« 四半世紀前の伊吹山麓(3)【想い出アルバム56】 | トップページ | 水無月の磐西C57(2) »

2008年6月25日 (水)

水無月の磐西C57(1)

非煙ネタが続きましたが、この前の土日は久々に(40日振りだと、久々でもないすかね)普通のディフレクターに戻ったC57を見に磐西へ出かけてきました。元々夏場になるとファンの数も減りますが、先週末は常紋や只見に備えて英気を養ってた方が多いんでしょうか、どの撮影地も空いておりまったりと楽しむことができました。

小雨の東京を出発し、雨ならどこへ行くかねーと同行のクマさんと話してたら東北道羽生あたりですごい雨、こりゃダメだーと思ってたんですが白河あたりで空が明るくなり、磐越道に入ったらお日様ギラギラ。やっぱり日頃の行いは大事だねーとかなんとか言いながら最初に行ったのは鹿瀬、どうもGWの時の爆煙が頭を離れないようです。真夏を思わせる日差しの中、ここで待っていたのは我々2人だけでした。
鹿瀬~日出谷
Img_39641
Img_41471_2
▲ 鹿瀬通過11時36分、ほぼ真上でギラギラと輝く太陽の下、いい煙でやって来ましたが、やっぱりこの時季はトップライトが厳しいです。線路周りの雑草の勢いも増して、もうレールが見えなくなってきました。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

|

« 四半世紀前の伊吹山麓(3)【想い出アルバム56】 | トップページ | 水無月の磐西C57(2) »

02磐越西線」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391886/21844615

この記事へのトラックバック一覧です: 水無月の磐西C57(1):

« 四半世紀前の伊吹山麓(3)【想い出アルバム56】 | トップページ | 水無月の磐西C57(2) »