« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月30日 (日)

秋の磐西C57D51揃い踏み⑤

2日目の午後は東長原あたりから撮影ポイントを見て回りましたが、こちら側も雑草が伸びて厳しい状況です。ただ入倉奥の築堤だけ草がなく、すっきりと編成が撮れそうなのでここにしました。後で聞いた話によると、何人かの方が何時間もかけて草を刈ったそうです。ありがとうございました。おかげさまで数十人の鉄ちゃんがここで編成をきれいに入れることができました。
東長原~磐梯町
Img_95581
晴れればほぼ正面に太陽が来る場所なので、曇りで暗かったですがある意味、お天気にも恵まれました。

磐梯町の停車時間を利用して追い越し布藤へ。最初からいた方はほんの数人でしたが、続々と追っかけ組が到着する中、更科信号場でD51と交換する普通列車がフルノッチで通過して行きました。
更科(信)~翁島
Img_95611_2 Img_95711
下り列車が遅れ気味のようで、D51も回復運転のためか普段より相当速いスピードで駆け抜けて行きました。煙もスピードに比例してよかったです。D51には荷が軽いということはあるでしょうが、現役時代も上り勾配でこれだけかっ飛ばしてたのはあまり記憶にありません。
Img_96452

最後は昨日と同じ築堤を目指しましたが県道に出るまでに時間がかかり、渋滞する県道を避け裏道を抜けたものの、タッチの差で間に合いませんでした。
Img_95741
あと1分あれば走ってトンネルをくぐって築堤の反対側に出られたんですけど。まっ、普通に運転して間に合わなかったんだから仕方ありません。スピードの出し過ぎや無理な追い越しで事故ったら、目も当てられませんしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月29日 (土)

秋の磐西C57D51揃い踏み④

2日目もD51から始めるべく磐梯熱海から中山トンネルまでの間を見て回りましたが、線路端で構えようとすると雑草とすすきが伸びていて見通せる場所が少なく、結局一昨年C57が旧客を牽いた時と同じ中山宿先のトンネルを出たカーブにしました。
今日も赤べぇ塗装の485系が山を下って行きました。
中山宿~沼上(信)
Img_95071
本命登場、D51に客車4両だと後補機のDE10が付いてないので編成もすっきりしてます。
Img_95161 Img_95171
Img_95191 Img_95211

Img_95882 Img_95892 Img_95913

急いで撤収して今度はC57狙いで高速へ、上野尻先のカーブで待ちます。皆さんD51を追いかけてるので少ないかなと思ってましたが、通過直前には結構な人数になりました。力行はしてるもののここはやっぱり煙は薄いですね。
Img_95301_2 Img_96002_2

いつも通り追いかけて小布施原で。
Img_96082 Img_95403

午後ですが、この日は曇っていたので晴れればほとんどの場所で逆光になる電化区間でD51にしようということで移動中、姥堂~塩川の踏切で追い付いたのでとりあえずの1枚。
Img_96162

さて午後は本日2度目のD51です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月28日 (金)

門鉄デフ 【想い出アルバム29】

新潟支社がまたまたサプライズをやってくれました。10月はなんとC57に門鉄デフを装備するとのこと。去年のDD53に続いて今年はこういう趣向ですか。いやー、参りました。鉄ちゃんを引き寄せる術を心得てます。
今年の磐西詣では先週の3連休でお終いにしようと思ってたんですけど、これは、「えー、また行くのー」と奥さんに怒られつつも行かざるを得ませんなー。だって、C55・C57ほど門デフが似合う罐はないですもんね。

83

写真は筑豊本線の折尾(中間かも)に停車中のC55の57番です。スポーク動輪に標準K-7門鉄デフ、かっこいいですねー。小倉工場のお膝元、若松機関区のC55の中でもとりわけ人気の高い罐でしたから会えてとても嬉しかったのを覚えてます。 昭和46年7月30日

平成のこの時代に門デフのC57が走るとは、うーん、やっぱり行かなきゃ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月27日 (木)

秋の磐西C57D51揃い踏み③

初日の午後は午前同様に欲張って、C57とD51を両方見ようと最初は塩川手前で「ばん物」をキャッチ。 堂島~笈川
Img_94821
平坦線だと速い速い、急客機の面目躍如というところでしょうか。

で、今度はD51ということで県道を猪苗代方面へ向かい、余裕で間に合うポイントの布藤で待つことにしました。
普通列車はみんなこの719系に置き換えられ、今回改めて455系がいなくなったことを思い知らされました。でもさすが磐西を走る電車、小さいけれど赤べぇのマークが付いてます。
更科(信)~翁島
Img_95541_2
更科信号場で上写真の普通列車と交換後、汽笛が聞こえD51がやって来ました。ここは既に陽が翳り日陰での撮影、条件的には結構厳しい状況でした。ただ陽が当たると逆光になるし、難しい場所です。だからかどうかわかりませんが、同業者さんは少な目で10人はいませんでした。
Img_94951_2
Img_95621

最後はお約束の猪苗代・川桁間の築堤へ。残念ながら磐梯山には雲がかかっていましたが、夕日ギラリ狙いの鉄ちゃんで賑わってました。
Img_95701
写真を見るとサイドロッドがちょうど下の位置だったので、(*^-゚) v 。形式写真でもあるまいにと言われそうですが、でも正直うれしいです。

横位置でも。
Img_95041

これにて初日は終了、宿で一杯飲りながら同行のバンホフさんと明日の作戦会議&ビデオ鑑賞会(汽車のですよ、汽車の)で盛り上がりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月26日 (水)

秋の磐西C57D51揃い踏み②

3連休初日、いつもの「ばん物」狙いよりは早く、4時起きして東北道を磐西へ向かいました。それでも安子ヶ島・磐梯熱海間のお立ち台の上段はもう満員、何とか下に場所を確保しました。

まずは安子ヶ島でD51会津秋まつり号と交換する赤べぇ485系です。この日は臨時特急ではなく、快速に運用されてました。
安子ヶ島~磐梯熱海
Img_94431

いよいよD51登場ですが姿が見えた時はまったくのスカ、あーあと思っていたら急に煙が出始めました。ギャラリーの多さに重油コックを捻っていただいたんでしょうか、黒煙を拝むことができました。
Img_95351
Img_94511

この後、混雑するであろうD51は追っかけずに非電化区間のC57を見に、高速で西会津ICまで走り、群岡踏切へ。さすがに鉄ちゃんは少な目でしたが、相変わらずの完全燃焼で快調そのものという感じでした。
徳沢~上野尻
Img_95431

午前中の最後は定番川吉Sカーブへ。こちらはD51追っかけ組も参戦して来たようで、そこそこの人出でした。 山都~喜多方
Img_94741

午前中にD51とC57を両方見られるとは、何とも幸せな3日間が始まりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月25日 (火)

秋の磐西C57D51揃い踏み①

3連休の磐西に出かけてきました。ご存知のとおり電化区間は「会津秋まつり号」、非電化区間はいつもの「ばんえつ物語号」と、D51・C57の揃い踏みです。
写真の整理ができてませんのでとりあえずの1枚を。
中山宿~沼上(信)
Img_95911_2
陸東の時もそうでしたけど、やたらとヘッドマークが大きいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月21日 (金)

9月の山口C57【2006年④】

午後は白井の竹やぶからにしました。 津和野~船平山
Img_65912_2
Img_66201
線路際の雑草をきれいに刈っていただいていたようで、足回りもすっきりとした写真が撮れました。

一応追いかけてみたら、何とか篠目発車に間に合いました。
Img_66251 Img_66281
たまには後ろ姿も。でも発車の時より煙がでてました(_ _。)。
Img_66331

さて明日からの3連休は磐西へ行ってきますので、その間は更新をお休みさせていただきます。試運転に行ったお仲間からの情報によると相当な混雑だったようです。相変わらずD51+旧客コンビの鉄ちゃん吸引力は凄まじいようですね。これは陸東に引き続き、同じ磐西でも非電化区間の「ばん物」にまわった方がいいかも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月20日 (木)

9月の山口C57【2006年③】

翌3日は18.5キロから始めました。 宮野~仁保
Img_65542

続いて長門峡へ、昨日とは逆サイドの国道側からです。
長門峡~渡川
Img_65702 Img_65971

午前中の最後は徳佐お立ち台と昨日とほぼ同じパターンになってしまいました。 徳佐~船平山
Img_65802
Img_66101

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月19日 (水)

9月の山口C57【2006年②】

長門峡の後はいつものように追いかけて徳佐お立ち台へ。9月に入ったばかりということで、刈取り前の稲穂を入れることができました。
徳佐~船平山
Img_65062 Img_65141

お昼は津和野でテーブル廻しを見学。「やまぐち号」のヘッドマークは「ばん物」とは違い、さすがに年季が入っています。
Img_65201 Img_65311 Img_65551

お天気もいいので午後はバリ順の本門前踏切にしました。気温は30度を超えてたと思いますがこの煙、山口のC57は期待を裏切りませんね。
津和野~船平山
Img_65621

この日の最後は篠直ですが、お天気の日は陽が差している所と林の陰になっている所がまだらになって、ホント悩みます。
さすがに最後まで爆煙という訳にはいきませんでしたが、これでも磐西C57に比べれば爆煙ですよね。何たって、煙が見えてますから。
篠目~仁保
Img_65751

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月18日 (火)

9月の山口C57【2006年①】

このブログを始めた目的のひとつ、写真の整理に戻ります。昨年9月2・3日のやまぐち号、相変わらず定番ばかりですが(^^;ゞ。

初日は大山路踏切から。
Img_64952
Img_64921

ここから始めると次は必然的に長門峡発車になってしまいます。
Img_65011
Img_65021 Img_65041

お立ち台ではお約束の煙でサービスしていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月17日 (月)

関東鉄道「常総線ディスカバートレイン」&【想い出アルバム28】

15日土曜日は臨時列車「常総線ディスカバートレイン」が走るということで久々に関東鉄道の気動車を見に行ってきました。

関鉄のホームページによると当日は、『新色(朱色)に塗り替えられたキハ101号を初披露いたします!』とありますが、たかべーはタラコははっきり言って好きじゃありません、というか一般型気動車にこの色は許せません。この手の色は大阪環状線や中央線あたりだけで勘弁していただきたい派です。

なのに何で行ったかというと、カミさんがこの日の10時につくばで所用があるということで、今週末の3連休磐西遠征に円滑に出かけられるように、たまには奥さん孝行でもと思ってクルマで送って行ったというのが一つ。(さすがに敵もさる者、「ついでに真岡へ行くんでしょ」、うっ、鋭いけど今日はちょと違うんだよね。)
もう一つはキハ101だけでなく、キハ102との2両編成で運転すると関鉄ホームぺージに載ってたこと。キハ102はスカ色のような常総筑波鉄道時代のツートンカラーで、こちらは大いにそそられます。

三妻と南石下の間で待つことにしました。周りに鉄ちゃんの姿はなし。遠くの踏切におそらく同業者とおぼしき人影がお一人だけでした。
定期列車で練習
Img_94341 Img_94511

遠くに見える踏切が鳴り出し、お目当ての臨時列車が見えてきたました。タラコです。ということは後がキハ102、後追いでしっかり撮ろうと思ったんですが、何と単行でした。えっ、それはないでしょー。
Img_94391 Img_94621
このミニツアー、募集人員先着120名となってましたが、よほど参加者の応募が少なかったんでしょうか。確かにホームページには『上記内容は、予告なしに変更になる場合がありますので、ご了承下さい。』とは書いてありますが、関鉄さんそれはないでしょうー。えっ、列車にも乗らずにクルマで来る奴に、なこと言われる筋合いはない!。そうですね、仰るとおりです、けど(涙)・・・。

あーあと思いつつもカミさんを迎えに行くには早すぎるし、仕方がないので一応下妻まで行ってみることにしました。(ったく、そんなにツートンカラーがよけりゃ、茨交でも小湊でも行きゃーいいだろ、というお叱りの声が聞こえてきそうですね。スイマセンm(_ _)m。)

構内で軌道自転車の体験運転もやってましたが、乗ってたのはこの親子1組だけ、ホームや車内で鉄ちゃんがお弁当を食べたりしてましたが、イベント臨時列車の割にはやや閑散とした雰囲気です。まっ、このあたりが関鉄イベントらしくていいのかもしれませんね。サボだけはよかったです。
Img_94711 Img_94771

せっかく来たので前後から撮ってみました。
Img_94851 Img_95121

ヘッドマークは前後で色違いでした。 左:守谷方 右:下妻方
Img_94861 Img_94971

確かまだ、朱とクリームの国鉄一般色とほぼ同じ関鉄旧塗色の車両もあったはずだと思いますので、次回はタラコ抜きでイベント列車をお願いしたいです。

という訳で今回は見られなかったので、昨年の1枚。下妻へ進入するキハ102です。 18年4月15日
Img_49071_3

最後にキハ35系がバリバリで活躍していた頃を。関西本線は加太でD51牽引の荷物列車と交換する名古屋行き普通列車です。 昭和46年4月
52234

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月16日 (日)

陸東D51から磐西C57へ転戦②

翌日曜は好天に恵まれたのはいいですが、久々に暑い一日でした。徳沢~上野尻の郡岡カーブでと思いましたが、いつも同じところというのも何なのでもう少し奥、端村集落の先、銚子の口あたりにしました。
Img_93981_2 Img_94021_2

次は寄り道せずに、川吉Sカーブお立ち台へ。どこも鉄ちゃんは少なかったですが、ここも我々2人の他はお1人だけで、陸東D51旧客の蒸機鉄ちゃん吸引力に脱帽です。まあ、あちらはいつも走る訳ではないので当然ですが。
今月のヘッドマークは季節感たっぷり、可愛らしくていいセンスだと思います。
Img_94071 Img_94051

お昼は喜多方ラーメンにしようということで、夏休みも終わったし空いてるかと思いきや、市役所の駐車場は満車だし、ちらっと見えた坂内食堂前の行列は20mは超えてそうだし、これだけは読みがはずれました。

市の中心部から離れたラーメン屋さんで無事昼食を済ませ、時間があるので日中線記念館まで行ってみました。ラッセル車も客車もきれいに塗装されメンテが行き届いています。旧熱塩駅舎内には貴重な資料も展示されており結構見ごたえがありました。
Img_94221 Img_94321

午後は最近よく行く喜多方を出てすぐの濁川橋梁の築堤へ。陸東から帰りがけに寄った方もいるようで、鉄ちゃんもそこそこいました。
Img_94181
こればっかりはタイミングの問題ですが、サイドロッド真下の瞬間を撮りたいです。
Img_94421

今回のツアーの最後は上野尻の先、郡岡踏切手前の切り通しへ行ってみました。が、上野尻手前あたりでポツポツときた雨が、現地についた時は土砂降りの夕立に。仕方がないので傘をさして手持ちで撮りましたがさすがに厳しかったです。
Img_94221
で、帰り道、雨が振りだした所まで戻ると、雨が止んでというか路面も濡れてません。どうもピンポイントで夕立が降ってる所までわざわざ行ったようで、最後の最後にトホホでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月15日 (土)

陸東D51から磐西C57へ転戦①

陸東本運転の後、午後は東北本線の白石~越河で貨物列車狙いです。昨日の台風によるダイヤ乱れの影響であわよくばED75が見られるかも、ということで東北道を白石ICで降り、馬牛沼横のお立ち台へ向かいました。
が、ここでクマさんからこの一言、『これから行っても今日の下り「ばん物」に間に合うし、やっぱり磐西の方がいいなー。』 うーんそう言われれば、たかベーも金太郎よりはC57の方に心が動きます。現役蒸機を最後の数年しか知らない世代の性でしょうか、蒸機が走ってるのならやはりそっちへとなりました。EH500の貨物を1本だけ見送って再び高速へ。福島西ICで降りて、土湯峠を越えたところで時間としては厳しい状況。それならばと猪苗代ICから西会津ICまで一気に走って日出谷へ先回りすることにしました。

余裕で到着した日出谷お立ち台は読み通りで、先客はたったのお一人でした。これならアングル選び放題という訳であちこちに立ってみましたが、過去あまり撮ったことのないカーブを見渡せる鹿瀬寄りに陣取りました。さすがにこの日は見渡せる範囲に鉄ちゃんはゼロ。農作業をされてた地元の方も17時前には引き揚げ、聞こえるのはヒグラシの鳴き声だけ。我々だけのまったりとした空間で汽車を待つ、何とも言えない至福の時間が流れます。朝は時折罵声も聞こえる人出の中にいたので余計にそう感じたのかもしれません。やがて日出谷発車の汽笛が谷を渡り、しばらくして鉄橋を通過する音とともに力強いブラストを響かせC57がやって来ました。
Img_93851
罐が目の前を通り過ぎた後はもう絶気でしょうか、客車の通過する音だけが響きます。ややあって平瀬トンネル進入の汽笛が聞こえた時「よかったー」としみじみ思いました。
ここは昔からの磐西の名撮影地とか、谷あいに響く音も素晴らしかったし、○十年前にタイムスリップしたかのような夕方のひと時でした。
朝はD51、夕にC57と何とも贅沢な一日を過ごしたこの日のビールが美味しかったことは言うまでもありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月14日 (金)

SL陸羽東線全線開通90周年号⑦

7日金曜の夜、台風の影響が心配でしたが東北新幹線は5分遅れただけで無事古川に到着、秋田で一仕事終えたクマさんがクルマで迎えに来てくれてました。お迎えありがとうございました。大堀駅そばの宿で一杯やって、明日の本運転に備えます。

土曜の上り列車は試運転4日目に行った東長沢~瀬見温泉のポイントが気に入ったので、前回より200mほど東長沢寄りのそば畑から始めました。
Img_93511
台風一過の秋空の下、満員の乗客を乗せて駆け抜けて行きました。ヘッドマークがでかい!

お次は試運転の時も行った立小路手前のポイント。前回よりサイドから撮ってみました。試運転の時はもう少し煙があったんですが・・・。Img_93661
Img_93611
この後、鉄橋を渡り終えてから煙がでてました。(;_ _;)
一応、追いかけてみましたが、さすがに土曜日の本運転とあってやはり国道は渋滞、堺田の手前では追い付けませんでした。

鳴子温泉停車中に追い抜いて鳴子御殿湯先の鉄橋へ行ってみました。さすがにすごい人出、堤防・河原を埋め尽くすと言うとオーバーですが、この写真も脚立に乗って何とか撮りました。画面のすぐ下は人の波です。
Img_93881
結果としてはこの写真が最後、一応追いかけてみましたが国道は断続的に渋滞してて追い付くのは無理でした。

予想はしていたもののあまりの人出に恐れをなして、かねて相談していたとおり陸東は今日で打ち上げて、磐西に転戦することにしました。まっ、試運転初日から来たので下り列車も2回見たし、鉄ちゃんが陸東に大集合ということは磐西は空いてるはずとの読みです。ということで古川インターから東北道に乗ったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月13日 (木)

陸羽東線のC58【想い出アルバム27】

SL陸羽東線全線開通90周年号の本運転をアップする前にC58現役時代の陸羽東線をご覧下さい。

まずは臨貨を牽いて岩出山で停車中のC58114です。
5532
この列車は岩出山で765レと交換します。
5536

こちらは坂を下って来る764レです。この列車、重連+後補機のC58 3両でやって来ました。 中山平~鳴子
5542

最後は川渡の駐泊所で憩うC58114です。給水塔に給炭台、ローカル線のレイアウトで再現したい風景です。
55430_2
55436_2
余談ですが、今の陸東の駅名はこの川渡をはじめとして、温泉があるところには元の駅名に「温泉」の2文字を付けて改称したところが多くあります。○○温泉もわかりやすくていいんですがもう少し、例えば  東鳴子⇒鳴子御殿湯 のような工夫があってもいいと思うんですが。

昭和47年3月25日、C58を堪能した1日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月12日 (水)

SL陸羽東線全線開通90周年号⑥

試運転も4日目となり2度目の上り列車です。初日のロケハンで目をつけた東長沢と瀬見温泉の間にある県道跨線橋から始めることにしました。

ここも有名ポイントらしく多くの鉄ちゃんが待ち構える中、そこそこの煙で通過して行きました。
Img_92911 Img_93251
揺れる稲穂に里山、これぞ日本の原風景といえる景色をバックに快走する蒸機とブドウ色の客車、来てよかったーと思う瞬間です。

急いで撤収した後は瀬見温泉と最上の停車時間合わせて16分を利用して、これも初日のロケハンで見つけた立小路手前の鉄橋へ向かいます。我々の他には2人しかいらっしゃいませんでしたが、ここでも少し重油を炊いてたようで煙を拝むことができました。
最上~立小路
Img_93001
Img_93341

この後、サミットまでは赤倉温泉で7分停車があるだけですが、とりあえず追いかけてみたところ、これが平日試運転のいいところで渋滞もなく堺田手前の踏切で狙うことができました。(といってもカメラ1台手持ちがやっとのタイミングですが)
来た!おっ!爆煙!やった!で、指が勝手に反応してシャッターを押してたのが左の写真。でも爆煙もここまででこれ以降はすーっと煙が薄くなってしまいました。(右写真)
赤倉温泉~堺田
Img_93121 Img_93151
2日目にこの先の跨線橋で煙がなかったのが頷けます。

この先は鳴子温泉で30分停車があるので先回りして、煙は期待できないもののバックがいいので川渡温泉と池月の間で。予想どおり絶気で走り抜けて行きました。
Img_93241 Img_93441

後は発車狙いを2ヶ所、まずは岩出山の発車です。この踏切では近くで何か集会でもあったんでしょうか、鉄ちゃんより地元のおばちゃん達の方が多いぐらいでした。
Img_93321_3

最後は終着小牛田の一つ手前、気動車と交換する北浦の発車です。まあオマケといえばオマケですが、完全燃焼でした。
Img_93421

試運転はもう1日ありますが、たかべーの前半戦試運転シリーズはこれにて終了、木・金はお仕事が待ってます。とは言うもののまだお昼過ぎだし、慌しく帰る必要もないので貨物列車を見に行くことに。
今や金太郎の天下となってしまった感のある東北本線ですが、更新色ながら1本だけED75がやって来ました。今、原色が何両稼動しているのか知りませんが、もうなかなか見ることはできないんでしょうね。
鹿島台~品井沼
Img_93451

さて陸東とはしばしのお別れということで、夕方の新幹線で帰京しましたが、今回初めて「大人の休日倶楽部会員パス 12,000円3日間乗り放題」というのを使ってみました。金曜夜は幹線を使わざるを得ませんが、水曜の帰京時は1枚残っていた18きっぷを使うつもりでした。で、両方を天秤にかけてみたところ、会員パスがお得ということで慌ててカードを申し込んだという次第。50を過ぎるとたまにはいいこともありますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月11日 (火)

SL陸羽東線全線開通90周年号⑤

試運転3日目の下り列車はこけし館レストランに金五百円也を払って、陸東の定番中の定番俯瞰をやってみることにしました。
お天気なのはいいんですが、半逆光気味なのと画面の中で陽が当たっているところと山影で陽が射さないところがまだらになって、露出が超難しそう。こういう時は素人カメラマンがあれこれ考えても無駄と割り切って、オートに設定。

この日も暑い中2時間以上待って、やっとやって来ました。が、帰宅後PCで画像を見るとやはりイマイチ。補正も挑戦してみましたが、元々複雑な光線状態なのでたかべーの手には負えず、今回はモノクロ画像でご覧下さい。
鳴子温泉~中山平温泉
Img_92532
Img_92962
またまた宿題を作ってしまいましたが、次にこの宿題をやる機会があるでしょうか。

後は下って行くだけですが、とりあえず追いかけます。赤倉温泉停車中に追い付いたので発車なら少しは煙があるかなと狙ってみましたが、この暑さではやはり・・・・。ま、間近で音を楽しめたという意味ではよかったですが。
赤倉温泉~立小路
Img_92681 Img_92731

この後は最上・瀬見温泉と停車はあるものの、いずれも1分停車なのでもう無理と思っていたところ、瀬見温泉を過ぎたところでカメラを構えている鉄ちゃんを発見。ではと、クルマを停めてカメラを出して構えたとたんにやって来ました。速かったです。
瀬見温泉~東長沢
Img_92781

最後に新庄へテーブル廻しを見に行きましたが、場所がわからず右往左往してぎりぎり間に合いました。
Img_93031

片道運転だと午後はやることがないし暑いので、やたらと秋田・山形方面に詳しい同行のクマさんの案内で、山形まで冷しラーメンを食べに行くことにしました。
これがその冷しラーメン、小さな氷が浮いてました。
Img_0052
初めて食べましたが、これが美味しいといえば美味しい、くせがあるといえばくせがあるし、うーん何ともビミョーーな味です。多分あと2・3回食べると癖になって週に1回は食べたくなる、そんな味でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月10日 (月)

SL陸羽東線全線開通90周年号④

試運転2日目の上り列車は堺田手前の国道跨線橋で待ちました。ここは歩道があるので安全に撮影できるからでしょうか、我々は通過2時間前に行きましたが、もっと前から待ってる方もいて大賑わいのポイントでした。
ここ1年ちょっとの間にあちこちの撮影地で度々お会いする方がいるんですが、ここでもお会いしたのでお互い挨拶を交わしながらも苦笑いです。考えてみると、山口・只見・磐西・北上・陸東とよく会います。同じ線でも撮影地は数多くあるのにこれだけ一緒になるというのは、好みが似てるんでしょうね(^^;ゞ。

赤倉温泉~堺田
Img_05441
Img_92601
Img_92651
きれいな白煙で、と言いたいところですが、ご覧いただけばおわかりのように安全弁からの蒸気です。赤倉温泉停車中に思いっきり蒸気を作ってきたんでしょうか、おまけにここはサミット直前ですし・・・。いずれにしてもD51に客車4両なら余裕綽々というところですか。

この後、上り列車も鳴子温泉で30分ほど停車時間があるので余裕で追い抜いて、次は鳴子御殿湯を発車してすぐの鉄橋へ。
鳴子御殿湯~川渡温泉
Img_92751
Img_05531
もちろんD51がメインですが改めて見てみると、丸屋根に狭窓が並ぶスハフ32もいいですねー。ここではキャブに添乗している職員の方が鉄橋を渡っている間ずっと川原や堤防のギャラリーに白いタオルを振って応えてました。

今回の区名札は小牛田機関区です。 小牛田の転車台上にて
Img_05951

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 9日 (日)

SL陸羽東線全線開通90周年号③

先ほど、東北方面から帰ってきました。とりあえず、昨日土曜の陸東本運転ヘッドマーク付きを1枚。 東長沢~瀬見温泉
Img_93581
結構大っきなヘッドマークですね。それにしてもすごい人出でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 8日 (土)

9月の磐西C57【2005年⑥】

この時のばん物最終ショットは定番松野の踏切にしました。3連休も最終日の午後になると鉄ちゃんの数も減ってきたようで、ここもいつもより空いてたくらいでしたが、最後にはちゃんとオマケが用意されてました。

C57の前にやって来たのは初めて見るキハ48系改造のジョイフルトレイン「びゅうコースター風っこ」の回送、この列車が走るのを知らなかったのですごく得した気分になりました ヽ(^◇^*)/ 。
喜多方~山都
Dsc_00161c

夕日を浴びて、というお天気ではなかったですが、C57はいつも通り軽やかな足取りで新潟へ帰って行きました。
Dsc_00191c

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 7日 (金)

9月の磐西C57【2005年⑤】

今夜からまた陸東へ出かけていますので、一昨年の9月3連休磐西C57の続きです。

レトロ旧客は24日のみ、翌25日はいつものばん物編成で「郡山会津路号」となって新潟へ帰ります。

安子ヶ島~磐梯熱海
Dsc_00361b

追いかけて、川桁~猪苗代
Dsc_00541

曇り空のなか、白煙をなびかせて高原を行きます。
猪苗代~翁島
Dsc_00551

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 6日 (木)

SL陸羽東線全線開通90周年号②

せっかくの旧客なので、初日の2発目は横から編成全体を。
池月~川渡温泉
Img_05181

鳴子温泉で30分近く停車するので、とりあえずこけし館に行ってみましたが、やっぱり超満員。ここはパスして中山平温泉~堺田でなんとか撮れました。
Img_05341_2

さて、明日の晩から再度陸東へ行ってきます。台風の影響が心配ですが、夜にはなんとか東北新幹線も動いてるだろうなという読みなんですが・・・(^^;ゞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 5日 (水)

SL陸羽東線全線開通90周年号①

行ってきました、陸羽東線。先ほど帰宅しましたので、とりあえず試運転初日の最初の1枚です。  有備館~上野目
Img_92471
帰ってきてから気付きましたが、この写真とアングルが似てます。何年たっても好みは変わらないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 4日 (火)

9月の磐西C57【2005年④】

午後のレトロ赤べぇはせっかくの旧客なので編成が見渡せるポイントということで、東長原・磐梯町間、入倉の奥の築堤にしました。

これは臨時の快速「白虎」。ちょうど会津デスティネーションキャンペーンの最中なのでレトロ赤べぇだけでなく、鉄ちゃん大喜びのいろんな列車で楽しませてくれます。
Dsc_00351

ドラフト音が近づいてきて、やっとカーブの先の方に姿を現したので、まず望遠で編成を。
Dsc_00391

カーブを回って来たところを正面からと、自分としては一応ねらい通りの写真が撮れました。
Dsc_00291b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 3日 (月)

9月の磐西C57【2005年③】

さていよいよ24日は「レトロ会津赤べぇ号」が走ります。どこで撮ろうかと考えた末、中山宿駅下り方トンネル先のカーブで待つことにしました。たかべーは線路端組ですが、この後ろの斜面の上段にも2~30人は鉄ちゃんが並んでました。

赤べぇ塗装の普通列車や485系リニューアル車の臨時特急「あいづ」が相次いで通過し、だんだんと気分も盛り上がってきます。
Dsc_00151 Dsc_00221

C57はきれいな白煙をなびかせ、規則正しいドラフトを響かせながら、滝のようなシャッター音のなかを通過して行きました。
Dsc_00191
これで後補機のDE10とヘッドマークがなければなー、なんて言っちゃいけませんね。素晴らしい列車を走らせてくれたJRに感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 2日 (日)

9月の磐西C57【2005年②】

23日の午後は「磐梯会津路号」となって電化区間を郡山へ向かいます。一の沢のSカーブに行ってみましたがもう満員御礼、そもそももうクルマが通れない状態でした。仕方がないので一の沢の踏み切りから。
磐梯町~更科(信) : 左写真

どこも人が多そうだったので、行ったことのない猪苗代湖畔駅のホームから狙うことにしました。さすがにここはたかべー1人、C57は結構な高速で通過して行きました。
関都~猪苗代湖畔 : 右写真

Dsc_00091 Dsc_00141

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 1日 (土)

9月の磐西C57【2005年①】

今日から陸羽東線「SL陸羽東線全線開通90周年号」の試運転に行ってきます y(^ー^)y ので、その間は一昨年9月3連休の磐西C57を順次アップしておきます。この年の23・24・25日の9月3連休は中日の24日にC57が旧客を牽く「レトロ会津あかべぇ号」が設定されるとあって大にぎわいでした。

初日23日のばん物は川吉へ行ったところ、結構な人出だったのでもっと奥の慶徳トンネル(山都側)手前まで行ってみました。既にすすきが目立つ秋の景色の中、快調に完全燃焼で登って来ました。
山都~喜多方
Dsc_00021 Dsc_00041b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »