« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月31日 (木)

上州の3000系【上毛電鉄700型】(4)

先日の上毛があと2回残ってるので先にこちらを。ということで上毛電鉄の元3000系700型の続き、今日はサンライトイエローの714Fです。JR前橋からシャトルバスに乗って中央前橋に着くと、この電車が先発で待っていました。
中央前橋
Img_50821
▲ サンライトと言うだけあってかなり鮮やかな黄色です。
Img_50981 Img_50991
Img_51061 Img_51001
▲ で、乗ってみてびっくり、内装はブルーでお魚のシートがべたべた、水族館電車というか竜宮城電車というかなんとも愉快な趣向です。

この水族館電車に乗って途中下車し何本か撮影した後、714Fが西桐生から折り返してきました。
新屋~北原
Img_50781
▲ 午後からは曇ってしまいましたがこの時だけ雲間から太陽がのぞいてくれました。

夕方、大胡で中央前橋からの折り返しをもう一度キャッチしました。
大胡
Img_51431_2 Img_51471
▲ 最後に気付きましたがヘッドマークは内装に合わせて浦島太郎だったんですね。

にほんブログ村 鉄道ブログへ鉄道ブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月30日 (水)

機関車総出演 真夏のやまぐち号(2)

昨日アップした小河内トンネル手前のカーブ、こちらは望遠の方です。ゼイゼイ言いながら汗だくになって最後の急斜面を登ってきた甲斐がありました。(俯瞰派の皆さんからはこんなとこ、登ったうちに入らないと言われそうですが・・・・(^^ゞ。)
仁保~篠目
Img_51581
▲ 望遠だととても画面に入りきらない爆煙はここならでは、これだから山口詣ではやめられません。

追いかけて徳佐お立ち台へ間に合いましたが、この時季ほんとにトップライトが厳しいです。
Img_51681
Img_51691
▲ 少し煙が流れましたが、向こう側なので許します(^^ゞ。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月29日 (火)

機関車総出演 真夏のやまぐち号(1)

土・日・月の3日間、今年初めての山口に行ってきました。7月からはC57のお帽子も取れて、夏まで待ってた甲斐があったなーと勇んで出かけたんですが・・・・。まっ、いろいろあったというか、見たいからといっても見られないものを撮れたのでよしとしましょう。
とりあえずの1枚は初日朝一の小河内トンネル手前のカーブ、ここは3~4年前にスカを喰らってからは来たことがなかったんですが、今回はいい煙を見せてもらえました。
仁保~篠目
Img_51591
▲ 姿を見せる前、カーブの奥で空転の凄まじい音が聞こえ、止まるんじゃないかと思うぐらいゆっくりとトンネルに入って行きました。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月25日 (金)

上州の3000系【上毛電鉄700型】(3)

上毛電鉄の元3000系700型、今日は赤と緑です。
Img_50671
▲ まずは新里へ進入する713F。
Img_51081
▲ 713Fはフェニックスレッドというはっきりとした赤です。「風鈴電車」のヘッドマークが付いてました。 北原~新屋

粕川と新屋の間の踏切で待っていると、薄緑が現れました。
Img_50991 Img_51252
▲ こちらはミントグリーンの717F。

明日からちょいと遠征に出かけますのでしばらくお休みさせていただきます。
18きっぷじゃなくてヒコーキです、ヒコーキ。 (^0^*

にほんブログ村 鉄道ブログへ鉄道ブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月24日 (木)

夏の赤プレD51奥利根(3)

岩本でD51を見送った後は後続の普通列車に乗って水上へ向かいました。この列車は水上へ奥利根号到着の2分後に着くため水上駅のホームは奥利根号から降りたお客さんで混雑してました。
ターンテーブルへ急ぐとちょうどD51がバックでテーブルに進入するところ。
Img_50311 Img_50341
Img_50371 Img_50461
▲ 昔からだと何回見たか数え切れませんが、テーブル廻しって好きなんですよねー。

転向を終え一旦バックしてポイントを渡り、点検整備を行う線路に入ってきます。
Img_50551 Img_50661
▲ きれいに舗装され柵もできて整備された見学スペースは夏休みの家族連れと鉄ちゃんで賑わってました。

正面側にも柵ができていますが上の写真のように低いので撮影には支障ありません。
Img_50681 Img_50621
▲ 赤ナンバーと今回のヘッドマークをアップで。真夏にもかかわらずスノウプロウが付いたままでした。スノウプロウ姿も嫌いじゃないんでいいんですが、やはり違和感はありますね。

この後午後は上毛へ転戦すべく、サンドイッチと缶ビールを買って上り列車に乗り込みました。115系に揺られてお昼からビール、夏の徒歩鉄の醍醐味ですな、暑かったのでホント美味しかったです。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月23日 (水)

上州の3000系【上毛電鉄700型】(3)

上毛電鉄の元3000系700型は最近前面の塗色変更が進んでおり、井の頭線のレインボーカラーを思わせます。というわけで色別編成毎にアップしてみます。
最近鉄道車両も○○ブルーとか色名の前にいろんな英語が付くのが多いようですがそれがどういう意味なのか、たかべーあたりにはよくわかりません。
新屋~粕川
Img_50901
▲ で、まずはジュエルピンク(宝石の桃色??)の715F。西桐生行きが新屋を発車、あっという間に加速してきます。
Img_51211
▲ 振り返って後追いでもう1枚。夕方になって曇ってしまいました。

このジュエルピンク、井の頭線のサーモンピンクに比べると少し明るめでしょうか。
大胡
Img_51431
▲ 大胡で帰りの電車を待っていると、西桐生から715Fが折り返して来ました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ鉄道ブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月22日 (火)

夏の赤プレD51奥利根(2)

日曜の上越線は18きっぷ利用の徒歩鉄なので連日の猛暑を考えると、やっぱり駅から近い所がいいなということで岩本で下車しました。D51の2本前の普通電車から数人の鉄ちゃんが降りましたが、ここに来たのは小生ひとりだけ。炎天下、奥利根号通過までは1時間以上あり読書で時間をつぶしましたが、100円ショップの折りたたみ椅子と麦わら帽子がホントに役立ちました。
複線電化の堂々たる上越線ですが1時間以上の待ち時間に踏切が鳴ったのはたった2回。その昔、ときや佐渡の他にも貨物列車や荷物電車までがひっきりなしにやって来た頃とは比ぶべくもありません。その2回目にやって来たのは下り普通列車。
津久田~岩本
Img_50181
▲ 湘南色の近郊型電車も東京ではほとんど見かけなくなりましたが、ちょっと足を伸ばしてここまで来ると115系が主力として活躍中。15輌の長大編成は望むべくもありませんが重厚な走りっぷりは国鉄電車の風格を感じさせます。

さてもう少しで本命登場、本を片付けてピントやらをチェックしてると、いまの下り電車に乗ってたのでしょう、若い方がお二人やって来て三人での撮影となりました。この日もそうでしたが線路端でお会いする若い人はマナーのいい方が多いですね。きちんとした挨拶の後、前で座って撮ってもいいですか?と聞かれれば、はいどうぞどうぞとなります。あたりまえと言えばあたりまえの話ですが、たかべーと同世代かもう少し上の方々で時々・・・・、おっと自分がそうならないように気をつけないと。
11時20分過ぎ、ほとんど真上の太陽の下、EL&SL奥利根号が姿を現しました。
Img_50561
Img_50261
▲ D51はこの時季にしてはまずまずの煙できれいな12系を従えて通過して行きました。

通過後踏切は引続き閉まったままで、すぐに上り特急「水上」が通過、あやうく被られるところでした。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月21日 (月)

上州の3000系【上毛電鉄700型】(1)

昨日、D51は下り列車と水上だけにして、午後は上毛電鉄へ700型を見に行って来ました。今の井の頭線3000系はパノラミックウインドウですが、こちらは正統派湘南二枚窓で、いい味出してます。
大胡
Img_51341
▲ 静態保存の古豪デハ104の横を中央前橋へ向かうパステルブルーの716F。ここでは急行灯がテールランプになってるようです。

にほんブログ村 鉄道ブログへ鉄道ブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月20日 (日)

夏の赤プレD51奥利根(1)

今日は7月20日、青春18きっぷが利用できるシーズンになったので早速最初の1コマを使って久々にD51を見に行って来ました。まずはとりあえずの1枚です。
水上
Img_50701
▲ 水上のテーブル周辺はカラー舗装され柵ができて、きれいに整備されています。D51の周りは夏休みに入った家族連れで大盛況でした。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月19日 (土)

暑中お見舞い【想い出アルバム60】

いやー、今日も暑かったー! この季節は休みで家にいるよりは会社にいた方が遥かに快適ですね(^^ゞ。
ネタもなくなってきたことだし、涼しそうな写真を探してみました。
昭和48年の春 宗谷本線
5111_2
▲ 罐はC55の47番なので宗谷本線のどこかの駅の発車ですが、全く記憶にありません。この時、他の場所で撮った写真はちゃんと覚えてるコマもあるんですが、不思議なもんですね。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月18日 (金)

紫陽花街道の3000系(5)

紫陽花の中を行く3000系、最後は1ヶ月ほど前の画像です。
6月15日 西永福~浜田山
Img_40111
Img_40851
▲ ライトブルーの3721F。Img_40531
Img_41271
▲ この日はライトグリーンの3725Fと2編成が運用に入ってました。

もう1枚、こちらは前日の6月14日です。
Img_39431
ベージュの1706Fとすれ違うサーモンピンクの3724F。

今から考えると6月中旬のこの頃が今年の紫陽花の見ごろだったように思います。
ところで3000系のような湘南2枚窓の車両も少なくなってきましたが、この正面デザイン、好きなんですよね。我々世代が幼児の頃、「でんしゃ」絵本には必ず80系湘南電車が登場してたからでしょうか。お絵書きといえばこの電車ばかりだったのでクレヨンは必ずかき色と緑色が短くなってました。大井川へ行っても罐は別として南海が来ると、心の中で「ヤッタ!」なんて思ったりします。
この夏の18きっぷシーズンは、SL奥利根は午前中だけにして、午後は上毛の旧3000系オリジナルバージョン見物にしようかなと思ってます。

にほんブログ村 鉄道ブログへ鉄道ブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月17日 (木)

水無月の磐西C57(14)

文月も半ばを過ぎてるのに水無月の磐西で恐縮ですが、今日が最終回です。
今回もあっという間に時間が過ぎていよいよ最終ポイント。昨日は馬下へ行ったので定番三川の発車にしましたが、これが大正解。三川停車中に黒煙を上げているのはよく見かけますが、この日は発車後も煙がもちました。朝一の咲花と夕方の三川、発車時にサービスしていただいた乗務員さんに感謝 <(_ _*)> 。
三川~五十島
Img_40741 Img_40761
Img_40781 Img_40801
Img_43181_2
▲ ここは篠目か長門峡か、C57はやまぐち号を思わせる爆煙で発車して行きました(ちょっとオーバーかも(^^ゞ)。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月16日 (水)

紫陽花街道の1000系

3000系ばかりアップしましたが今や井の頭線の主力は1000系なので1編成だけ。東松原駅のあじさいライトアップにちなんだヘッドマークを付けた1012Fです。
西永福~浜田山
Img_48001
▲ 渋谷方はあじさいの花を散りばめたデザインに「東松原駅あじさいライトアップ」の文字。
Img_48651
Img_49761
▲ 吉祥寺方は1本のあじさいとその葉っぱにカタツムリのイラストで、「あじさいライトアップ井の頭線東松原駅」の文字。

ところで京王ニュースのイラストを見ていると、新製予定の1000系5編成は行き先表示をオデコに組み込んだ形になるようで、3000系が淘汰されるのは寂しいですが、こちらはこちらで新しいデザインが楽しみではあります。

にほんブログ村 鉄道ブログへ鉄道ブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月15日 (火)

30年前の岡山臨港鉄道 【想い出アルバム59】

昨日に引続き、勝手にコラボシリーズ第3弾は岡山臨港鉄道です。水島臨海を見学した後は岡山港方面にクルマを走らせ、今度は岡山臨港の内燃車両を見に行きました。
昭和53年夏 南岡山
114
▲ まず目に飛び込んできたのはキハ40000を張上げ屋根にしたような小ぶりの気動車。常磐炭礦からやって来たキハ1003は全長12mの手ごろなサイズで模型にすると小型レイアウトにも似合いそうです。後年青帯の入った金太郎塗りに塗装変更されたようですが、この手の正面には単純なこの塗り分けが合ってるように思います。
この気動車は幸い今でも和歌山で保管されているようです。
115
▲ 岡山臨港で一番見たかったのがこれ、江若から流れてきた戦前製の流線形気動車キハ5002、19mの堂々たる車体は風格十分でした。江若鉄道は小生が鉄に目覚めた頃廃止になってしまい、残念ながら行けなかったので念願のご対面となりました。もう1輌オデコまでツルツルの同系のなまず気動車キハ5001もいたはずですが、運用に入っていたのか見ることはできませんでした。

続いてDL編です。
117
▲ 臨港鉄道なので貨物輸送が主力の当鉄道では入換機というよりはエース、国鉄DD13の初期タイプと同系列のDD1351はれっきとした自社発注車です。
118_2
▲ 大型の(ここでは)DD1351の他にも2輌、小型のロッド式ディーゼル機関車が留置されてました。センターキャブに小ぶりのエンジンルームがかわいらしいDB101。
119_2
▲ L型でエンジンルームの背が高い汽車会社の20t機、DB102。
エンジンルームの大きさからするとDB101より力はありそうです。
そういえばこの形どっかで見たことあるなと思ったら・・・・。
Img_49591
▲ ありました。アダチの汽車タイプ小型DLです。模型の方はC型機ですがボディはまさに汽車会社標準型ですね。こちらの方がエンジンルームが低くてバランスのとれたスタイルだと思います。

岡山臨港のもう1輌、DB103はこの時いませんでしたが・・・・。
Img_49541
▲ イメージ的に近いのがこれ。実物は見られなかったので同じくアダチの汽車タイプL型DLです。ちょっと動かしてみるかと思ったんですが、パワーパックが見当たりません。どこにしまったんだろー??。

ところでこの2輌のDLがしまってあった所からもう1箱KSモデルの夕張キハ251が出てきました。えー、じゃあ全部で5輌もあるのかと思って開けてみるとこちらは立派な完成品でした。
Img_49671
▲ きちんとした仕上がりはプロ組みでしょうか。多分年末調整か何か臨時収入があった時にヤフオクか天賞堂の4階で買ったんでしょう、情けないことに全く忘れてました。でも当の本人でさえ忘れてしまうほど完璧に隠してあるということは、カミさんには見つかってませんな(^^ゞ。

にほんブログ村 鉄道ブログへ鉄道ブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月14日 (月)

30年前の水島臨海鉄道 【想い出アルバム58】

相互リンクさせていただいてるおっとっとさんの「おまけ鉄ブログ」は、鮮明な写真と軽快な文章でたかべーもファンのひとりですが、土曜日は水島臨海の国鉄色キハ20を採りあげた記事でした。梅雨の晴れ間のバリ順の中を行く美しい一般色のキハ20の姿に感動!、やっぱり一般型気動車はこの色でないとね。
国鉄色20系気動車といえば新津や糸魚川のキハ52が思い浮かびますが、そうだここにもいたんですよね。うっかりしてました、去年片上鉄道保存会の展示運転に行った時、午後からは山陽本線なんか行かずにここへ寄ればよかったと今更ながら悔やんでしまいました。
でも水島臨海といえばはるか昔に岡山臨港&片上とセットで行ったことがあるはず、というわけで昨日うだるような暑さの2階でダンボール箱と格闘する羽目になりました。去年片上をスキャンしたのでネガは簡単に見つかるはずでしたが、どこにしまったのか覚えてなくて汗だくになってしまい、自分のことながら整理の悪さにあきれてしまいました。
ということで昨日に続いて勝手にコラボシリーズ第2弾、30年前の水島臨海鉄道です。この時は朝大阪を出たものの国道2号線が渋滞して着いたのは午後だったので走行写真はあきらめた(というか景色のいい所がなっかたからというような気もします)記憶があります。
昭和53年夏 水島
112_2
▲ バス窓のキハ351は元国鉄キハ10。お隣にはまだキハ07系の姿もあります。
113_2
▲ これが見たくて倉敷までやって来たという元夕張鉄道のキハ301。夕鉄では急行列車にも使われたという転換クロス装備の豪華気動車で、狭幅のバス窓に正面は湘南2枚窓、しかも金太郎塗りとくれば今見ても萌えてしまいます(^^ゞ。後ろに続くのは客車改造のキサハ、ナハニフ153でしょうか。DTDの3両編成で走る姿はかっこよかったでしょうね。岡山臨港に移籍する直前の頃です。
1013_6
▲ キハ351と301の間にいたのは元国鉄キハ07のキハ320。昭和50年代とはいえ、ローカル私鉄ではキハ05・07系の気動車も見ることができました。この後ろにいるのが1枚目の写真でキハ351の横でほとんど隠れてますがこちらは片上から来たキハ321、片上仕様でオデコにライトがありません。そういえばキハ320も腰にライトがありますが、水島に来てからの改造でしょうか。

昭和の香りプンプンのこの手の気動車はホントいいですねー。ということで本日の最後は模型です。
Img_49191
▲ 湘南2枚窓気動車に萌えるのはいいんですが、KSモデルの同系のボディキットが手つかずで4輌も・・・・、ウーン何とかしなくては!!。やっぱりきぬやまスカンクさんに弟子入りしてハンダ付けの極意を会得しないと(^^ゞ。
ところで日光モデルのTR29って今でもあるんでしたっけ。

にほんブログ村 鉄道ブログへ鉄道ブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月13日 (日)

後補機の魅力 【想い出アルバム57】

いつもお世話になってるあべくまさんのブログで懐かしの北海道シリーズが始まったので楽しみに見てるんですが、金曜は夕張鉄道のキューロク後補機の活躍する姿を捉えた写真がアップされてました。
あべくまさんが仰るように重連もいいですが、後補機はまた違った魅力があるように思います。本務機の力強いブラストが通過した後、タン、タン、タンと二軸貨車のジョイント音が続き、最後にもう一度後補機のブラストがだんだんと近づいてきて目の前を通過、視覚だけでなく音でも楽しませてくれました。
ということで、今日は勝手にコラボして(^^ゞ、後補機特集です。大阪人の小生にとって後補機といえばやっぱり関西本線は加太越え、荷物列車や草津線の客車列車は単機牽引でしたが、大半の貨物列車には後補機が付いていました。
加太~中在家信号場
52032
▲ 加太を発車し、峠に向かって貨物を押し上げるD51。ここを通る奈良・亀山のD51は集煙装置に重油タンクの重装備でした。
5225
▲ 中在家信号場の手前、大築堤にかかるあたり、本務機は安全弁を吹いて後補機は重油を焚いて猛然とダッシュします。
52212
▲ 上の列車が大築堤にかかり本務機が通過した後、貨車のジョイント音が続くなか、徐々に後補機のブラストが近づいて来ます。

こちらは奈良に向けて加茂を発車する貨物列車です。
5266
▲ 加太越えは柘植に駐泊所とテーブルがあったように思いますが、奈良まで通しで後補機が付いてる列車が多かったような気がします。

写真はいずれも昭和46年の春です。
あべくまさん、勝手にコラボで失礼しました(^^ゞ。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月12日 (土)

水無月の磐西C57(13)

午後の二発目はどうしても日出谷になってしまいます。もちろん他にもいろんな場所がありますがやはりここは音もいいし最も魅力的ということになるんでしょうか。
この日は道路のお立ち台から。場所が空いてたので鉄橋を真正面に見る位置に三脚を立てました。お隣のクマさんのファインダーを覗くと小生のよりアップになってます。レンズは違っても確かズームは同じ200mmまでのはずなのに何で??クマさんがニコニコして言うにはエクステンダーでした。えっ、いつの間にこんな秘密兵器を!どおりでカメラのセッティングにごそごそと手間取ってると思ったらこれを付けてたのね。隣の芝生がおもいっきり青く見えた(^^ゞたかべーでした。
日出谷~鹿瀬
Img_40651
▲ 悔しいので望遠の方はトリミングして×1.4のエクステンダー装着と同じぐらいの画角にしてみました(笑)。
Img_43101
▲ さすが昔からの磐西の名撮影地、小生あたりが撮っても絵になります。

で、ちょっと気になったこのエクステンダー、帰宅後価格com.で調べてみたらT社やS社なら広角~望遠のズームレンズが買えるお値段じゃないですか。うーん、どうしても必要ならトリミングで誤魔化すか、最近出番がないT社の28-300を使えばいいじゃんと自分を納得させ、買ったつもりのその分で山口DCで盛り上がってるC571を見に行くことにしました(^^ゞ。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月11日 (金)

紫陽花街道の3000系(4)

土曜日の3000系、この日はアイボリーの3723Fも運用に入っていました。
西永福~浜田山
Img_48161
▲ 朝の渋谷行き各駅停車、明るい色でメンテが大変でしょうがいつもきれいです。
Img_48791
▲ 夕方の渋谷行き各駅停車は順光の吉祥寺方を後追いで。
Img_49551
▲ 渋谷から折り返して来た時には曇ってしまったうえに、またまた3727Fが被ってしまいました。

土曜日の3000系の最後はバイオレットの3719F。この日は3726Fとともにバイオレットが2編成運用に入っていました。
Img_49121
▲ ネグラの富士見が丘へ帰るところでしょうか。この列車は回送でやって来ました。

この日は結局いつもの休日より多い5編成の3000系を見ることができました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ鉄道ブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月10日 (木)

水無月の磐西C57(12)

まこと食堂でラーメンを食べ終わったらもう3時半近く、喜多方の発車が15時51分ですからゆっくりする暇もなく撮影地へ向かいました。
2日目の午後一番に選んだのは昨日のSカーブの手前、舘原から田んぼ、切り通し、林の中と真っ直ぐに進んできた列車がトンネル手前で右にカーブする所。初めてのここでは林を抜けてきた罐を正面ドカンで狙おうという算段です。煙の方は期待薄かなーとか言ってるとポツポツとついに雨が降ってきましたが、気になるほどでもありませんでした。まあここまでよくもった方だったと言うべきでしょう。
山都~荻野
Img_40521
Img_42971
▲ 正面ドカンは狙い通りに撮れましたが予想通りの薄煙、昨日のSカーブといいこの辺りはこんなもんでしょう。

当然ながらここにいたのは我々2人だけ、多分普段でもそんなに人が集まるポイントでもなさそうなので、まったりと汽車見物するにはいいところかもしれません。気温が低い時であれば白煙が期待できそうなので、秋に機会があればもう一度狙ってみたいポイントです。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 9日 (水)

紫陽花街道の3000系(3)

土曜日は3720Fの他にもう1本、同じくベージュの3727Fも運用に入っていました。
西永福~浜田山
Img_47611
▲ 朝の渋谷行き各駅停車、生憎とこの時は日が陰ってしまいました。
Img_48351
▲ 約40分後、渋谷から戻ってきたところを。直前に同じベージュの1000系が渋谷に向けて走り去りました。

午後の部、3720Fは急行でしたが、こちらは各駅停車です。
Img_49031
▲ 通過時は太陽が薄い雲に隠れて明るい曇りになりました。このくらいが架線関係の影もでなくて丁度いいくらいですかね。

この後、この編成の吉祥寺からの折り返しは3726Fを優先させてあきらめましたが、結果はもろに被ってしまいました

にほんブログ村 鉄道ブログへ鉄道ブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 8日 (火)

水無月の磐西C57(11)

再び6月21・22日の磐西の続きです。
日曜のお昼は会津若松の庫へテーブル回しを見に行きましたが、ここも空いていて鉄ちゃんは我々の他にほんの2~3人、職員さんの方が多いぐらいでした。
会津若松運輸区
Img_42381
▲ 客車の入換を終えて、バックでやって来たC57はターンテーブル手前で一旦停止、まずは灰落し作業が始まります。

Img_42421
▲ ヘッドマークは紫陽花に相々傘のオコジョと、レイニーシーズンバージョンでした。

Img_42541
▲ テーブルに乗ったところをいつもの場所から定点撮影。

Img_42921
▲ 扇形庫に入った後は早速午後の運転に備え点検整備が始まりました。改めて見るとクロスヘッドって結構大きいんですね。

運輸区を後にして喜多方方面へ、どうせ途中なんだからとこの日もお昼は喜多方ラーメンにすることにしました。時間も遅かったので並ばずに入れるかなと思い、まこと食堂へ行ってみたところ行列なし、ラッキー!。ホントに久し振りに(2回目かな)ここのラーメンをいただきました。
1_3
▲ 松食堂、坂内食堂、さゆり食堂、それぞれの味で美味しいですが、ここのラーメンの味も他とはビミョーに違い、美味かったです。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月 7日 (月)

紫陽花街道の3000系(2)

土曜日の3000系ウオッチングの続き、ベージュの3720F、まず朝の部から。
西永福~浜田山
Img_47861
▲ 午前中は順光となる上り列車を中心に狙ってましたが、ふと振り返ると永福町を発車した下り列車が彼方に見え、オデコの真中にライトがひとつ。あわててママチャリに飛び乗って急いで下り列車狙いのポイントへ移動、ハーハー言いながら何とか間に合いました。でも半逆光で写りが・・・・。
Img_48431
▲ 浜田山から吉祥寺までは各駅停車でも10分程度なので、ほどなく渋谷行きとして折り返して来るところをキャッチ、今度は日が当たりました。

続いて夕方の3720F。
Img_48881
▲ 午後は急行の運用に入っていた3720F、永福町で各停を追い越し、前に列車がいないのでこの辺りはモーターの音も高らかにぶっ飛ばして来ます。1枚目の朝の写真と同じ場所ですが夕方になると正面に陽が回ります。
Img_49361
▲ 急行ならここから吉祥寺までは5~6分なので、少し待っただけで上り急行で折り返して来ました。朝とは逆に今度はこちらが半逆光です。

にほんブログ村 鉄道ブログへ鉄道ブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月 6日 (日)

水無月の磐西C57(10)

今日も暑かったですね。暑いというよりも蒸してると言う方が適当でしょうか、いよいよ夏本番、と言いつつもう夏バテ気味の(^^ゞたかべーです。では1日お休みした磐西C57の続きです。

さて上り8226レの最後は山都の先でということになりますが、曇っていることでもあり晴れれば逆光になる一の戸橋梁の上流側へ初めて行ってみました。駐車場から展望ポイントまで登らねばならず、元々追っかけで時間の余裕がないのでカメラをセットしてる間に発車の汽笛が聞こえてきました。
山都~喜多方
Img_42341
Img_40411
▲ 鉄橋と同じぐらいの高さから撮るのであれば下流側からよりもこちら側からの方がバックの景色がいいと思いますがいかがでしょうか。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 5日 (土)

紫陽花街道の3000系(1)

今日の東京はホントに蒸し暑い1日でした。まあ7月ですから当然と言えば当然ですが、平日の日中は空調が効いたビルの中にいるので今日は今年初めて「暑ーいー!」を実感、相当体がナマってますな。
で、その暑い中、ママチャリに乗って3000系見物に出かけてきました。ただし暑いので朝と夕方だけですが(^^ゞ。
今日運用に入ってたうち、バイオレットの3726Fです。
西永福~浜田山
Img_48051
▲ まずは朝の部。この辺りの紫陽花とお揃いの色です。
Img_48731
▲ 渋谷から戻って来るのを待ち伏せ、でも見事被られてしまいました。まあ3000系同士だから許します。
Img_49641
▲ 夕方の部、急行灯も誇らしげにモーターを唸らせて通過して行きました。

井の頭線沿線の紫陽花ですが、株によっては見頃を過ぎつつあります。紫陽花狙いであればお早めにどうぞ、ご案内はこちらから。

にほんブログ村 鉄道ブログへ鉄道ブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 4日 (金)

水無月の磐西C57(9)

咲花の爆煙で朝からお腹いっぱいになって満足したので、お天気ももうひとつだし「後はオマケでもいいや」てな気持ちで、余裕をもって待てるよう一気に福島県側へワープ、下野尻のカーブへ行ってみました。ここも先客はお二人だけ(正確にはお一人+親子3人連れ1組)で、のどかそのもの。
いつもは画面左後ろになるもう少し高い位置のお立ち台から撮ることが多いんですが、この日は線路に近い道端から初めて狙ってみました。
徳沢~上野尻
Img_40371
Img_42241
▲ 線路端大好きのたかべーとしては大満足のアングルですが、場所と気温を考えると煙はこんなもんでしょうねー。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 3日 (木)

水無月の磐西C57(8)

翌日曜日、朝起きるとさすがに曇ってましたが、東京は雨のようだったのでついてると言えばついてます。若干二日酔い気味の頭を朝湯ですっきりさせて宿を出発、朝一番はどこにしようかと迷った挙句、そういえば見たことがないねということで咲花の発車に行ってみることにしました。
桜の時季には超激パとなるここ咲花の発車、たかべーなんぞは恐ろしくて(^^ゞ近寄ったこともありませんでしたが梅雨時の曇り空ともなると、我々の他に鉄とおぼしいのはお一人だけで、あとは咲花温泉宿泊客の家族連れが数人と、いたって長閑な温泉場の朝です。ただ踏切脇に設置された鉄パイプの柵だけがなんとも異様な雰囲気でした。
右側の小道で見てた家族連れの幼い兄弟が手を振ったんでしょうか、爆煙で発車して行きました。
咲花~東下条
Img_40231 Img_40241
Img_40281 Img_40301
▲ 発車後、ゆっくりと進んできたのでズームの焦点距離を変えながら何枚も撮ることができましたが、いやーそれにしてもすごい煙、両手で数えられるほどのギャラリーに大サービスしてくれました。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 2日 (水)

水無月の磐西C57(7)

さて土曜日の最後は、門デフ最終日の爆煙に味をしめて馬下の先で待つことにしました。遠くに汽笛が聞こえやって来た罐を望遠レンズで覗くと、馬下駅のポイントを渡るあたりではモクモクと黒い煙が見えたので、「おっ、今日もやったね!」と思ったのも束の間、みるみるうちに煙は薄くなってしまいました。考えてみたらこの平坦線で爆煙を期待すること自体が無理ですよねー。
夏至のこの日は18時を過ぎてもまだ夕日モードには少し早く、今度夕日ギラリを狙えるのは8月でしょうか。
馬下~猿和田
Img_40181
Img_42151
▲ 普通のデフに戻ったので今回は門デフの時より線路に近いところで正面がちに狙ってみましたが、ご覧のとおりのボワーッとした煙、まっ全然ないよりはよしとしましょう。

これで予想外の好天に恵まれた初日は終了、さーこれから温泉&冷えたビールの時間。というか夏のゴルフと同じでこちらの方がメインかもしれませんが(^^ゞ。暑い1日だったので、湯上りのビールのそれは美味かったこと!

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 1日 (火)

水無月の磐西C57(6)

山都Sカーブの後は野沢停車中に追い越して、やっぱり日出谷です。この日は県道16号線の追っかけ車も少なく余裕で到着、と思ったら日出谷から平瀬へ向かう橋が工事中で通行止めの看板が。停車して看板をよく見ると工事通行止めは日中のみで、警備員さんの誘導で無事通過することができました。
やはりお立ち台もいつもよりかなり少なめ、我々は少し先の線路端にしましたが、ここで撮ったのは我々二人だけでした。
日出谷~鹿瀬
Img_40091
Img_42061
▲ さすがに夏至、日出谷17時6分発ながらまだ日は高く、列車は初夏の日差しを浴びてカーブを回って来ました。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »