« 晩秋の山口C57⑤ | トップページ | DD53代走ばんえつ物語号【2006年】② »

2007年11月24日 (土)

DD53代走ばんえつ物語号【2006年】①

昨年の秋はC57が全検なので違う機関車によるばんえつ物語号が運転されましたが、11月の3連休には除雪用のDD53を引っ張り出すというサプライズがありました。C57全検時の機関車についてはいろんな憶測が飛び交ってましたが、新潟支社の正式発表を見た時はさすがにびっくりしました。どうせDD51ばっかりなんだろうなと思ってたので「うーん、DD51じゃなー・・・」と、この年の磐西は9月に行ったのが最後になるはずが、またまた晩秋にも行くことになりました。なんたって箱型DLが旅客列車を牽くのを最後に見たのは何十年前になるのか思い出せないくらいですからねー。
たかベーにとっては同じ11月の下旬に運転されたD51代走ばん物よりもはるかにプライオリティーは上です。今年の門デフといい新潟支社の部内には鉄ちゃんがいるとしか思えませんが、いずれにしても新潟支社様々です。ありがとうございます。

で、当日朝いつものように出かけましたが、49号線のクルマがいつもより多く結構時間がかかってしまいました。仕方がないので予定していた場所より手前、上野尻先のカーブへ行ったところものすごい人出、ひょっとしたら100人は超えてたかも、とにかくここにこれだけの鉄ちゃんが集まったのを見たのは初めてでした。ホントは踏切の右側、アウト側から狙いたかったんですがとても入る場所はありませんでした。
上野尻~野沢
Img_74521
アップでも1枚。この機関車、間近で見ると結構大っきいですね。
Img_73551

いつもならさあ追っかけ開始というところですが、鉄ちゃん車で国道は大渋滞、野沢手前の信号左折ポイントまでたどりつくのに20分ほどかかり、さすがに追っかけはあきらめ午後のポイントに直行して場所を確保することにしました。仲間うちでは「えー、DD53行くのー」とか言われてたのでまさかこんなに混んでるとは思いもよりませんでした。やっぱり希少性なんでしょうか。確かに考えてみたらたかべーもDD53は昔、塩狩峠で後補機に付いてたのを見て以来です。

Img_73611_2 復路は山都のSカーブ、C57の時は何回来ても煙なしのポイントですが、今回は絶対に撮りたいと思ってた所です。さすがにいい場所を確保できましたが、後は何時間も待つだけ。列車が来る頃には多分日陰になるだろうなと思ってたら案の定でした。でもヘッドライトを輝かせてSカーブを通過する姿はよかったです。            
山都~荻野                               

Img_74581

追いかけて野沢先国道オーバークロスで。もう相当暗くなっていたので、明日もあることだしこの日はここまでとしました。
Img_73721_2 Img_74671

|

« 晩秋の山口C57⑤ | トップページ | DD53代走ばんえつ物語号【2006年】② »

02磐越西線」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391886/9085005

この記事へのトラックバック一覧です: DD53代走ばんえつ物語号【2006年】①:

« 晩秋の山口C57⑤ | トップページ | DD53代走ばんえつ物語号【2006年】② »