« 冬晴れの門デフC57クリスマストレイン(2) | トップページ | 冬晴れの門デフC57クリスマストレイン(4) »

2008年12月30日 (火)

冬晴れの門デフC57クリスマストレイン(3)

お昼は前回に引続き喜多方の一平にしました。さすがに年末のこの時期ともなると行列はなく、5分ほど待っただけで座れました。で、注文したのは朝から「今日はこれを食べるぞー」と騒いでいたじとじとラーメンです。
Img_0090
▲ 背脂たっぷりのスープは見た目よりあっさりとしてました。何回か食べるとはまりそうな味ですが、たかべーはやっぱり普通のスープの方が好みでした。

午後もいいお天気だったので冬至のこの時季でもギリギリ陽が当たる舞台田の築堤へやって来ました。さすがにこの日は普段の倍いや3倍以上いたでしょうか、濁川橋梁を渡り終えた所から踏切までの築堤を遠巻きにぐるりと鉄ちゃんが囲んでました。
喜多方~山都
Img_83191 Img_83711
▲ 冬の斜光線を浴びる門デフC57の華麗な姿、ホント綺麗でした。
Img_83751
▲ せっかく陽が当たってるのであわてて三脚からカメラをはずして、お約束の夕陽ギラリもやってみました。

さて、この先は追いかけても暗くてもう無理ですが、どうせ泊りは亀田なのでできるかどうかわかりませんでしたが、日出谷のバルブに挑戦すべく一応追いかけて見ました。
日出谷
Img_83831
▲ ギリギリに追いついても場所もないし、短い停車時間ではやはりまともな写真は撮れませんでした。本格的にやるなら早く来て8233レはここだけに絞るべきですね。
Img_83891
Img_83921
▲ 日出谷発車! 「幻想的な雰囲気を狙ってみました」と言えばもっともらしいですが、もちろんウソです(^^ゞ。でもクリトレならではのヘッドマークのイルミネーションが印象的でした。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

|

« 冬晴れの門デフC57クリスマストレイン(2) | トップページ | 冬晴れの門デフC57クリスマストレイン(4) »

02磐越西線」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

横から見る門デフのC57は、やはり綺麗ですね。
ギラリも決まって、お見事です。

日出谷のバルブは、雪が無いからどうも物足りないですね。ススキの枯れ枝も気になりますし・・・。
でも、クリスマスリースの電飾は、やはり暗くなってからのお楽しみなんですね。

今年1年色々とお世話になりました。
また来年も宜しくお願いいたします。

投稿: あべくま | 2008年12月31日 (水) 09時51分

あべくま様 昨晩は突然のお電話失礼しました。諸先輩のお元気なことといったら・・・(^^ゞ、さすがに今日はちょいと二日酔い気味です。
日出谷はまあオマケということで、でも発車の後姿はとてもよかったですよ。
こちらこそ来年もよろしくお願いいたします。どうぞよいお年をお迎え下さい。

投稿: たかべー | 2008年12月31日 (水) 11時13分

日出谷駅のクリスマスツリーとクリスマストレインの電飾が良くマッチしますね。夜景まで楽しまれるとは!脱帽です。
良いお年をお迎えください。そして、来年も、たくさんの煙の香りを楽しませてください。

投稿: ぼっちぼち | 2008年12月31日 (水) 12時07分

ぼっちぼち様 写真の方はイマイチですが、日出谷の夜景と発車シーンはとてもよかったです。23日の最終日は松野まで撮って帰りましたが、多分日出谷は雪景色だったと思います。来年は下り列車は早めに日出谷に入ってこのシーンだけを狙うのもいいかなと思いました。
昨夜はお越しになれず残念でしたね。いつも通りの大盛り上がりで、今朝はぼーっとしててやっと生き返ったところです。
来年はご一緒させていただきたく、どうぞよろしくお願いいたします。どうぞよいお年をお迎え下さい。

投稿: たかべー | 2008年12月31日 (水) 12時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391886/26499546

この記事へのトラックバック一覧です: 冬晴れの門デフC57クリスマストレイン(3):

« 冬晴れの門デフC57クリスマストレイン(2) | トップページ | 冬晴れの門デフC57クリスマストレイン(4) »