« 赤沢森林鉄道(4) | トップページ | 赤沢森林鉄道(6) »

2008年10月24日 (金)

赤沢森林鉄道(5)

この保存鉄道は森林鉄道だけあって川沿いに森の中を行きます。乗ってる分には木洩れ日が差す森の中を走り、木々の間から川のせせらぎが垣間見えるという素晴らしいシチュエーションなんですが、撮る方からすると引きが取れる場所がほとんどなく、どうしても線路端からということになります。そんな中で唯一川の対岸から見られるのがここ、この地図で呑曇渕(どんどんぶち)という所です。丸山渡の少し手前で一旦線路に寄り添った遊歩道(昨日アップの場所)はすぐに右に折れ川を渡り線路の対岸に出ます。ここだけは線路と川の間に木立がなく、なんとか見渡すことができました。
Img_68921
Img_65871
▲ 丸山渡を発車した帰りの列車は昼なお暗い森の中を抜けると、光が溢れるこの淵を望むポイントに出て来ます。
Img_68991_2
▲ しばらく待っていると今度は麓から丸山渡へ向かう列車が登って来ました。

撤収してすぐ先の丸山渡へ向かいましたが、歩いているとゆっくりと走る列車が森の中を見え隠れしてました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ鉄道ブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

|

« 赤沢森林鉄道(4) | トップページ | 赤沢森林鉄道(6) »

23博物館・保存鉄道・催し」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

川沿いを走るなんて、良いロケーションですね。
木の葉が少し色着いていますが、紅葉まっさかりには綺麗でしょうね。
森林鉄道と言うと、正面がちの写真になりそうですが、ここは色々なアングルで楽しめそうですね。覚えておこうっと(^^ゞ

投稿: あべくま | 2008年10月25日 (土) 01時45分

あべくま様
仰せの通り森林鉄道の雰囲気を味わうには最高のロケーションです。これに雄大な木橋でもあるともう言うことなしですが(^^ゞ、まっそこまでは贅沢ですね。
森林浴というんでしょうか、ここに1日いるとほんとに気持ちいいです。

投稿: たかべー | 2008年10月25日 (土) 17時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391886/24719079

この記事へのトラックバック一覧です: 赤沢森林鉄道(5):

« 赤沢森林鉄道(4) | トップページ | 赤沢森林鉄道(6) »