« 晩秋の伊吹山麓(1)【EF66】 | トップページ | 晩秋の伊吹山麓(2)【EF66 100番台】 »

2008年6月14日 (土)

「富士ぶさ」の国鉄色EF66

昨日の伊吹山麓を行く貨物会社のEF66を見てると、最も国鉄時代に近い気がする16号機でもやっぱり物足りないのは、前面にステンレスの飾り帯がないからでしょうか。そう思うとなんだか急に見たくなって、今朝は正調EF66見物のために早起きすることにしました。そういえば東海道のブルトレを撮るのは何年か振り(○十年振りかも(^^ゞ)です。
三島~函南
Img_37261
▲ 露払いの貨物はEF210でやって来ました。
Img_37321
▲ 47号機牽引で定時に上ってきた「富士・はやぶさ」、二つの列車が合体したヘッドマークが寂しいですが、EF66は伝統の東海道ブルトレ最後の機関車の貫禄十分で、早起きした甲斐がありました。来年の今頃はもうこの姿は見られないんでしょうね。

にほんブログ村 鉄道ブログへ鉄道ブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

|

« 晩秋の伊吹山麓(1)【EF66】 | トップページ | 晩秋の伊吹山麓(2)【EF66 100番台】 »

15東海道各線」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

はじめまして
HIROといいます
EF210の貨物列車に続いて寝台特急EF66非常にかっこいいです。
長く親しまれた特急富士も時間の問題で寂しいですね。

投稿: HIRO | 2008年6月15日 (日) 10時48分

HIRO様 はじめまして、コメントありがとうございます。
機関車が牽引する客車列車がどんどん少なくなって、おじさん鉄にとっては寂しい限りです。そのうち客レは復活蒸機のものだけになってしまうかも(^^ゞ。
煙たい写真が多いブログですが、時々は無煙の記事もありますのでまたお寄りいただければ幸いです。

投稿: たかべー | 2008年6月15日 (日) 13時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391886/21627552

この記事へのトラックバック一覧です: 「富士ぶさ」の国鉄色EF66:

« 晩秋の伊吹山麓(1)【EF66】 | トップページ | 晩秋の伊吹山麓(2)【EF66 100番台】 »