« 赤沢森林鉄道(1) | トップページ | 赤沢森林鉄道(3) »

2008年10月21日 (火)

赤沢森林鉄道(2)

昨日、あべくまさんからコメントをいただいた通り始発駅の森林鉄道記念館の構内にはボールドウィンが停まっていました。小生は木曽森が走っていた頃(もちろん末期ですが)に来たことがなく、ましてやこのボールドウィンの実物は初めて見ました。写真を撮らせて下さいとお願いすると、「どうぞよく見ていって下さい」と快くチェーンを外して構内へ入れてくださいました。
Img_68641
▲ 後期型のダイヤモンドスタックがチャームポイントのボールドウィン製B1リアタンク、上松運輸営林署1号機。ロッド類にも油がひかれ、火を入れればすぐにも動き出しそうな気がするほどよく整備されていました。
Img_68631
▲ 静態保存ですがお天気のいい営業日には庫から出して展示されているようです。実物は思ったより大きくちょっと意外でした。酒井の5tDLと比べると結構大きいのがわかります。
Img_70561
▲ 1929年BALDWINの製造銘板ですが、この罐オリジナルのものではないようです。

オマケはうちのボールドウィンです。
Img_70981
▲ 実物が意外に大きく感じられたのは、この可愛らしいモデルのせいかもしれません。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

|

« 赤沢森林鉄道(1) | トップページ | 赤沢森林鉄道(3) »

鉄道」カテゴリの記事

23博物館・保存鉄道・催し」カテゴリの記事

コメント

いやぁ、ボールドウィンの姿も拝めるんですか?それは良いですね。
本当に今にも動き出しそうな綺麗な姿ですね。
木曽森は、昭和48年の5月の連休に行きましたが、当然列車は運休でした。しかもボールドウィンは、上松の車庫に大事に保管されていましたので、私は正面の写真しか持っていません(^^ゞ
これは良いものを見せていただきました。

投稿: あべくま | 2008年10月21日 (火) 22時00分

あべくま様
保存機も庫があるのとないのとでは状態が全然違ってきますね。初めて見た木曽のボールドウィンは本当に綺麗でした。
一度、この罐のブラストを聞いてみたいものです。

投稿: たかべー | 2008年10月21日 (火) 22時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 赤沢森林鉄道(2):

« 赤沢森林鉄道(1) | トップページ | 赤沢森林鉄道(3) »