« 早春の岳南鉄道(1) | トップページ | 早春の岳南鉄道(3) »

2009年4月 2日 (木)

早春の岳南鉄道(2)

Img_05811_2
▲ 吉原へ発車して行った8000形、たくさんある転轍器標識が側線の多さを物語っています。

再び静かになった駅で今度はホーム側からED29を観察してみることにしました。
Img_05851
▲ 昨日の写真とは逆の2位側から見たED291。元々は豊川鉄道デキ52として新製されたこのカマは今年で車齢82年、岳南鉄道のHPによると休車中となってますので車籍はあるのでしょうが、長年ここに留置されていることと貨物の減少を考えるともう復活することはないでしょうね。
Img_05861  
▲ 昨年のイベントに合わせて化粧直しされたので車体も台車もきれいな姿を見ることができました。

ED29を観察しているうちに今度は7000型の岳南江尾行きがやって来ました。
Img_05931
Img_05961
▲ 現在、岳南の電車は5輌とも京王3000系からの改造車で、小生の大好きな湘南二枚窓スタイルのうえ、この7000形はなんと両運というまるで気動車のような電車です。中間電動車からの改造ですが正面はオリジナルと同じような形状に改造されています。FRP+鉄製の前面ですが、どうせ塗装するなら湘南顔に合わせて7000形のオレンジと8000形のグリーンの金太郎塗りにすればよく似合うと思いますが、いかがでしょうか。少なくとも鉄ちゃんの集客力アップ、1日フリー乗車券の売上増に繋がると思うんですが・・・(世の中そんなに甘くない?)。
Img_05991
▲ この時運用に入っていたのはラストナンバーの7003、停車中にED291とのツーショットです。

さてこの電車の発車を見送って岳南富士岡駅を後にし、次はお隣の比奈駅へ向かいました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ鉄道ブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

|

« 早春の岳南鉄道(1) | トップページ | 早春の岳南鉄道(3) »

21ローカル私鉄」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391886/28861110

この記事へのトラックバック一覧です: 早春の岳南鉄道(2):

« 早春の岳南鉄道(1) | トップページ | 早春の岳南鉄道(3) »