« 関西本線の旅① | トップページ | 関西本線の旅③&【想い出アルバム21】 »

2007年8月 7日 (火)

関西本線の旅②&【想い出アルバム20】

亀山に到着、電化区間はここまでなのでJR西日本の気動車に乗換えです。3番線には紀勢本線のキハ11が停車中でした。
Img_94821
キハ11といえば、バス窓10系気動車の両運車が思い浮かぶのは年のせいですかね(^^;ゞ。

駅前には三重交通のバスが停まってましたが、このバス、前面以外は全て広告で窓まで塗りつぶされてました。車内が暗そうであまり乗りたくないですね。
Img_94931

奈良寄りの留置線にはキハ40が停まっていたのでホームの端から撮っていたら、これから乗る気動車が回送されて来ました。
Img_95021
Img_94971
確か亀山の機関区は奈良寄りにあったと思いますが、蒸機時代からのターンテーブルだけは残ってました。気動車の基地では片運車の方転が必要な場合のために残してるんでしょうか。

このキハ120はJRの車両としては小型で、しかもこの列車は単行なので3セク鉄道のレールバスのような感じがします。本線という名はついてますが、完全にローカル線の雰囲気です。
Img_95061

亀山を発車し、関・加太と停車すると列車は次第に山の中へ、キハ120は軽快に勾配を登って行きます。中在家信号場の跡地はホームだけが残っていました。その昔、罐を撮るために車掌さんにお願いして、ここで運転停車するキハ35の乗務員扉から降ろしてもらいました。
Img_95191

山を下って柘植では草津線の国鉄色115系が停車中。
Img_95221

佐那具、伊賀上野、島ヶ原と田舎の風景が続きます。ついウトウト。
Img_95231

大河原駅の奈良寄りを車内後部から。右の写真は同じところから撮った荷物列車の発車です。中線が撤去され、上下線の間隔が空いた構内は寂しいですね。
Img_95291 66

大河原を過ぎると木津川橋梁を渡って笠置、終着駅加茂に到着です。
Img_95361 Img_95371

昔の加茂駅の様子をご覧下さい。給水塔に木造の跨線橋、宅地開発が行われるはるか前です。
加茂の側線には廃車となった罐がしばらく留置されていました。この当時はもう使われていませんでしたが、立派な給水塔がありました。
52515

最後は加茂を発車するD51貨物、右側の煙は後補機のものです。
5265

(続きます)

|

« 関西本線の旅① | トップページ | 関西本線の旅③&【想い出アルバム21】 »

01【想い出アルバム】」カテゴリの記事

17関西各線」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

たかべー様、またまた 懐かしい物を見せて戴き、感謝です。
笠置ですか、大阪にいた時に小学校の遠足で 湊町(現、南灘波)から C58の牽く列車で行った思いで深い処です。関西本線もすっかりローカル線になってしまったのですね、些かがっくりと来てます。木津には 中学の時の先生が今も入らして、懐かしさが弾け飛びそうです。

投稿: きぬやまスカンク | 2007年8月 8日 (水) 21時57分

きぬやまスカンク様 関西本線の蒸機牽引の客レに乗られたとは、さすが大先輩。たかベーが鉄ちゃんになった頃は草津線まで行かないとD51が牽く客レはありませんでした。
でも今回キハ120の車内から中在家信号場の跡を見た時はたかべーも懐かしさがこみ上げてきました。

投稿: たかべー | 2007年8月 8日 (水) 22時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391886/7450942

この記事へのトラックバック一覧です: 関西本線の旅②&【想い出アルバム20】:

« 関西本線の旅① | トップページ | 関西本線の旅③&【想い出アルバム21】 »