« ドイツ蒸機追っかけツアー15【フィヒテルベルク鉄道2】 | トップページ | ドイツ蒸機追っかけツアー17【フィヒテルベルク鉄道4】 »

2008年1月19日 (土)

ドイツ蒸機追っかけツアー16【フィヒテルベルク鉄道3】

次の1003レは始発駅クランツァールの次の駅、ウンターノイドルフまで戻って発車を狙うことにしました。少し早く着いたのでこの辺りでロケハンした時、たかべーも一度運転させてもらうことに。左ハンドルの右側通行、おまけにマニュアルミッション、さすがに運転歴○十年なのでクラッチをつなぐ感覚は大丈夫ですが、右側通行というのは何というか左打席で打つような違和感があります。早々に運転はやめて慣れてるバンホフさんにお任せすることにしました。
Img_70821 Img_72591
▲ 線路は道路より高い位置にあり、斜面の中腹を走っているので線路脇から正面ドカンです。ここは完全燃焼で発車して行きました。

Img_70941_3ウンターノイドルフの発車から始めた1003レも 当然追いかけます。次は先ほど撮ったクレッチャムローテンゼーマを発車した直後の大カーブから少し奥に入った森の入口辺りのSカーブで待ちました。ここの列車は速度が3~40km/h程度で遅く、各駅に停車するうえ、田舎道で道路も空いてるので場所を選べば追っかけで3回ぐらいは撮ることができます。我々が行った時はノイドルフの街中で道路工事をやっていて、住宅地の中の細い道を迂回させられましたが、ここにも何とか間に合いました。

▲ 1001レより煙は薄めでしたが、歯切れのいいブラストを響かせてSカーブを通過して行きました。

追いかけて次に向かったのはハマーウンターヴィーゼンタールの先、チェコとの国境沿いの区間です。一昨日19日アップ分の最初の地図の右端の縦に走っている緑の一点鎖線がチェコとの国境で実際は小川が国境になっているそうです。
Img_71031
▲ ここは道路の方が高い位置にあり若干見下ろす形でキャッチすることができます。緩いカーブを回って6両の客車を従え、力行して来ました。
Img_72751
▲ 線路の奥の浅い谷に流れる小川が国境。ということで右奥の林はチェコ領内になります。
Img_72771
▲ 列車はオーバーヴィーゼンタールを目指し、ゆっくりと登って行きました。

もう道路の様子もよくわかってきたので、次の1005レは始発駅クランツァールから追いかけるべく、またまた来た道を引き返しました。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

|

« ドイツ蒸機追っかけツアー15【フィヒテルベルク鉄道2】 | トップページ | ドイツ蒸機追っかけツアー17【フィヒテルベルク鉄道4】 »

09海外」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391886/9962578

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ蒸機追っかけツアー16【フィヒテルベルク鉄道3】:

« ドイツ蒸機追っかけツアー15【フィヒテルベルク鉄道2】 | トップページ | ドイツ蒸機追っかけツアー17【フィヒテルベルク鉄道4】 »