« 新年初煙詣①【真岡鐵道C12】 | トップページ | ドイツ蒸機追っかけツアー6【Schiefe Ebene越えの01 午前の部】 »

2008年1月 8日 (火)

新年初煙詣②【真岡鐵道C12】

市塙で後続の気動車に乗り込んだところ、犬山さんにばったり。
ったく、お互い正月早々好きですねー、とか言いながら終点の茂木へ。あべくまさんも犬山さんとは磐西でお知り合いとか、世の中狭いというか、おじさん鉄ちゃんの輪というか、どこで誰と繋がってるかわかりませんね f(^_^; 。

犬山さんは返しを天矢場お立ち台で狙うということで出発された後、我々は駅舎の屋上から見下ろしてみました。
Img_13281
▲ 何組もの家族連れが見学スペースへ入れ替わり立ち代わり来るので、人が切れるのを辛抱強く待って、次のグループが来る一瞬の間に何とかゲット。ここには初めて上りましたけどいい角度です。これで手前側から日が当たってくれれば言うことなしです。

今度は下へ降りてホームから狙ってみました。
Img_13641 Img_13741
▲ (左)お母さんが「もう行くよー」と言って先に歩き出しても一向に動じる気配なし、ひたすら機関車を見つめてました。見どころあり、鉄ちゃんの素質十分です (^^) 。
(右)青空にコンプの排気がきれいに上がったので思わず1枚。

あべくまさんとぽちさんは返しを撮ってると遅くなりすぎるので次の列車で帰途につくことに。お2人をお見送りした後、上り列車を撮ろうと道の駅横までやって来ましたが、通過時刻までまだ40分ほどあったので道の駅を覗くと魅力的な売店が出てます。もちろんビールと串焼きで休憩。徒歩鉄だと追っかけはできませんけど真昼間からビールも飲めるし、これがまたウマいんですねー。

まったりとし過ぎて撮影ポイントに戻ってきたのは発車5分前、まっ三脚をセットする訳でもないし、カメラも1台だし気楽なもんです。
茂木~天矢場
Img_13791
▲ まずは望遠側から。こういうのを程よい煙って言うんでしょうか。
Img_13871
▲ 広角側は機関車をアップで。小さなC12ですが、この角度からだと少しは蒸機の迫力が感じられます。

帰りはいつものコース、下館駅前でつまみとお酒を調達して小山からは湘南新宿ライン。犬山さんとご一緒させていただいたので、話してるとすぐに時間が経って新宿まで戻ってきました。
ご一緒させていただいた皆さん、お疲れさまでした。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

|

« 新年初煙詣①【真岡鐵道C12】 | トップページ | ドイツ蒸機追っかけツアー6【Schiefe Ebene越えの01 午前の部】 »

07真岡鐵道」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391886/9751796

この記事へのトラックバック一覧です: 新年初煙詣②【真岡鐵道C12】:

« 新年初煙詣①【真岡鐵道C12】 | トップページ | ドイツ蒸機追っかけツアー6【Schiefe Ebene越えの01 午前の部】 »