« 新緑の門デフC57(7) | トップページ | 真岡も新緑 お留守番のC12(1) »

2008年5月17日 (土)

新緑の門デフC57(8)

山都のSカーブにはお昼過ぎの早い時間からもう何本か三脚が立っており、仕方がないので道路から降りて斜面の中ほどから狙うことにします。8233レの山都発車は16時6分なので3時間近い待ち時間の間には普通列車が行き来します。キハ110系も新車だと思っていたらあっという間に登場から15年以上も経ってたんですね。
山都~荻野
Img_30591 Img_30611
▲ 新旧新潟色キハ47の231D(左)。喜多方でばん物と交換する野沢折り返しの232Dがキハ110系の3連で上っていきます。(右)

気動車が通過した頃は手前の線路にも日が当たってたんですが・・・・。8233レ通過の時には手前のカーブは背後の山の陰になってしまい、6月か7月あたりの宿題になりました。
Img_30212
Img_30701
▲ 昨年まではここで煙を見たことはなかったんですが、この日は黒煙をなびかせてやって来ました。

Sカーブの後はこの日の宿をとった鹿瀬へ朝とは逆ルートで戻って来ました。鹿瀬と津川の間にちょっとした峠越えがあるので、ここを登って来るC57を狙おうという算段です。Img_30811
▲ ここももう日は当たらず、罐も完全燃焼でやって来ましたが、上り勾配をいい音のブラストを響かせて通り過ぎました。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

|

« 新緑の門デフC57(7) | トップページ | 真岡も新緑 お留守番のC12(1) »

02磐越西線」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391886/20971928

この記事へのトラックバック一覧です: 新緑の門デフC57(8):

« 新緑の門デフC57(7) | トップページ | 真岡も新緑 お留守番のC12(1) »