« 御礼 【10,000アクセス】 | トップページ | 室蘭本線①【静狩お立ち台】 »

2007年11月 5日 (月)

35年前の山線 【想い出アルバム30】

先週、紅葉と煙を堪能した函館本線ですが、昭和47年の春休みに初めて北海道へ行った時以来で、考えてみたら35年振りでした。残念ながらC62重連の急行ニセコにはタッチの差で間に合いませんでしたが、函館から小樽まで築港区のD51943が牽く普通135レの旅を楽しみました。
写真は全て昭和47年3月5日です。

長万部から黒松内までは回送のC11が後補機に付きます。黒松内停車中にここで解放されるC11188を撮っていたらD51の汽笛が鳴り、あわてて客車に飛び乗りました。
黒松内
5471

ニセコでは特急退避もあり長時間停車していました。
乗務員さんは停車中も点検に余念がありません。
5476
切り詰めデフに密閉キャブ、ついに北海道に来たぞーと思った瞬間です。
54711
キハ22でしょうか、窓が小さな気動車も初めて見ました。
5477
特急「北海」通過、山線もメインラインでした。
54721
以上4枚、ニセコ駅

この趣味の世界「あと○年早く生まれていたら」と思いますが、雪と蒸機と旧客、この情景を見られただけでも我々の世代は幸せなんでしょうね。

|

« 御礼 【10,000アクセス】 | トップページ | 室蘭本線①【静狩お立ち台】 »

鉄道」カテゴリの記事

01【想い出アルバム】」カテゴリの記事

10北海道各線」カテゴリの記事

コメント

薄汚れた機関車、狭い窓の並んだ客車、単行のキハ22、通過する特急列車・・・。
とっても懐かしい風景です。
あんな風景を見てこれただけでも、幸せなんでしょうかねぇ?

ちなみに、私は長万部の機関区を訪問するチャンスが無くて、C11の写真は有りません。残念。

投稿: あべくま | 2007年11月 7日 (水) 23時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 35年前の山線 【想い出アルバム30】:

« 御礼 【10,000アクセス】 | トップページ | 室蘭本線①【静狩お立ち台】 »