« さよなら「富士・はやぶさ」(1) 【想い出アルバム77】 | トップページ | さよなら「富士・はやぶさ」(2) 【想い出アルバム78】 »

2009年3月10日 (火)

冬の津軽の風物詩ストーブ列車追っかけツアー(4)

さて次は間に合うかどうかわかりませんが津軽飯詰の先のあたりに狙いを定めて、田んぼの中の踏切へ行ってみました。
津軽飯詰~五農校前
Img_003011
▲ 嘉瀬・津軽飯詰と停車してる間に追い抜いたようで、ちょうどストーブ列車がやって来るところでした。ここにはもうお1人カメラを構えた方がいらっしゃいましたが、2日間沿線に張り付いて鉄ちゃんに出会ったのはここでの1回だけでした。

踏切を渡り津軽五所川原へ向かう途中に再度踏切を通るので脇で待っていると、
五農校前~十川
Img_02601
▲ もう1回この日最後の走行シーンを見ることができました。

列車を見送った後、今度は津軽五所川原の駅へ行ってみました。曇っているのでもう相当暗くなっていましたが、そこはデジタルの強み、入換シーンもなんとかカメラに収めることができました。
津軽五所川原
Img_00351
▲ 既に気動車は編成から外され客車を側線へ入換中。DD35に牽かれて一旦本線へ引き上げます。
Img_00411
▲ ポイント切替え後、今度はバックで客車を側線へ。構内には予備車ながらキハ22の姿も見えます。
Img_00431
▲ 客車を側線へ押し込んでこれで客車の留置完了。お隣にはこれまた今では珍しい国鉄から払い下げのキ100が停まっていました。
Img_00451
▲ 今度はDD35が単機でポイントまで出て来ます。
Img_00491
Img_00581
▲ 再度ポイントを渡って単機で庫へ戻って行きました。これにてDD35の本日のお仕事終了、たかべーも弘前の宿へ引き揚げることにしました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ鉄道ブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

|

« さよなら「富士・はやぶさ」(1) 【想い出アルバム77】 | トップページ | さよなら「富士・はやぶさ」(2) 【想い出アルバム78】 »

21ローカル私鉄」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

やはり機動力が有ると、撮影効率が違いますねぇ。
以前列車利用で3~4回行きましたが、あまり本数は撮れませんでした。ただのんびりした旅行で楽しかったから、結果オーライでしたが・・・(^^ゞ
五農高前駅付近では、朝の客レを撮った覚えがあります。かなり昔で、まだオハ31の頃でしたが・・・。
5月の連休に行ったら、弘前城の桜は満開でしたが、芦野公園の桜はまだ咲いていなくて、驚いたことも有ります。あそこの、桜のトンネルで撮ってみたいですね。

投稿: あべくま | 2009年3月11日 (水) 21時29分

あべくま様 はい、今回はレンタカーを使い倒しました。1日は乗り鉄も考えましたが、実質的に初訪問(20年近く前に出張のついでに来たときは同和小坂に乗車したら津鉄は時間がなく、津軽五所川原の駅でDLなどの車輌を見ただけでした。)だったので沿線での撮り鉄を優先させました。
今回芦野公園で撮った時ははどしゃ降りでしたが、桜が咲く頃に気動車に揺られて桜のトンネルをくぐってみたいものです。

投稿: たかべー | 2009年3月12日 (木) 18時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391886/28380483

この記事へのトラックバック一覧です: 冬の津軽の風物詩ストーブ列車追っかけツアー(4):

« さよなら「富士・はやぶさ」(1) 【想い出アルバム77】 | トップページ | さよなら「富士・はやぶさ」(2) 【想い出アルバム78】 »