界隈 一般型気動車 【想い出アルバム17】

一般型気動車という言葉、今でも生きてるんでしょうか。急行型気動車に対する言葉だと思いますが、そもそも急行自体がほとんどなくなってしまった現在ではどうなんでしょうね。三重連で有名な伯備線は布原信号場の鉄橋を行くキハ10です。
5294

急行用のキハ58系もいいんですが、カラーは断然一般型に軍配が上がると思います。一般色の朱とクリームの塗り分け、いい色ですよね。たかベーはタラコは許せません(^^;ゞ。腕木式信号機の色ともよくマッチしてます。
302a3
一般型は系列が違えば車高も違いますが、混結しても塗り分け線はきちんと揃うので編成美という点でも優れてると思います。磐西へ行くと思うんですが、新潟色のあのややこしい塗り分けの気動車、次回塗り替える時にはキハ52 1両だけでなく全部国鉄色にすればコスト削減にもなると思うんですけどねー。

布原で気動車だけというのも何なので、蒸機も。残念ながらこの日の2492レは三重連にはなりませんでした。
302a4

カラーネガの保存状態があまりよくないので、モノクロを探してみたらもう少しましなのがありました。
5299
左下に見える黒っぽい小さな細い3本の支柱は、気動車の写真に写っている腕木式信号機へのケーブルの支柱です。信号機の設置場所によってはこのように田んぼの上を横切ってケーブルが張られているケースもありました。
昭和46年7月27日、36年前の夏です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月23日 (月)

7月の山口C57【2006年④】

最終日の3日目は残念ながら生憎の空模様、今日は接近戦でと(いつもそうですが(^^;)ゞ)、18キロの踏切から。

宮野~仁保
Img_61461 Img_61491
Img_02461 Img_02471

続いて長門峡発車を初日と反対側から。 長門峡~渡川
Img_61571
Img_02551

下り最後の徳佐はいつもよりやや横から。 徳佐~船平山
Img_61641
Img_02651

お昼は津和野温泉なごみの里で食事&お昼寝。ゆっくり休んだ後、午後は白井のトンネル手前で。雨足は一段と強くなってきました。
津和野~船平山
Img_02741

最後は田代踏切手前ポイントに間に合いました。 篠目~仁保
Img_61831
Img_61851

この項、おしまいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月22日 (日)

日工大のB6 2109

Img_93081
この写真、とあるイギリスの保存鉄道を訪れた時に撮ったものです・・・・・。

というのはウソです(^^;ゞ。ゴメンナサイ m(_ _)m。でもそんな雰囲気に見えないでしょうか。
そう、タイトルの通り日本工業大学で保存されている2109の展示運転のひとコマです。ここは前から一度見に行きたいと思ってたんですが、なかなか機会がなくて行きそびれてました。金曜日にお仲間と話してたら、明日走る日だよとのことで、やっと出かけてきました。

100m程度の往復ですが、キャブにも乗せていただけますし、何たってB6が罐焚いて走ってるんですからすごいことですよね。ホント行ってよかったです。
展示運転の模様です。間近で見ると結構迫力あります。
Img_93651_1 Img_92961_1
Img_93031Img_93081_1Img_93191_1

機関庫まわりの全景はこんな感じです。
Img_93941_2

3時に展示運転が終わった後、サイドロッド真下の撮影タイム、形式写真風に撮ってみました。
Img_94351 Img_94401
Img_94431 Img_94441
Img_94491 Img_94531

帰りがけにいただいた「埼玉県立歴史と民俗の博物館」のパンフレットに今後の予定が載ってました。B6が動くのは左側のSL見学会の方です。ミニSL乗車会の方も楽しそうですね。
P72200521

で、「今日はお疲れ様でした、解散」になるはずはないですね。午後から蒸し暑かったし、当然どこかでビールです。が、さすがに5時前なのでどこもやってません。宮代町役場に保存してある東武40号機を見学して何とか時間をつぶして、5時10分前でしたが、居酒屋に入れてもらいました。くーー、うまかったです。

そこそこでき上がって、じゃあということで駅へ向かったところ、ここで本日最後のオマケが。我々の乗る急行に8614F「伊豆のなつ」が充当されてました。乗換えの新越谷で速攻で1枚。
Img_94581

これでますます気分よく帰れることに、のはずが新越谷の乗換って一旦外に出るんですよね(アタリマエか)。で、もう1軒・・・、鉄やってる時間より飲んでる時間の方が長くて、結局午前様とは(^~^;)ゞ。
でもとても楽しい1日でした。Sさん、Oさん、お世話になりありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月21日 (土)

7月の山口C57【2006年③】

昨年夏の山口、続きです。2日目のお昼は津和野へ行ってみました。

Img_60811
Img_60891
Img_60961
Img_61061

やっぱり真夏のトップライトは写真撮るには向いてませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月20日 (金)

阪急の先輩・後輩 【想い出アルバム16】

新京阪の名車デイ100、たかべーがP6を撮ったのは、後にも先にもこの1枚だけです。この日は東海道本線の山崎あたりへ出かけましたが、お天気が悪くてシャッタースピードが稼げず、ネガを見てるとEH10やEF60・65・58の流し撮りばっかりでした。そのなかで数少ない阪急を撮ったコマです。 昭和46年7月
52712
この当時はもう特急運用につくことはありませんでしたが、重厚感のある走りっぷりに感心した覚えがあります。

当時の特急は2扉クロスシートの2800系に統一されてました。その後入った大学は宝塚線沿線だったため、梅田から十三まで同時発車で併走する京都線の2800系を見ながら、あっちはいいなーと思ってました。(宝塚線の急行には女子大生はほとんど乗ってないのに、京都線・神戸線の特急にはいっぱい乗ってるし(^^;)ゞ。そもそもなんで京都・神戸線は特急なのに宝塚線だけ急行なんだよー。) その2800系です。
52734
このすっきりとした正面のデザイン。今でも十分通用すると思うんですが。

最後は今年の1月大阪出張の翌日土曜、梅小路へ行く時に阪急を利用したのでその時の1枚、9300系です。デザインは変わっても伝統の阪急マルーンが光ってました。
P12700371
阪急マルーンって本当にいい色ですよね。同じマルーンでも近鉄の赤っぽいマルーンに比べてシックで品のある感じがします。(あっ、近鉄ファンの皆様ゴメンナサイ、あくまでもたかべーの主観です。)
ただ、6300系あたりからでしょうか、屋根まわりのクリームはどうも好きになれません。マルーン1色だけの方がよっぽどいいのにと思うのは、たかべーだけでしょうか。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年7月19日 (木)

7月の山口C57【2006年②】

2日目は田代トンネル手前の直線から始めました。 仁保~篠目
Img_02151 Img_60641

急いで撤収、大原湖経由でなんとか徳佐の発車に間に合いました。
Img_60701
Img_60741

上り列車は本門前踏切でいつもとは逆サイドで構えました。
津和野~船平山
Img_02161 Img_61101
Img_02241 Img_61181

ここで午後の部を始めると、篠目には余裕で着きます。田代踏切手前。篠目~仁保
Img_61311 Img_02371
2日続けてC56は前補機になるといい煙でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月18日 (水)

7月の山口C57【2006年①】

またまた山口線ですが、昨年7月も3連休に重連を見に山口へ遠征しました。

初日は超定番大山路の踏切から。重連なのでいつもより横から狙ってみましたが、次位C56は煙なし・・・。 宮野~仁保
Img_60141

それならばと、続く長門峡発車は正面気味に。C56のスカが目立ちませんでした。 長門峡~渡川
Img_60231 Img_01781

下り列車の最終ポイントといえば、やはり徳佐お立ち台になってしまいます。 徳佐~船平山
Img_60311 Img_01851

午後は白井竹やぶお立ち台へ。上り列車では前に出たC56もいい煙でやって来ました。 津和野~船平山
Img_60401 Img_01951

この日の最後は田代踏切先へ。ここでもC56が頑張ってました。
篠目~仁保
Img_60441_1 Img_02031_1 Img_60481_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月17日 (火)

9336レ 柳生4号 【想い出アルバム15】

蒸機の末期、いわゆるSLブームの頃、天鉄局では結構頻繁に蒸機牽引の臨時列車を走らせていました。この写真はロッドに緑を差してきれいにお化粧した竜華区の452号機が牽く9336レ「柳生4号」です。
昭和46年5月30日 関西本線 木津
22a_1

もちろん普通の蒸機列車も走っていました。「柳生4号」が満員の乗客を乗せて発車して行った後に奈良区の882号機が牽く荷44レが到着。重装備のD51には軽すぎる荷物列車ですが、それでも力強く発車して行きました。
27a
こちらは普段着姿です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月16日 (月)

7月の磐西C57・D51【2005年③】

3日目も朝はしつこく同じ場所にしました。、あいにくの小雨模様、強い雨ではなかったんですが三脚にセットしたカメラのレンズ部にタオルがかかっていなかったようで、撤収する時にフィルターの細かい水滴に気がつきました。風でめくれ上がったのに気付かなかったんですね。

で、それがこの写真、ソフトフォーカスになってしまいました。煙はよかったんですが、反省・・・。
磐梯熱海~中山宿
Dsc_3047

雨がやみそうもないので、非電化区間の「ばん物」へ。こちらは郡山側とは打って変わっていいお天気でした。
徳沢~上野尻
Dsc_4004

尾登~荻野
Dsc_4005

川吉も快晴でした。 山都~喜多方
Dsc_2011_1

午後は再び「あかべぇ」狙いで電化区間へ、東長原先のお立ち台で待つことに。この時この455系が2年後になくなるとは思いもしませんでした。JR西なら多分まだ走ってたでしょうね。
東長原~磐梯町
Dsc_4007

本命です。
Dsc_4010

黒い機関車に「あかべぇ」の赤いヘッドマークがよく似合ってました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月15日 (日)

7月の磐西C57・D51【2005年②】

2日目の朝も昨日と同じ所で郡山発の「あかべぇ号」から始めました。
磐梯熱海~中山宿
Dsc_1028 Dsc_3024

この後は非電化区間でC57の「ばんえつ物語号」を見に行くことにして、荻野までやって来ました。
尾登~荻野
Dsc_1035
ここはいつ来ても煙はありませんね。

次は小布施原の踏切から。 山都~喜多方
Dsc_3033

暑かったのでお昼は喜多方ラーメンはやめて、山都のお蕎麦に。
午後の部、昨日は「あかべぇ」を撮りましたが、2日目は「ばん物」を追いかけることにしました。

最初は慶徳トンネル手前から。 喜多方~山都
Dsc_1041 Dsc_3035

鹿瀬で追いつきました。 鹿瀬~津川
Dsc_1045 Dsc_3038

最後はお約束の三川発車です。 三川~五十島
Dsc_1047_1 Dsc_1051

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月14日 (土)

7月の磐西C57・D51【2005年①】

一昨年の7月、会津DCの開幕に合わせ磐西電化区間に運転されたD51の「SL会津あかべぇ号」です。

D51を待っていたら、まずは583系団臨の回送がやって来ました。
磐梯熱海~中山宿
Dsc_1003

初日の「SL会津あかべぇ号」は午後会津若松発なので、朝郡山からはいつものスジで団臨「SL大人の休日号」として運転されました。
磐梯熱海~中山宿
Dsc_1009 Dsc_3006_1

追いかけて猪苗代発車。
Dsc_1012

磐梯町も間に合いました。
Dsc_1014_1
以上で午前の部終了。

午後は若松でD51・C57の同時発車もあったようですが、D51の「SL会津あかべぇ号」に絞りました。本命の前にやって来たのはあかべぇ塗装の455系です。この電車ももう見られないんですね。
東長原~磐梯町
Dsc_1015_1

赤いあかべぇのヘッドマークをつけたD51が規則正しいドラフトを響かせて登ってきました。12系6両だと25‰も軽々と牽いてる感じです。
Dsc_3010

磐梯町停車の間に布藤へ。 更科(信)~翁島
Dsc_3015

最後は、上戸~沼上(信)
Dsc_3017

これにて7月1日、1日目終了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月13日 (金)

Fの500番台【想い出アルバム14】

EF65の500番台といえば今も昔も直流電機の華、今なお現役の535号機はコーティングを施され美しい姿で活躍しています。
同じFの500番台でもEF60の方は、たかベーが鉄ちゃんになる前にブルトレ運用からはずれてしまったのでほとんどなじみがありません。オデコに1灯のヘッドライトのデザインも好きなんですが、やはり500番台といえばたかべーの場合、EF65になってしまいます。

残念ながら最近の535号機は見たことがありませんが、東海道本線を疾走していた頃の姿です。
EF65535 昭和58年5月18日51

535号機はP型ですが、2番違いでF型の533号機です。
EF65533 昭和57年12月5日
111

同じくF型ひさし付きの526号機です。この日は貨物ではなく臨客を牽いて来ました。当時はゴハチを期待していたので正直ちょっとがっかりでしたが、今見直してみると美しい特急色が牽く客レ、いいですね。
EF65526 昭和57年11月21日
201

もう1両の現役機、500番台トップナンバー。P型はスカートまわりがあっさりしてますが、この辺は好みが別れるところでしょうか。
後に連なる貨車も懐かしい想い出の車両になってしまいました。これぞ貨物列車。
EF65501 昭和57年10月10日
151

写真はいずれも東海道本線、函南~三島です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月12日 (木)

7月の山口C57【2004年④】

下り9521レ、地福で追いついたので発車を。
地福~鍋倉
Dsc_2096

下り列車の最後は、皆さん大集合の徳佐お立ち台。 徳佐~船平山
Dsc_2106

上り9522レは鷲原トンネル手前と篠直にしました。
津和野~船平山
Dsc_1148 Dsc_2122

篠目~仁保
Dsc_1155
煙はC56ではなく次位のC57からだし、その煙もうーん、篠直としてはちょっと消化不良でしたが、3日間重連を楽しめました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月11日 (水)

7月の山口C57【2004年③】

3連休撮影行も最終日、下り9521レ。

定番中の定番、大山路踏切。  宮野~仁保
Dsc_1130
Dsc_2081
2枚目の写真の角度、パシの動輪の大きさがよくわかるので好きです。

追いかけて、長門峡発車。  長門峡~渡川
Dsc_1137
Dsc_2092

考えてみたらC57とC56の重連って、現役時代には見た覚えがありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月10日 (火)

7月の山口C57【2004年②】

定番ばかりですが、引続き真夏の山口線です。

二反田 仁保~篠目
Dsc_1047

お昼の津和野です。
Dsc_1056 Dsc_1078

本門前踏切お立ち台  津和野~船平山
Dsc_1109
Dsc_20701

長門峡発車 長門峡~篠目
Dsc_1115_1

篠目発車
Dsc_1118_1
Dsc_1122

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 9日 (月)

7月の山口C57【2004年①】

3年前の7月、3連休を利用して十数年ぶりに山口線へ出かけました。久々の爆煙に感激し、これ以降毎年山口に通うようになってしまいました。

18.5キロポイント 宮野~仁保
Dsc_2004

長門峡発車  長門峡~渡川
Dsc_1015 Dsc_2011

徳佐お立ち台  徳佐~船平山
Dsc_2017

白井の里 津和野~船平山
Dsc_1026_1
Dsc_2026_1

続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 8日 (日)

通票授受器【想い出アルバム13】

先日、ホビダスの「編集長敬白」に小坂製錬小坂鉄道の腕木式信号機の記事がありましたが、ここでは通票授受器も現役で残っているとのこと。ローカル線には当たり前のようにあった設備でしたが、もうほとんどないんですね。

D51の石灰石列車が頻繁に走っていた頃の美祢線、松ヶ瀬信号場の通票授受器です。 昭和45年12月
駅員さんがタブレットをセット。バックは交換待ちで停車中の貨物列車。
33_1

D51通過、ちょっとスローシャッターにし過ぎですね。タイミングも気持ち早過ぎました。
34_1

「通票閉塞」、いい響きの言葉です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 7日 (土)

北上線D51試運転 ⑦

さて試運転も最終日、今回の我々のツアーも最後の1日となりました。これまでは梅雨の真っ最中にも拘らず比較的天候には恵まれましたが、最終日は予報どおりの雨になりました。でもその分気温も低いので煙期待で出発。

朝一は和賀仙人の先、曲森トンネルを出て大きくカーブする間の直線区間で待ちました。本降りの雨の中、暗くて露出が・・・・、けど期待どおりの煙でやって来ました。
和賀仙人~ゆだ錦秋湖
Img_91601 Img_91371

停車中に追い抜いて、ほっとゆだ駅発車後すぐのトンネルを抜けた先の踏切付近で待ちます。相変わらずの雨ですが、煙・音ともよかったー。
ほっとゆだ~ゆだ高原
Img_91431_1

ここでは地元テレビ局のカメラマンも撮影していましたが、彼曰く、「いい撮影ポイントがよくわからないので、県外ナンバーのクルマの後を付いて行くんですよ。」(笑)、なるほど賢いやり方ですね。スタンバってる我々の姿も撮ってましたから、たかべーもこの日の地元テレビのニュースに出演してしまったかも。(^^;)ゞ

下り列車の最後はいつもの相野々発車後のカーブで。
Img_91651

午後は昨日の俯瞰ポイントを少し下ったところにセットしました。この頃には雨もやんで、少しは明るくなってきました。
Sカーブの入口を望遠で  黒沢~ゆだ高原
Img_91751
手前に引くとこんな感じになります。
Img_91641 Img_91652
Img_91661 Img_91681
このあたり、本当にいいとこです。

いよいよ最後の1枚ですが、トンネル飛び出しをアップで狙うことにしました。
ほっとゆだ~ゆだ錦秋湖
Img_91831 Img_91772

これで5日間にわたる試運転追っかけツアーは終了、荷物を預かってもらってる横川目近くの宿経由東京へとクルマを走らせてたら、和賀仙人駅の横を通りがかった時罐の姿が、「えー、追いついたのー」、まさに発車するところでした。
ならばと、初日朝一で撮った岩沢駅手前の道路橋へ。ぎりぎりのタイミングでしたが間に合いました。クマさんはカメラを手に本当に最後の1枚を狙います。
たかべーはというと、下り18‰で煙もないし最後はゆっくり見送るかと傘をさして見てたら、何と下り勾配なのに煙が・・・・・( ̄□ ̄;)。
呆然と見送るしかありませんでした。
ということで、最後の最後の1枚はクマさんからのいただきもの画像です。  和賀仙人~岩沢
Img_47421_1
うーん、蒸機にエンジンブレーキってありましたっけ??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 6日 (金)

北上線D51試運転 ⑥

28日木曜日、試運転も4日目に入りました。お天気もよさそうだし、せっかく教えていただいたので第2和賀川橋梁俯瞰ポイントまで山登りをすることにしました。ふだんは線路端でばっかり撮ってる我々としては、たまには俯瞰もいいねということでしたが、暑さと最後の急斜面には参りました。でもさすがに登っただけの価値がある雄大な風景が広がっており、感激しました。 が・・・・・。

この日は風の影響か煙が流れてしまい、客車が見えなくなってしまいました。トホホ・・・・ヘ(´o`)ヘ。
ゆだ錦秋湖~ほっとゆだ
Img_91212
Img_90971
でも錦秋湖を渡る北上線らしい雄大な風景のなか、(サービス)煙を堪能できたので頑張って登った甲斐がありました。

山を降りて午前中はもう無理かなと思いましたが、相野々発車には間に合いました。
相野々~矢美津
Img_91213 Img_91111

午後の上り列車は県境近くですが、3日目より少し黒沢寄りの線路と高速の間の斜面で俯瞰することに。
黒沢~ゆだ高原
Img_91214
Img_91211

後はほっとゆだ駅の先、第1和賀川橋梁をサイドから。
ほっとゆだ~ゆだ錦秋湖
Img_91511
Img_91251

さて明日はいよいよ試運転最終日、ということは飲み会も最終日。この日も暑い1日でしたので、またまたビールが美味しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 5日 (木)

北上線D51試運転【番外編】

日・月・火3日間の試運転が無事終了し、翌27日(水)は試運転がお休みなのでロケハン日にして、お昼は横手の焼きそばを食べに行きました。今回の目的のひとつの横手焼きそば、結構いけました。

試運転後半2日間をアップする前に、初日の横手での様子です。
機関車の整備を行う側線脇には石炭と積み込み用のフォークリフトが。
Img_89111 Img_89121

Img_89141_1 給水は消防車を使うようです。D51到着前から待機していました。

客車を留置した後、D51が方向転換と整備のため単機でやって来ました。まずはターンテーブルに乗ります。
Img_89161_1 Img_89171
今回の区名札は「盛」ではなく、「関」になっていました。一ノ関機関区といえば、D62でしたっけ、関西人のたかべーは蒸機現役時代の一ノ関区には行ったことがありません。
Img_89211 Img_89341
ターンテーブル回し、これ見るの好きなんですよね。
Img_89421 Img_89491
整備する場所までバックして、消防車から給水が始まりました。
Img_89581 Img_89631
給炭はフォークリフトでテンダー上面まで持ち上げますが、最後はやっぱり人力です。
Img_89651_1 Img_89751
磐西のように毎週運転している線区は設備も整っていますが、それ以外のところで蒸機を走らせるのは本当に大変ですね。JRの職員の皆様、ご苦労様です。

番外編もう1ヶ所は初日試運転終了後の北上駅です。北上に到着した列車はねぐらの一ノ関までDE10の重連に牽引されます。
交流電車とのツーショットを撮るのもつかの間、お迎えのDE10重連がやって来ました。
Img_89931 Img_90031_2
連結して、一ノ関までは一応機関車3重連です。
Img_90121 Img_90181
蒸機がなくなる頃に見たような光景ですね。でもその頃はDE10もピカピカの新車でしたけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 4日 (水)

北上線D51試運転 ⑤

試運転3日目の26日は朝から霧雨で生憎の天気でしたが、その分気温も下がり、これは煙が期待できるなと思いつつ第5和賀川橋梁先で待ちました。
横川目~岩沢
Img_90481_1
で、期待通りのいい煙で通過して行きました。

例によってほっとゆだ停車中に追い抜き、この日はゆだ高原手前のお立ち台へ向かいました。ガードマンのおじさんも暑い中大変です。
ほっとゆだ~ゆだ高原
Img_90841 Img_90581

午後は県境のサミット近くでスタンバイしていたら、ジョイフルトレイン
「kenji」の回送がやって来ました。
黒沢~ゆだ高原
Img_90631
その後、本命登場。
Img_90951 Img_90731
初日の爆煙に比べるともの足りなさは否めませんが、12系5両しか牽いてないし、上越の訓練運転時の完全燃焼に比べれば煙がちゃんと出てるので満足しないといけませんね。

3日目の最後はゆだ錦秋湖駅先の道路橋から。左写真の右中ほどにチラッと見えるのがゆだ錦秋湖駅のホーム先端です。
ゆだ錦秋湖~和賀仙人
Img_91051 Img_90831
近くにいたガードマンのおじさん曰く「今日が一番の煙だった」、ということで気をよくしてこの日も美味しいビールが飲めました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 3日 (火)

北上線D51試運転 ④

試運転2日目の25日は初日より北上寄りから始めました。横川目を出て第5和賀川橋梁を渡ると20‰の上りが岩沢手前まで続きます。
横川目~岩沢
Img_90351 Img_90031_1

和賀仙人の停車の間に昨日と同じ椿トンネル手前のポイントへ。
ゆだ錦秋湖~ほっとゆだ
Img_90061

下り列車の最後はゆだ高原の先で。このあたりは勾配も緩めでサミットも近いことから煙は薄めですが、これはこれでいいですね。
ゆだ高原~黒沢
Img_90421 Img_90131
ここで待ってる間に同行のクマさんがお知り合とバッタリ、有名な錦秋湖にかかる鉄橋俯瞰をやってきたとのことで、俯瞰ポイントを教わりました。よーし、1日ぐらいは山登りするぞー。

返しの上り列車は昨日より黒沢寄りで待ちました。お天気は文句なしですが、暑さと逆光のトップライトには参りました。
黒沢~ゆだ高原
Img_90501 Img_90531
Img_90211

この日の最後は定番第2和賀川橋梁へ。
ほっとゆだ~ゆだ錦秋湖
Img_90601

これにて試運転2日目の予定終了、暑かったので夜のビールがとても美味しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 2日 (月)

北上線D51試運転 ③

下り列車の最後は相野々を発車して間もないカーブへ。

相野々~矢美津
Img_89651 Img_89661

午後の上り列車は試運転5日間とも黒沢とゆだ高原間の県境へ向けての20‰上り勾配からスタートしました。

黒沢~ゆだ高原
Img_89771 Img_89851
試運転初日が最も爆煙だったかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 1日 (日)

北上線D51試運転 ②

24日(日)下り列車、次は天ヶ瀬橋を渡ってゆだ錦秋湖駅方面へ。

ゆだ錦秋湖~ほっとゆだ
Img_89401

ほっとゆだ駅での30分停車を利用して、先回りします。ここは先着の方がお一人いらっしゃいましたが、横に入れていただけました。ありがとうございました。
ほっとゆだ~ゆだ高原
Img_89551

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »