« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月31日 (水)

冬晴れの門デフC57クリスマストレイン(4)

クリトレ2日目日曜の朝は I さん、クマさんがここと決めていた五十島のお立ち台へ、着いたのはそれでも8時半前といつもよりは早めに行ったつもりでしたがもう満員御礼状態でした。この鉄橋を見下ろすお立ち台はホント人気あります。
お二人はなんとか場所を確保してお立ち台へ、小生は撮ったことがない駅の反対側のトンネル飛び出しポイントへ行ってみました。五十島駅は会津若松方のポイントで速度制限がかかるので、その先の鉄橋は力行しますが、こちら側は手前の減速区間にあたり多分煙は難しそうです。という訳でここに三脚を立てたのはたかべーひとり、数十人がひしめき合って構えるお立ち台とは対照的にのどかなもんでした。
東下条~五十島
Img_83241_2 Img_84081_2
Img_83951_2
▲ 40系に110系と磐西の主力気動車が行き交うなか、この日はタラコも見かけました。この頃は奥の方にも日が当たってましたが・・・。

日が高くなるに連れ、クリトレがやって来る11時前には奥の方は山の陰に入ってしまいました。相変わらずここには誰も来ず、結局小生1人だけでした。
Img_83521
Img_84181_2
▲ やはり煙は予想通りでしたがまあ無いよりはましというものです。それより順光の中でお目当てのクリスマスリースのHMが撮れたのでまずは満足でした。

さて今年も残すところあと僅か、線路端でお世話になった皆様、ありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。どうぞよいお年をお迎え下さい。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月30日 (火)

冬晴れの門デフC57クリスマストレイン(3)

お昼は前回に引続き喜多方の一平にしました。さすがに年末のこの時期ともなると行列はなく、5分ほど待っただけで座れました。で、注文したのは朝から「今日はこれを食べるぞー」と騒いでいたじとじとラーメンです。
Img_0090
▲ 背脂たっぷりのスープは見た目よりあっさりとしてました。何回か食べるとはまりそうな味ですが、たかべーはやっぱり普通のスープの方が好みでした。

午後もいいお天気だったので冬至のこの時季でもギリギリ陽が当たる舞台田の築堤へやって来ました。さすがにこの日は普段の倍いや3倍以上いたでしょうか、濁川橋梁を渡り終えた所から踏切までの築堤を遠巻きにぐるりと鉄ちゃんが囲んでました。
喜多方~山都
Img_83191 Img_83711
▲ 冬の斜光線を浴びる門デフC57の華麗な姿、ホント綺麗でした。
Img_83751
▲ せっかく陽が当たってるのであわてて三脚からカメラをはずして、お約束の夕陽ギラリもやってみました。

さて、この先は追いかけても暗くてもう無理ですが、どうせ泊りは亀田なのでできるかどうかわかりませんでしたが、日出谷のバルブに挑戦すべく一応追いかけて見ました。
日出谷
Img_83831
▲ ギリギリに追いついても場所もないし、短い停車時間ではやはりまともな写真は撮れませんでした。本格的にやるなら早く来て8233レはここだけに絞るべきですね。
Img_83891
Img_83921
▲ 日出谷発車! 「幻想的な雰囲気を狙ってみました」と言えばもっともらしいですが、もちろんウソです(^^ゞ。でもクリトレならではのヘッドマークのイルミネーションが印象的でした。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年12月29日 (月)

冬晴れの門デフC57クリスマストレイン(2)

年末恒例の磐西クリスマストレイン、今年は飛び石連休となった3日間の運転でしたが、まず土日は I さん、クマさんと3人で朝の東北道を北上しました。今回は西会津ICまで高速を奢ったので比較的早く着きましたが下野尻のカーブはもう満車、さすが1年の最後を飾るクリトレに絶好の好天だけあって皆さん気合が入ってます。奥の端村踏切は駐車スペースがあったのでこちらで狙うことにしました。
徳沢~上野尻
Img_83541
▲ 徳沢でクリトレと交換する3221D快速「あがの」が下って行くと間もなく本命登場です。

「あがの」が通過した後も続々と追っ駆け組が到着、道端に三脚がずらっと並ぶ中、谷あいを渡る汽笛が聞こえカーブの先に罐が姿を見せました。
Img_83041
Img_83621
▲ これ以上は望めないという快晴の下、軽快な門デフに足まわりをスノープロウで引き締めたC57は美しい白煙をなびかせて、「快速」に恥じないスピードでみるみる近づいて来たと思ったらあっという間に目の前を通り過ぎて行きました。

小生お気に入りの七三の編成写真が順光でばっちり撮れて、もうこの1枚で来た甲斐がありました。とは言いつついつものように追っかけ開始、でも鉄ちゃん車が列をなす状況で思うようには走れず、荻野進入はあきらめて一気に山都の先、川吉まで向かいました。
山都~喜多方
Img_83121_2
▲ 川吉もギリギリのタイミング、踏切の奥まで走って行って手持ちでなんとか撮ったワンカット。ここでも美しい白煙を見ることができました。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月28日 (日)

門デフC57 「波とかもめ」バージョン (10)

喜多方に戻っての遅いお昼は「一平」にしました。街の中心から遠いわりにはお昼時に通りかかるといつも行列だったので入ったことがありませんでしたが、この日は3連休も最終日で遅い時間でもあり空いてました。お店は道を挟んで向かい側の新店舗に移転してました。
Img_0047
▲ 頼んだのはシンプルなラーメン、チャーシューもしっかり入って550円也。初めて食べましたが、はい、素直に美味しいです。しかもこのお値段ですからコストパフォーマンスは文句なし。味はクマさんも同感とのこと、次回は「じとじとラーメン」を注文するつもりです。(クマさん撮影)

一平のラーメンには超満足したものの肝心の汽車見物はどんよりと暗ーい曇り空でヤル気が起きません。暗いので少しでも開けた所ということで舞台田の築堤へ行ってみました。
喜多方~山都
Img_71331
▲ カメラをセットしていると新車キハE120の2連が登場、今回初めて撮りましたが飯豊連峰のブナ林の紅葉をイメージしたというこの塗色は新旧新潟色より暖か味があっていいと思います。

新型気動車を見送ったのが15時前、ばん物が通過する1時間の間に益々暗くなって、ISOが1000とか1250の世界になってしまいました。
Img_71481
Img_79561
▲ それでもめげずに撮るだけは撮ってみました・・・。

今回は初日の雪景色が全てでした。2日目・3日目はお天気に恵まれませんでしたが、初日に素晴らしい光景を目にすることができたのでよしとしましょう。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月27日 (土)

門デフC57 「波とかもめ」バージョン (9)

川吉の後はお昼を後回しにして若松の庫へ、「波とかもめ」を近くで見ることにしました。期間限定装飾なのでいつもより混雑してるかと思いきや、それほどの人出でまなく落ち着いて見ることができました。
会津若松運輸区
Img_78991
▲ 客車の入換を終えた罐がバックで入線して来ます。以前はもう少し先から灰落としの間も正面向きを撮れたんですが、写真のように手前にロープが張られテンダーまでしか近寄れなくなってしまいました。
Img_79071
▲ テーブルに乗ったところをいつもの位置から定点撮影、この装飾、やはりよく目立ちます。
Img_79151
▲ テーブルが回りだしたので真横からも1枚。
Img_79191
▲ 回転が止まったところでもう1枚、空いてたのでいろんな位置から「波とかもめ」を眺めることができました。
Img_79231
▲ ヘッドマーク、11月のテーマは紅葉でした。
Img_79471
▲ デフのアップです。扇形庫に入ってからなので暗いですが、波の部分はツーピースで構成されてるようです。

さてこの後は喜多方に戻って遅い昼食です。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月26日 (金)

門デフC57 「波とかもめ」バージョン (8)

五十島へ戻ってクマさんをピックアップ、新潟県側は1ヶ所だけにして高速に乗って一気に西会津ICへ、山都のSカーブへやって来ました。ここはどちらかというと午後の下り列車向きですが、雪景色をアウトカーブからという狙いです。
荻野~山都
Img_71241
Img_78861
煙を見かけることもある場所なので淡い期待で待ちましたが、あっさりと紫煙で通過して行きました。さすがに給気でなければ白煙も無理でした。

追っかけにしては珍しく余裕で到着した割にはイマイチでしたが、めげずに急いで撤収して山都の先を目指します。時間があまりなかったので前日と同じ川吉踏切の先へ、立ち位置だけを上からに変えました。
山都~喜多方
Img_78941
▲ 峠道の残雪に映える罐と煙、朝からの2ヶ所はもうひとつでしたがやっといい煙を見せてもらえました。同じ場所でもやはり初夏に来た時とは煙が全然違います。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月25日 (木)

門デフC57 「波とかもめ」バージョン (7)

3連休最終日の朝は五十島お立ち台大好きのクマさんを鉄橋脇で降ろした後、咲花発車の正面狙いで踏切より後ろのカーブ途中に陣取りました。
望遠レンズを覗いてると停車中から濛々と黒煙を上げ、前回見た時のような爆煙の期待が膨らみました。が・・・・。
咲花~東下条
Img_78721
Img_71131
▲ 発車した後はすぐに白煙の完全燃焼に変わってしまいました。ウーン、これならクマさんと一緒に五十島の鉄橋で狙えばよかったと、隣の芝生が青く見えたたかべーでした。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月24日 (水)

門デフC57 「波とかもめ」バージョン (6)

2日目のお昼はクマさんのリクエストで久々に山都の萬長でお蕎麦にしました。クマさんに言わせると山都の街中にあるお店の中ではここが一番美味しいとのことですが、特に蕎麦好きというわけではない小生に味のことはわかりません。で、頼んだのは天ぷらそば。
Img_0044
▲ 天ぷらはパリっとしてるし蕎麦も美味しかったです。でも庶民的なお値段の喜多方ラーメンに比べると¥1,250-也はやはりいいお値段でした。

午後は昨日に続き少しでも明るいうちにと、喜多方は慶徳トンネルに近い松野集落の奥へやって来ました。以前はこの50mほど後の切り通しが始まる辺りの小高い所がお立ち台だったんですが、ここに速度制限の大きな標識が立ってしまい最近はご無沙汰してました。今回はその標識の前に三脚を立ててみました。
喜多方~山都
Img_70821
▲ ばん物通過の約1時間前、新旧新潟色キハ47の231Dが来た頃はまだ明るかったんですが・・・・。
この後、雲も厚くなり3時半を過ぎると急に暗くなってしまいました。雪が積もっているのでその分明るいとはいえ、デジタルでなければ厳しい条件です。
Img_70981
Img_78431
▲ 速い、速い、一応は上り勾配のはずですがC57はスピードに乗って駆け抜けて行きました。バックが青空だったらねー、ホント綺麗な白煙だっただけに残念。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月23日 (火)

門デフC57クリスマストレイン PART2 (1)

Img_85741
▲ 午後から降り始めた雨が雪に変わり、今年最後の8233レが松野を登って来ました。  喜多方~山都  

土日に続き今日も今年最後の磐西へ出かけてきました。午前中は晴れから曇り、午後は雨から雪へと目まぐるしく変わる天候の中、走り納めのC57を堪能しました。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月22日 (月)

門デフC57 「波とかもめ」バージョン (5)

前回の1日目の記事から10日も経ってしまいましたが、11月後半3連休の「門デフC57 波とかもめバージョン」の続きです。

3連休の磐西2日目、目覚めると天気予報通り雨がしとしと。福島県側に泊まったのでとりあえず新潟方面に向かいましたが、野沢あたりから雨が強くなり新潟県に入ると本降りになってしまいました。
雨なら雨の日なりの撮り方があるんでしょうが、こうなってくるととたんにヤル気がなくなるのがたかべー。雨が降っても合羽姿で三脚に傘をセットして待つクマさんを見習わないとと思います。思いますが、結局直前までクルマにいてお手軽に手持ちでやっつけ仕事(^^ゞ。反省ですね・・・・。
咲花~東下条
Img_78101
▲ 割と好きな構図ですが、あまりに条件が悪すぎました・・・。と天気のせいにしておきます(^^ゞ。

津川停車の間に追い抜いて、次は爆煙が見たくて雪の残る鹿瀬にやって来ました。まだ雨は降ってましたが、さっき反省したばかりなので(^^ゞ今度は三脚を持って線路端へ。でも傘をセットするのに手間取って用意が整う前にカーブの先で汽笛が鳴り、結局はここでも手持ちで撮るはめになってしまいました。
鹿瀬~日出谷
Img_70721_2
Img_70761
▲ 罐は期待通りの爆煙、悔しいので望遠ズームの両端で奥と手前の2カットを欲張りました。

この後は追いかけて行って追いついたところで撮ろうということにしましたが結局山都までは追いつかず、川吉踏切の奥で狙うことにしました。ここもギリギリのタイミングだったので午前中は全て手持ち撮影ということになりました。
山都~喜多方
Img_78271
▲ 雨は小降りになったものの寒く薄靄のかかるお天気が幸いしたのか、この界隈では今年初めて見るいい煙で登って行きました。

さて、明日は今年最後の磐西詣で、もう一度門デフにスノープロウ付きの凛々しいお姿を拝みに出かけてきます。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月21日 (日)

冬晴れの門デフC57クリスマストレイン(1)

Img_84651_2
▲ クリスマスリースのヘッドマークはオコジョのサンタさんでした。会津若松運輸区

この週末は磐西のクリトレ見物に出かけてきました。土曜と日曜の午前中は快晴に恵まれ、門デフにスノープロウを装備したC57の美しい姿を堪能しました。
それにしても先週のEF55と同様すごい人出で、小春日和の阿賀野路は鉄ちゃん大集合でした。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月20日 (土)

御礼 【90000アクセス】&【想い出アルバム73】

昨日、90000アクセスに到達いたしました。
汽車見物へ出かけること自体が楽しみなので、ともすれば写真の方は撮りっ放しになってしまうのがたかべーのズボラなところです。そこで考えたのがブログを書けばアルバム代りになるだろうという発想でした。急がずに毎日少しづつでも書いていこうというスタンスではありますが、おかげ様でもうすぐ2度目のお正月を迎えることができそうです。

そんな写真整理ブログにも拘わらず、毎日たくさんの方にご覧いただき本当にありがとうございます。という訳でつたない文章に変わりばえのしない線路端写真ばかりのブログですが、引続きよろしくお願いします。

でもって90000アクセスのキリ番写真です。70000アクセスから始めた数字のお遊びですが、今回は全編豪華総天然色(古いー(^^ゞ)80年代前半東海道シリーズということで、思いきり遊んでみました。

15×(165-153)×(65-60)×(160-60)=90000で、
EF15×(165系-153系)×(EF65-EF60)×
(EF58160-EF5860)という訳です (^^ゞ。

484
▲ 真鶴の側線に佇むEF15、80年代になってもこの辺りまでは東京区のEF15が入って来てました。最終グループの201号機ですが、この1年半後には廃車になっています。
5410
▲ 午前の順光の中を行く165系は上り急行「伊豆」、かなりの長編成でした。
1314
▲ この頃はまだ153系の低窓車も健在で、ローカル運用に就いていました。

続いてEF65、こちらは一般型、500番台のP形、F形、1000番台のPF形と豊富なバリエーションで次々にやって来ました。一方EF60も1日いればまだ何本か見られた頃です。
1325
▲ まずは一般型、後にワインレッドやオレンジ色に塗装され、ジョイフルトレインの先頭に立って「ヒフミ」と呼ばれ人気ガマになった123号機です。薄緑のコンテナが懐かしいですね。
218
▲ 500番台P形は最近故障が直り運用に復帰したトップナンバー501号機、残念ながらブルトレ牽引の姿を見たことはありませんが、いつまでも走り続けて欲しいものです。
4716
▲ こちらは500番台でも高速貨物用のF形520号機ですが、この日は普通の貨物列車を牽いてきました。ご存知のように碓氷峠鉄道文化むらに保存されてますので今でも往年の雄姿を見ることができます。
4411
▲ 続々と上ってくるブルトレ群のしんがりを務める「さくら」の先頭に立つPF形の1099号機、新製後数年しか経ってない頃の姿です。
297
▲ EF60の83号機まではオデコ真ん中の大きな1灯ヘッドライトが特徴です。トンネルの中に1灯ライトの光が見えた時はやったと思ったものでした。写真は沼津区所属時代の56号機です。

最後はEF58を2枚。東海道線東京口の荷物列車の中では、日中各1本あった米原区と宮原区のゴハチが楽しみでしたが今回は浜松のカマです。
574
▲ 永らく浜松区で荷物列車の運用に就いていた160号機ですが、最後は東京区に転属し臨客牽引にあたっていました。14系客車使用の多客臨「踊り子51号」は東京区のPFとゴハチの共通運用だったので、この日は「ヤッター」でした。(戸塚~大船)
2315a
▲ ブドウ色のボディーに側面まで回り込んだ飾り帯は、言わずと知れたお召し予備機の証し。でもこの頃の60号機は正面窓Hゴム化など浜松区の他のゴハチと同じ姿で走っており、ロクイチとは比ぶべくもありませんでした。

撮影場所は特記以外、函南~三島です。

この週末はクリトレ見物に磐西へ出かけています。コメントをいただきましてもすぐにレスをお返しできませんのでご容赦下さい。

にほんブログ村 鉄道ブログへ鉄道ブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年12月19日 (金)

さよならEF55みなかみ号(4)

昼食を終えて、さて上り列車はどこに行くか。本当は上牧を出たところの月夜野北小上のSカーブでと思ってたんですが、水上へ行く途中に寄ってみたら人とクルマで大混乱状態でした。
で、もう少し後閑寄りの小松踏切へ行ってみたところ、先客はいらっしゃいましたが、なんとか三脚を立てる場所を確保することができました。午後はバリ順ポイントなので115系ローカルや185系特急が行き交っている頃はきれいに日が当たってたんですが、15時を過ぎ太陽の高度が低くなってくると山の端にかかる雲に隠れ翳ってしまいました。
上牧~後閑
Img_82891
Img_83492
▲ ここにいた皆さんが、あー、あと30分早ければねー、とため息をついてましたが通過5分前、動きの遅かった雲が切れお日さまが顔を見せてくれました。皆さんニコニコしながら露出やISOの設定を変更し、このまま、このまま、と祈るような気持ちで待ってると遠くでホイッスルが響き、彼方に見える線路にEF55が姿を現しました。しばらくしてトンネルを抜け、まずはカーブにかかるところで正面をキャッチ、続いて近づいできたところをもう1カット。EF55は夕日に車体を輝かせて最期の上越線を走り抜けて行きました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ鉄道ブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月18日 (木)

さよならEF55みなかみ号(3)

昨夜「さよならEF55みなかみ号」の記事をアップしたのは22:05でした。今日ココログのアクセス解析を見ると、昨夜は22時台・23時台のアクセスが急増しており、検索ワード解析でも「EF55」が上位にランクされているなど、改めてEF55への皆さんの関心の高さに驚かされました。で、昨日の続きです。
すぐに追いかけて水上へ向かいましたが、テーブル回しには間に合わず。谷川橋を渡り信号待ちをしている時に人垣の上に見えたテーブル上のEF55は既に転向を終え、パンタを上昇させているところでした。
水上
Img_83281
▲ いつも停める駐車場も満車で入れられず、結局遠く離れたところにクルマを停めて戻ってきてまず撮ったのがこの1枚。見学スペースは鉄ちゃんでぎっしり、いつものD51奥利根は鉄ちゃんより観光客の方が多いんですが、さすがにこの日は鉄ちゃんだらけでした。

目の前の側線を通っていつもD51が停まるアッシュピットの所へ来るだろうからここでまず1枚と思ってしばらく居ましたが、ふと上を見ると架線がない(笑)。苦笑いしながら片手にカメラ、片手に脚立を携えて鉄ちゃんの熱気(殺気?(^^ゞ)渦巻く見学スペースへ。
Img_83341
Img_83371
▲ 我々もその中の1人なのでまあ他人様のことをとやかく言えたものではありませんが、見学スペースは人、人、人、ならぬ鉄、鉄、鉄。脚立があったのでなんとか撮れた写真です。

とりあえず2カットだけ撮って早々に退散、お昼にしました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ鉄道ブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月17日 (水)

さよならEF55みなかみ号(2)

土曜の夜に「さよならEF55みなかみ号」をアップしたら、日曜のアクセスが普段の2倍近くになりました。EF55で検索してご覧になった方が多いんでしょうね。他にも磐西や秩父のネタもあるんですが、これから信越本線での運転を控え年末年始にかけて盛り上がるであろうEF55の方を先にアップします。

13日の土曜日、上越線を走るのはこの週が最後ということで、EF55のさよなら運転に出かけてきました。
途中でクマさんをピックアップして関越へ乗ったはいいものの、川越あたりの事故で大渋滞、事故現場を越えるまでに1時間以上ロスしてしまいました。駒寄Pで降りて、サントリーカーブ辺りから線路沿いに見てみましたが、どこもかしこも鉄ちゃんだらけ、すごい人出です。もう追っかけはあきらめて一気に後閑先のSカーブまでやって来ました。もちろん4~5人の先客はいらっしゃいましたが、まだ余裕がありここでなんとか三脚を立てることができました。
後閑~上牧
Img_82791_2
Img_83222
▲ 逆光になってしまいましたが、ホイッスルもなく現れたEF55は12系6両を軽々と牽いて目の前を通り過ぎました。

さてこの後はすぐに撤収して水上へ向かいます。

にほんブログ村 鉄道ブログへ鉄道ブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月16日 (火)

秋の山口どん曇りツアー(15)

さて最終ポイントは昨日に続いて篠直へ。以前に比べて煙が薄くなった気がして、最近はあまり通ってなかったんですが、気温が下がるとさすがに白煙がきれいです。この日は斜面に下りずに道端の高い位置から構えました。
篠目~仁保
Img_70371_3
Img_77171
▲ サミット直前の切り通しにブラストを響かせ、C57は期待を裏切らない白煙で通過して行きました。

罐・爆煙・温泉・飲み会とおじさん鉄にとっては天国の4日間も終わってみればあっという間、お天気には恵まれませんでしたがやっぱり山口詣ではやめられません。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月15日 (月)

秋の山口どん曇りツアー(14)

ターンテーブルを後にして、たまにはと津和野の錦鯉見物なんぞをしてたら雨は上がったものの、雲の流れが速く時折光が差す程度の不安定なお天気。午後は天候回復という読みで一旦は本門前に三脚を立てたものの、結局最終日は白井のお立ち台にしました。
津和野~船平山
Img_70231
▲ 時折晴れ間も見えたんですが、結局通過時には曇り。ただし晴れればこのアングルはこの時季、山の影が伸びて暗くなるのでかえってよかったかも。
Img_77061
▲ ということでこの写真も晴れれば右側にだけ日が当たるので、11月ともなると明るい曇りが一番いいのかもしれません。ところでこの写真、本当は罐があと半車ぐらい前に来たところを狙ってたんですが、連写モードでリモコンを押したとたん2~3コマでフィルム切れならぬCF満杯でストップ。うっかりしてました。どうもデジタルだとまだまだ大丈夫と思いがちですが、もう4日目でしかもテーブル周りでバシャバシャ撮ったんでした。大昔、モードラなんぞは高嶺の花だった学生の頃は1列車1コマでしたからこんな失敗はほとんどなかったような・・・・、便利になったとはいえ油断禁物ですな(反省)。

いずれにしてもお約束の爆煙で満足・満足、さて最終ポイントへ。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月14日 (日)

秋の山口どん曇りツアー(13)

午前中の最初を仁保から先で狙うと徳佐までの区間で追い付けないので、今回は定番の長門峡や地福には結局行かずじまいでした。
徳佐ではほんの少し余裕があったので、昨日・一昨日のお立ち台よりは船平山寄りの線路が道路に近づくあたりにしました。
徳佐~船平山
Img_70121
Img_76521
▲ この日は風が強く、煙がお立ち台側に流れたので奥の位置で待ったのは正解だったようです。

午前の部終了後、今回はまだテーブル回しを見てなかったので行ってみるかと、お昼は簡単に津和野駅の立ち食いうどんにしました。山口といい津和野といいこの辺りのうどんはどうも細めで小生にとってはウーンという感じです。
Img_76751
▲ 津和野は天気雨、それも結構大粒の雨で変なお天気でしたが、とりあえず貴婦人のお姿を1枚。
Img_76941
▲ 改めて写真を見て思いましたが、この角度からだとキャブ屋根延長が目立ちます。やっぱり元は雪国にいた罐なんですね。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月13日 (土)

さよならEF55みなかみ号(1)

行ってきました、EF55引退興行。普段のD51奥利根に比べ、鉄っちゃんの数が半端じゃありませんでした。
上牧~後閑
Img_83492
▲ ブドウ色のピカピカのボディーに自連とパンタの銀色が印象的でした。

にほんブログ村 鉄道ブログへ鉄道ブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月12日 (金)

秋の山口どん曇りツアー(12)

話変わって山口のC57、こちらの方を先に片付けることにします。
いよいよ山口出張も4日目最終日、いつもながら鉄ツアーはあっという間に日が経ってしまいます。
お天気も回復の気配で、朝は二反田から始めることにしました。4日目にして初めて雲の間から少し晴れ間がのぞきました。
仁保~篠目
Img_70001_2
Img_76441
▲ 仁保から田代トンネルまでのこの区間、線路端からだとどうしても正面ドカンになってしまいますが、これが嫌いじゃないんですよね。遠くに見えてからポイントに差しかかり、横を通過して行くまでこの日も期待通りの迫力でした。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月11日 (木)

門デフC57 「波とかもめ」バージョン (4)

大満足の上り列車を見送った後、お昼はいつも通り喜多方へ出てラーメンですが市役所の駐車場は満杯、3連休とはいえもう11月も下旬なのでもう少し空いてるかと思いましたが甘かったです。こういう時は撮影地に近いさくら食堂でと、行ってみるとクマさんのお知り合いもいて情報交換もできました。
11月も下旬になると下り列車は山都あたりまでのどこか1ヶ所が限界なので喜多方近辺で狙うことにしました。で、三脚を立てたのは舞台田と松野の間、北ノ窪の築堤です。月初の3連休に来た時はまだ背の高い雑草が生い茂ってましたが雪の影響でしょうか、すっかり倒れて視界が開けてました。ただお天気の方は残念ながら午後から曇が出てやや暗くなってしまいました。
喜多方~山都
Img_70701
Img_78001
▲ 喜多方でばん物と交換する普通列車が築堤を下って行った頃はどんよりと暗かったんですが、発車の汽笛が聞こえた時には遠くに見える喜多方の街に日が差し、そのおかげでこの辺も少し明るさを取り戻しました。軽快な門デフ姿のC57は綺麗に煙をたなびかせ、慶徳トンネルに向け力行して行きました。

元画像はもっと暗いんですが、RAWだとここまで修正できます。こういう時やっぱりデジタルは強いですな。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月10日 (水)

門デフC57 「波とかもめ」バージョン (3)

下野尻のカーブでは駐車スペースが満杯で、少し離れた所にクルマを停めたため撤収に時間がかかり出遅れてしまいました。いつもなら山都までにもう1ヶ所ぐらいは撮るんですが、もうそんな余裕はなく一気に山都の先まで行くことにします。
やって来たのは小布瀬原、せっかくの「波とかもめ」なのでお天気がいい今日のうちにまずは横からのカットを押さえておこうという魂胆です。
山都~喜多方
Img_70552_4
▲ 一の戸橋梁を渡り、緩いカーブを回って小布瀬原の直線にかもめのC57が姿を現しました。
Img_77852
▲ 色づいた木々をバックに爆煙C57のかもめデフが雪景色に映えます。

上り8226レは2ヶ所のみでしたが、罐も煙も風景もいつもと違うすばらしい姿を見せてくれました。下野尻も小布瀬原も文句なし! 長野のD51もよかったでしょうが、こちらも最高でした。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 9日 (火)

門デフC57 「波とかもめ」バージョン (2)

山口ツアーは最終日4日目が残ってますが、その前に11月後半3連休磐西初日です。
11月21日の金曜日、磐西詣での前日午後、R49のライブカメラを見てるとあちこちが雪景色になってました。これは明日は期待できそうと喜んだものの、クルマは夏タイヤのまま、帰宅後物置からスタッドレスを引っ張り出してあわててオートバックスへ駆け込みました。
無事スタッドレスに履き替えて東北道経由この秋開通した甲子トンネルを抜けて会津へ出ましたが、峠の白河側は除雪されておらず夏タイヤの県外ナンバー車が空転して立ち往生しているのを見かけました。会津側は長い下り坂なので不安でしたがこちらは除雪も万全、安心して走れました。ただ慣れない雪道なのでクリトレの時は素直に東北道から磐越道を行った方がいいんでしょうね。

で、やって来たのは下野尻のカーブ、一応奥の端村踏切にも行ってみましたが手前の田んぼに雪が積もっておらず没、急いで戻り下野尻カーブのお立ち台にしました。ただ皆さん考えることは同じで最上段は既に満員御礼、クマさんと共に下の段に三脚を立てました。個人的には上の段よりも下の方が好きなんですが、ここではいつも下にいる鉄ちゃんの方が圧倒的に少数派です。
徳沢~上野尻
Img_70441_2
Img_70471
Img_70501
Img_77771
▲ 遠くに煙だけが見えると、端村踏切を過ぎた辺りで白煙が黒煙に変化しました。ここまではもってくれないだろーなーと思ってましたが、この日は珍しく爆煙のまま目の前を通過してくれました。雪景色、紅葉、爆煙、門デフ、晴れ、もー言うことありません、最高でしたヽ(^◇^*)/。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 8日 (月)

秋の山口どん曇りツアー(11)

あまりの爆煙に本門前踏切を通過した後も、列車が中座踏切に差し掛かるあたりまで後姿を見送りました。余韻に浸る暇もなく急いで撤収して9号線を鍋倉へ向かいます。カメラをセットしてる時に発車の汽笛が聞こえ列車が近づいてきました。
鍋倉~地福
Img_76021
▲ 左奥になる鍋倉の駅を発車した列車が左カーブにかかるあたり、平坦線なのでC57はみるみるうちに加速していきました。

意外によかった鍋倉を後にして、本日最後は篠直へ行くことにして追いかけます。長門峡・篠目の停車を利用して追い抜き久々の篠直に間に合いました。
篠目~仁保
Img_69751
Img_76141
▲ C57は客車にドレンを纏わりつかせ、美しい白煙をいっぱいに吹き上げて色付いた木々の間をゆっくりと登って来ました。黒い煙もいいですが暗くなってきた夕方の空気感からでしょうか、ここでは白煙がとても綺麗でした。

さて小一時間も走れば、今晩も美味しいお酒と熱い温泉が待ってます。いやー、極楽、極楽。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 7日 (日)

秋の山口どん曇りツアー(10)

一昨日の続き、山口3日目です。この日のお昼は津和野駅近くで広い駐車場がある「かめりあ」にしました。お店は焼肉屋さんというか大衆食堂というか極めて庶民的な雰囲気で、小生が注文した肉うどんはまずまずだと思ったんですが、お二方が頼んだ別のメニューはもうひとつだったようです。ここは旅館もやってて数年前に一度泊まったことがありますが、夕食は焼肉でボリュームたっぷり、朝食の他に翌日の昼食までついて6,300円はお得です。ただしお部屋のほうはお値段なみです。

で、午後のスタートは本門前踏切からにしました。ここだと篠目へ行く前に行きがけの駄賃で鍋倉発車もキャッチできます。きれいな順光ポイントなので本当は晴れの日に来たかったんですが、明日もお天気は回復しそうになく昨日よりは明るいからまあいいかという訳です。
津和野~船平山
Img_69651
▲ バックには少し紅葉もあるんですが、爆煙&爆ドレン?で完全に隠れてしまいました。花より団子ならぬ爆煙の我々にとっては期待を裏切らない姿に感動です。
Img_75881
▲ 今回はいつもこの愚痴がでますが、これで晴れてれば最高ー!だったのにねー。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月 6日 (土)

井の頭線 新1000系登場 【1722Fも運用開始】

今朝起きてみるといいお天気だったので新しい1000系5次車も動き出したという井の頭線を久々に見てきました。いつものようにチャリンコ5分の西永福2号踏切へ行ってみると、
浜田山~西永福
Img_82121_2
▲ 待つこと15分、やって来たのは1721F、やはりオデコの印象が相当変わってました。
Img_80931
▲ 一応今日の目的は達成したので後は3000系でも来ないかなと待ってると、もう1編成5次車が急行で登場、1722Fも運用に入ってました。

新車が2編成も入ったんじゃ、日中ダイヤでもう3000系は見られないのかなと思ってたら、遥かに浜田山駅を通過するオデコライトが見えました。
Img_82311
▲ 午前中唯一運用に入ってた3000系、3724Fが急行灯を輝かせ颯爽とやって来ました。

ちょっと前まで日中でも2~3編成の3000系が運用に入ってましたが、新1000系の登場でいよいよ3000系も風前の灯火となってきたようです。

にほんブログ村 鉄道ブログへ鉄道ブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 5日 (金)

秋の山口どん曇りツアー(9)

下り列車を仁保・篠目間で狙うと次は間に合うとしても徳佐なので、この日も前日と同じく大原湖経由でお立ち台へ向かいました。続々と到着する鉄ちゃんに混じって三脚を立て、何とか発車に間に合いました。
徳佐~船平山
Img_69481
▲ 爆煙で背景が見えなくなってしまいましたが、却ってこちらの方がよかったかも。
Img_75671
▲ 毎日変わりばえしない写真ばかりですが、これでも昨日とは少し立ち位置を変えてます。でもさすがに明日はもっと船平山寄りで狙うことにしましょう。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 4日 (木)

秋の山口どん曇りツアー(8)

話し変わって今日からは再び山口詣での続きです。
山口出張の3日目、11月9日日曜日の朝は I 氏と3人で湯田温泉を出発しました。夜は金・土と連日居酒屋で大宴会のうえに、何度も温泉に入りすぎて湯あたりしたのか若干お疲れ気味です。とは言え仕事の疲れとは全然違い、いわゆる心地よい疲れというのはこういうのを言うんでしょうね。昼は罐を追っかけて、夜は飲んだくれて温泉三昧、正に極楽、極楽。これで遊び疲れたなんて言うとバチが当たりますな(^^ゞ。

向かった先は小河内トンネル手前のカーブ。森の中の獣道というか鉄ちゃん道を辿り、最後の急斜面を登って線路が見えると現金なもので疲れも吹っ飛びます。日曜日だけあって2~3人の先客がいらっしゃいました。長い待ち時間もおじさん鉄同士だと大御所 I 氏を中心に昔話に花が咲きます。
このポイントに来るのは通算4回目で過去1勝2敗、爆煙は1回しか拝んでおらず小生にとっては相性が悪い場所です。でも今日はここでほとんど爆煙しか見たことがないという I さん・クマさんがいるので心強い限り、果たしてどんな力闘ぶりを見せてくれるのか!
仁保~篠目
Img_69371
Img_75601_2
▲ 罐はまずまずの煙りでカーブを回って来ました。こういうのを霜降り爆煙と言うのでしょうか、うーん霜降りというにはちょっと黒い部分が足りないような。やっぱり相性の悪い小生が少々足を引っ張ったかもしれません<(_ _)>。

今回で1勝2敗1引分け、勝率変わらずでした。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 3日 (水)

門デフC57&只見C11かけ持ちツアー(13)

時間は十分余裕がありましたが昨夜の人出を考え、寄り道せずに会津若松運輸区へやって来たら一番乗り、アッシュピットを臨む好位置をキープできました。が・・・・、寒い中待つこと数十分、罐が戻って来る頃になってもいっこうに鉄ちゃんは増えません。結局この夜C11を見に来たのはほんの数人だけで、皆さん最終日は早くお帰りになったようです。
会津若松運輸区
Img_73861
▲ 仕業を終え戻ってきた罐はまずアッシュピットで灰落とし、磐西C57とは逆向きで入区するので前向きに停まってくれます。黒光りするサイドタンクが照明の光に映えました。
Img_73941
▲ 灰落としが終わった罐は扇形庫に入るためもう一度ターンテーブルに乗ります。空いてるので三脚担いで楽々テーブル正面へ移動、回転が止まったところですかさず1枚。

庫に取り込まれた後、職員さんが集まってきて作業開始です。
Img_74041 Img_74091
▲ 只見線でのお仕事を終えた罐の煙室扉を開き早速煙室内の清掃が始まりました。

最後の最後まで楽しませていただき、いつでも入れて下さる会津若松運輸区さんに感謝、感謝です。
ところで今回の学習
  秋只見 バルブやるなら 最終日 空いてるうえに 渋滞知らず。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 2日 (火)

門デフC57&只見C11かけ持ちツアー(12)

さてここで最終ポイントを磐西にするか只見にするか、珍しく二人の意見が別れましたが、そこはその時ハンドルを握ってる方の強み、磐西は11月中は走ってるからまた来ればいいということで強引に広域農道へ入ってしまいました。(クマさん、ゴメン。)
会津盆地に出てきてもお天気は回復しません、というか益々暗くなってきました。
若宮~新鶴
Img_67571
▲ それでもC11はいい煙を見せてくれました。こうやって見るとやっぱりブドウ色の客車っていいですねー。
Img_73341
▲ お天気が悪い時のお楽しみ、お約束の流し撮りは、ウーン決まりません。修行!修行!。

そろそろ暗くなってきたしこれにて3日間の撮影終了、の予定でしたが秋の行楽シーズン3連休の最終日、早く帰っても高速の渋滞に捕まるだけと最終日もしつこくバルブをやろうと若松の庫へ向かいました。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 1日 (月)

門デフC57&只見C11かけ持ちツアー(11)

午前の部終了後、今年の只見は今日が最後だし、せっかくだからと只見線へ移動することにしました。ただ橋や川が絡む場所は人が多すぎるので山の中で狙うことにしました。
滝谷~郷戸
Img_67511
Img_73261
▲ 森の中 → 暗い → ゴースト発生(泣)、 森の中 → 足場限定 → 必然的に正面ドカンのみ → 只見線だかどこで撮ったのかわからない(笑)。てな結果ではありますが線路端大好きの我々にとっては静かにC11の走りを楽しむことができ満足しました。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »