« 名残のEF55&碓氷峠鉄道文化むら(3) | トップページ | 名残のEF55&碓氷峠鉄道文化むら(5) »

2009年1月31日 (土)

名残のEF55&碓氷峠鉄道文化むら(4)

横川を通ったのはまだロクサンが活躍してた頃ですからもう何年前でしょうか。そのうち行こうと思ってた「碓氷峠鉄道文化むら」ですが、EF55引退興行のおかげで初訪問が叶いました。
電機中心に保存車輌も多く見ごたえがありましたが、屋外展示のため保守が大変そうです。このブログ、当方のアルバムも兼ねてますので写真を羅列しますけど、今さら小生が個々の車輌の説明をするまでもありませんね。
Img_90561
▲ きれいな塗装の国鉄特急色、やっぱ特急はこの色で決まりですね。
Img_90591
▲ ヘッドライト点灯中でした。
Img_90601_2
▲ 庫の奥にはロクニの姿も。

庫を後にして少し登った奥の広場は圧巻、様々な車輌が展示されてました。
Img_90901
▲ このモソーっとした馬面、懐かしいですね。
Img_90931
▲ そろそろ塗装が痛みだしてましたが、やっぱり貫禄は十分。
Img_91001
Img_91441
ロクゴーF型ヒサシ付きもかっこいいです。現役時代はこちらをどうぞ。
Img_90951
Img_91011
▲ さすがに地元だけあってロクサンはゴロゴロしてます。
Img_91301
▲ ここは下関? うーんEF30のブタ鼻ヘッドライトが惜しい! ゴハチの区名札は「宮」になってましたが、172番は宮原にはいなかったと・・・。宇都宮の「宮」?、でもあそこは「宇」のような気がするし、大宮の「宮」ですかね。

にほんブログ村 鉄道ブログへ鉄道ブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

|

« 名残のEF55&碓氷峠鉄道文化むら(3) | トップページ | 名残のEF55&碓氷峠鉄道文化むら(5) »

鉄道」カテゴリの記事

13上信越高崎各線」カテゴリの記事

23博物館・保存鉄道・催し」カテゴリの記事

コメント

いくら鉄道車両とは言え、野晒しのままでは可哀相ですね。
静態保存車両は、活きてるカマよりも早く色褪せるような感じがします。
赤い機関車なんかは、余計色褪せが気になりますね。
横川にEF80が居たんですね。知らなかった。
これは貴重ですね。
宇都宮機関区は[宇]ですね。大宮は[大]ですが、大宮にはEF58は居なかったですよね。[宮]は宮原のつもりなのではないでしょうか?
静態機をじっくり見るのも、面白いかもしれませんね。

投稿: あべくま | 2009年2月 1日 (日) 22時27分

あべくま様 色褪せしてる車輌もありましたが、結構きれいなのも展示してあったので定期的にメンテはやってるようでした。
EF80は今も現役のEF81に比べて早く廃車になったような気がします。81に比べてなんとなく野暮ったいマスクがよかったんですけど・・・。
やっぱ宮原なんでしょうか。横川に宮原のゴハチってどうもピンときませんね。

投稿: たかべー | 2009年2月 1日 (日) 22時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名残のEF55&碓氷峠鉄道文化むら(4):

« 名残のEF55&碓氷峠鉄道文化むら(3) | トップページ | 名残のEF55&碓氷峠鉄道文化むら(5) »