« おいでませ山口DCツアー(25)【番外編 36年前の益田界隈 想い出アルバム70】 | トップページ | 秋の磐西C57送別会ツアー(1) »

2008年10月 3日 (金)

おいでませ山口DCツアー(26)【番外編 34年前の益田界隈 想い出アルバム71】

「おいでませ山口DCツアー」の記事も、(26)までになってしまいましたが、今回が最終回ということで。
昨日は昭和47年でしたがその2年後の49年春にも山陰方面を訪れました。その時の益田界隈です。
57223
▲ 益田駅で発車を待つ貨物列車。牽引機のD51753は長野からやって来た罐で長工式集煙装置を装備していました。753号機は山口線管理所(津和野)に所属してたのでこれは山口線の貨物列車かもしれません。
57225
▲ 浜田機関区のC56は三江北線(当時は全通していませんでした)の貨物列車用だと思ってましたが、2年前に続きこの時も益田にいました。交替で益田へ入換用に来てたんでしょうか。とすれば今のやまぐち号の重連のように浜田から益田までC57定期列車でのC56・C57の回送重連があったかもしれませんね(眉に唾つけて読んで下さい (^^ゞ )。
126号機は大糸線からこの1年前に浜田へ転属してきた罐でC56には珍しく集煙装置を付けていましたが、この集煙装置も長野工場製のようです。今は北杜市内の小淵沢小学校に保存されています。

次は先日撮った写真との対比でご覧いただきましょう。
Img_62061
▲ 益田駅上り方から見た岡見貨物。この写真を撮った時は全く覚えてませんでしたが、こんな写真が出てきました。
57224
▲ 上の写真のC56が右側で入換中、D51の本線上り貨物が左側で発車を待っています。線路配置やバックの跨線橋からみてほぼ同じ位置からの撮影だと思います。今も昔も山陰本線の貨物列車は同じ所に停まってます。

停車中の写真ばかりなので最後に走行写真も。益田から西へ五つ目の駅宇田郷を通過して益田方面へ向かう上り貨物列車です。
宇田郷~須佐
57326
57328
▲ 宇田郷を出た上り列車は日本海に沿って北上し、短いトンネルを二つ抜けるとこの惣郷川橋梁にかかります。河口を跨ぐというよりは海に架かる橋梁と言ってもいいほどで、今も昔も山陰本線の名撮影地のひとつですね。貨物列車を牽くD51は日本海をバックに美しい白煙を見せてくれました。
昭和7年に竣工したこの惣郷川橋梁ですが、平成13年に選奨土木遺産を受賞しています。

この週末は6月以来久々に東のC57を見に行って来ますので、更新はちょっとお休みさせていただきます。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

|

« おいでませ山口DCツアー(25)【番外編 36年前の益田界隈 想い出アルバム70】 | トップページ | 秋の磐西C57送別会ツアー(1) »

01【想い出アルバム】」カテゴリの記事

03山口線」カテゴリの記事

19山陰各線」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

昭和49年の1月に山陰に行きましたが、益田には行かなかったので、集煙装置付きのC56にはお目にかかれませんでした(^_^;)
須佐~宇田郷の橋梁では、もちろん撮影しました。
私は海側から撮りましたが、たかベーさんが撮られた場所も海がきれいに入って、良いですねぇ。

投稿: あべくま | 2008年10月 6日 (月) 22時46分

あべくま様
惣郷川橋梁を行くD51のこの写真を撮ったのは光線状態からみて午後でしょうね。もう覚えてませんが、多分その時は海側にするか山側から撮るか悩んだと思います。
それにしても今見ると、ここはカラーで撮っておけばよかったと悔やんでしまいます。

投稿: たかべー | 2008年10月 6日 (月) 23時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391886/24104815

この記事へのトラックバック一覧です: おいでませ山口DCツアー(26)【番外編 34年前の益田界隈 想い出アルバム71】:

« おいでませ山口DCツアー(25)【番外編 36年前の益田界隈 想い出アルバム70】 | トップページ | 秋の磐西C57送別会ツアー(1) »