« 新春の真岡C12(1) | トップページ | 上州の至宝デハ101お正月臨時運転(4) »

2009年1月18日 (日)

早春の茨城交通湊線(ひたちなか海浜鉄道)キハ1000  【想い出アルバム74】

昨日の記事で「国鉄色が走るならひたちなか海浜鉄道へ行こうと思ってました云々」と書いたところ、な、な、なんとひたちなか海浜鉄道の社長さんからコメントをいただきました。この鉄道の公式ブログの「週末列車」で運用を確認したんですが、まさか当のご本人からコメントをいただけるとは!、びっくりするやら恐縮するやら、いやはや感激です。
コメントは記事をご覧いただくとして、古い気動車の保守はご苦労が多いでしょうし、なおかつその車輌運用まで事前に告知していただけるなど、ひたちなか海浜鉄道の姿勢には頭が下がる思いです。
ということで、上毛デハ101臨時運転の続きは明日にして、今日は茨城交通時代の写真を引っ張り出してきました。
871
▲ もう30年以上も前になりますが、北海道の罐を見た帰りに立ち寄った茨交です。留萠鉄道からやってきたキハ1000は湘南二枚窓にバス窓が並び、おへそライトがチャームポイントの粋なスタイルで一目惚れしてしまいました。この頃はステンレス製のケハ600を除きこの羽幌カラーに塗られていました。

昨日は真岡に行ってしまいましたが、近いうちに「湊線1日フリーきっぷ」でDMH17サウンドを満喫しに行きたいと思います。

にほんブログ村 鉄道ブログへ鉄道ブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

|

« 新春の真岡C12(1) | トップページ | 上州の至宝デハ101お正月臨時運転(4) »

01【想い出アルバム】」カテゴリの記事

21ローカル私鉄」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

こ、これは・・・!
「へそ電」じゃないですか!しかも当時流行した(湊線で)羽幌色とは…
留萠のキハ1000系は晩年の朽ちてる写真しか見たことがなかったので
この走行写真はかなり貴重ですよ。

投稿: m | 2009年1月19日 (月) 11時34分

 ほう。みんなこの色をしていたんですか。
 全面真ん中のライトも特徴的ですが、頭の両側の小さなパラボラみたいなのも気になります。
 単なる飾りじゃないだろうし。

 ところで、お待ちしています。ぜひお越しください。
(吉田)

投稿: ひたちなか海浜鉄道 | 2009年1月19日 (月) 13時24分

m 様 コメントありがとうございます。
この車、「へそ電」って言うんですか、知りませんでした。そのものズバリの愛称ですね(笑)。
非電化ローカル私鉄大好きの小生ですが、江若に間に合わなかった世代の大阪人にとって当時の茨城は関鉄の4路線に茨交と、とても魅力的な所でした。
貴重な写真とのお褒めの言葉ありがとうございます。でも今も昔も変わらない線路端かぶり付き写真に我ながらあきれてしまいました(^^ゞ。

投稿: たかべー | 2009年1月19日 (月) 18時58分

吉田様 連日のコメント、ありがとうございます。
この日は那珂湊でもスナップしましたが、写ってる車輌は全てこの色でしたし、他の塗装を見た記憶もないのでみんなこの羽幌色だったと思います。ただ当時は知らなかったのでこの色が茨交のオリジナル色だと思ってました。
おへそライトはカーブに合わせて光軸の向きを変えられる仕様で、北海道の猛吹雪の中で視界を確保するためのものだったと、何かで読んだことがあります。
おでこ両側のパラボラみたいなのは何でしょうね、フォグランプの取付跡とか・・・、そんな訳ないですね(^^ゞ。どなたかご存知の方がいらっしゃいましたらご教示いただければありがたいです。
ところで、社長さんから直々にコメントをいただき恐縮です。はい、近いうちにお邪魔したいと思ってますです。

投稿: たかべー | 2009年1月19日 (月) 19時01分

パラボナですか…
これ、汽笛の覆いですね。
同じ留萠車のキハ2004と2005にも付いていますよ。
(外見ではわかりませんが、片方埋められていますが)

投稿: m | 2009年1月19日 (月) 20時25分

m 様 なるほど、汽笛カバーでしたか。そう言われてみれば納得ですね。ご教示ありがとうございました。

投稿: たかべー | 2009年1月19日 (月) 21時06分

おばんです、たかべー様。当地から上野へ出る際に 勝田は勝田電車区と茨城交通を垣間見ることのできる楽しみのある駅です。それにしても、留萌から来たあの車両を撮っていらしたとは 改めて幅の広い姿勢に敬服致します。私は 30数年前に一度訪れたことがあります。その頃は 休車になったオハ31がまだ残っていて、非常に見応えがあり、雰囲気のある鉄道でした。今も 那珂湊駅は古い設備が立派に現役で使われていて、手入れの良さが窺われます。駅全体が生きた鉄道博物館のようで、今後も是非とも残して行って戴きたいものです。
お出でになられるのでしたら、お声をおかけ下さい。ご一緒したいと思っております。

投稿: きぬやまスカンク | 2009年1月19日 (月) 23時05分

きぬやまスカンク様 おばんです。
地元に近い茨交ならコメントをいただけるのではと、お待ち申し上げておりました(笑)。
この時は那珂湊にも行きましたがさすがにオハ31を見た記憶はありません。いつもながら大先輩との何年かの違いに、ちょっぴり悔しいたかべーです(^^ゞ。
こちらこそぜひご一緒させていただきたいと思いますのでその節はよろしくお願いいたします。

投稿: たかべー | 2009年1月19日 (月) 23時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391886/27257993

この記事へのトラックバック一覧です: 早春の茨城交通湊線(ひたちなか海浜鉄道)キハ1000  【想い出アルバム74】:

« 新春の真岡C12(1) | トップページ | 上州の至宝デハ101お正月臨時運転(4) »