« おいでませ山口DCツアー(24)【番外編 岡見貨物 at 益田駅】 | トップページ | おいでませ山口DCツアー(26)【番外編 34年前の益田界隈 想い出アルバム71】 »

2008年10月 2日 (木)

おいでませ山口DCツアー(25)【番外編 36年前の益田界隈 想い出アルバム70】

昨日の記事は岡見貨物が停車している現在の益田駅ですが、今日ご覧いただくのは36年前、昭和47年夏の益田です。昭和47年の夏といえば昨日アップしたDD51の852号機が産声をあげた正にその時でした。
益田駅
56631
▲ ホーム越しに見るD51911は関東からやって来た罐、区名札の「長」は長門市。

益田には浜田機関区の支区があり、今度は駅を出て機関支区へ向かいました。
益田機関支区
56633
▲ D51813はテンダーがトラ塗りになっているので入換専用でしょうか。この罐は山口市小郡総合支所に静態保存されています。
56635
▲ 石炭台の先には入換用の控車を連結したC56108が休んでいました。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

|

« おいでませ山口DCツアー(24)【番外編 岡見貨物 at 益田駅】 | トップページ | おいでませ山口DCツアー(26)【番外編 34年前の益田界隈 想い出アルバム71】 »

01【想い出アルバム】」カテゴリの記事

03山口線」カテゴリの記事

19山陰各線」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しておりました、たかべー様。新しいパソコンの立ち上げに手間取り、コメントを書く余裕もなかったものですから。懐かしい機関車を拝見して、思わずコメントしてしまいました。D51911に目が釘付けになりました。ずーっと昔に 八高線で活躍し、44年に山陰線に転属して馬堀で撮った罐です。蒲鉾ドームでも 全体的に姿形の奇麗な印象に残る罐でした。良いものを見せて戴きました。有難うございました。

投稿: きぬやまスカンク | 2008年10月 3日 (金) 21時45分

きぬやまスカンク様 すっかりご無沙汰してましてすいません。コメントありがとうございます。
そうですか、馬堀でご覧になったんですか。とするとその当時は福知山の配置だったんですかね。蒸機も末期は全検期限まで長い罐を使い回すような転属が多かったですから、911号機も西へ流れ流れて長門市までやってきたんでしょうか。
皆さんそれぞれに贔屓というか思い入れのある罐があって、当時は、えっ、オマエこんなとこにいたのか!っていうのがありましたよね。

投稿: たかべー | 2008年10月 3日 (金) 22時38分

トラ塗りのD51は珍しいですね。一瞬キューロクかと思ってしまいました。しかし私はせっかく山陰に行ったのに、浜田は何度か行きましたが益田は乗り継ぎで下車しただけで、撮影はしていませんでした。
浜田の煉瓦造りの庫とC57は覚えています。

投稿: あべくま | 2008年10月 6日 (月) 22時29分

あべくま様
益田は機関支区があるだけで、たくさん罐がいるわけでもないですし、機関区で罐見物をするならこの界隈では浜田か長門市になりますよね。私も山口線乗換の待ち時間で撮ったんだろうと思います。

投稿: たかべー | 2008年10月 6日 (月) 23時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391886/24104702

この記事へのトラックバック一覧です: おいでませ山口DCツアー(25)【番外編 36年前の益田界隈 想い出アルバム70】:

« おいでませ山口DCツアー(24)【番外編 岡見貨物 at 益田駅】 | トップページ | おいでませ山口DCツアー(26)【番外編 34年前の益田界隈 想い出アルバム71】 »