« 御礼 【50000アクセス】 | トップページ | 水無月の磐西C57(1) »

2008年6月24日 (火)

四半世紀前の伊吹山麓(3)【想い出アルバム56】

25年前の伊吹山麓、最後の写真はもう1本下り荷物列車です。
近江長岡~醒ヶ井
555
▲ 側面窓が多い変形機、米原区の36号機です。高崎からの転属機だけあって東海道には珍しい上越タイプの大きなつらら切り装備で、正面窓Hゴムながら好きなカマのひとつでした。

こちらは引退後の翌年夏、米原機関区で開催されたイベント時の写真です。
5732
5728_2
▲ 36号機には両エンドに「つばめ」と「日本海」のヘッドマークが付いていました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ鉄道ブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

|

« 御礼 【50000アクセス】 | トップページ | 水無月の磐西C57(1) »

鉄道」カテゴリの記事

01【想い出アルバム】」カテゴリの記事

15東海道各線」カテゴリの記事

コメント

たかべー様、またまた貴重なものが出てまいりました。58の36ですか、私が高校生の頃に田端機関区で撮らせて貰った懐かしい機関車です。35と共に18になり損なった、と言うか 58になり得た異端児ですが、存在感のある機関車でした。まだ茶塗りで 冬にはSGがブロワーを吹き上げる様に見入っていました。5万アクセス、おめでとうございます。今後も更新されることを楽しみにしております。

投稿: きぬやまスカンク | 2008年6月24日 (火) 23時00分

きぬやまスカンク様 ご無沙汰してます。お祝いのコメントありがとうございます。
函南あたりで撮っていると午後の荷物列車を米原のゴハチが牽いてくるので、それがこの36号機だったりすると「やった」と喜んだものでした。仰せの通りホント存在感のあるカマでしたね。

投稿: たかべー | 2008年6月24日 (火) 23時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 四半世紀前の伊吹山麓(3)【想い出アルバム56】:

« 御礼 【50000アクセス】 | トップページ | 水無月の磐西C57(1) »