« 真冬のドイツ ナロー蒸機巡り(43)【ハルツ狭軌鉄道ゼルケタール線5】&シーズン開幕門デフC58363(6) | トップページ | 真冬のドイツ ナロー蒸機巡り(45)【レスニッツグルント鉄道1】&シーズン開幕門デフC58363(8)【番外編】 »

2010年4月 1日 (木)

真冬のドイツ ナロー蒸機巡り(44)【ハルツ狭軌鉄道ゼルケタール線6】&シーズン開幕門デフC58363(7)

この列車は当駅止りなので客車から切り離された罐を撮ろうと駅の方に向かうと、途中の石炭置き場にいました。
ゲルンローデ
Img_95171
▲ クレーンで給炭中の 99 6001-4。
Img_95231
▲ 最後に足回りにも邪魔物がないすっきりした形式写真が撮れました。

機関区で罐と戯れてたら次のDCに乗り遅れてしまい、近くのバス停で時間を見るとこちらの方が早いので路線バスでクヴェトリンブルクまで戻りました。少し早いですがこの日は再びドレスデンへ行くので汽車見物終了としました。
Photo_3
▲ 鉄道の3ユーロに対してバスは2.7ユーロ、でも所要時間は鉄道の方が早かったように思います。

昨日の早朝とほぼ逆のルートを辿ってライプチヒからICEに乗り換え20:14ドレスデン着。5日前にも泊った駅前のインターシティホテルにチェックインしました。明日はレスニッツグルント鉄道を訪れます。

秩父C58、最後のポイントは門デフを順光で狙おうということで、波久礼へとやって来ました。線路が南北に走るこの辺りは午後の上り列車がきれいな順光になります。
波久礼~寄居
Img_02541
▲ 波久礼駅を通過するパレオ、やはりここも完全燃焼でした。
Img_03091_2
▲ ほとんど煙なしで形式写真みたいになってしまいましたが、デフを強調できたのでまずは目的達成としましょう。

3連休最終日ということでこの後は一目散に高速へ、花園~東松山大渋滞の情報に下道経由で東松山から関越に乗り何とか早めに帰れ、無事反省会もできました。クマさん、運転お疲れさまでした。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

|

« 真冬のドイツ ナロー蒸機巡り(43)【ハルツ狭軌鉄道ゼルケタール線5】&シーズン開幕門デフC58363(6) | トップページ | 真冬のドイツ ナロー蒸機巡り(45)【レスニッツグルント鉄道1】&シーズン開幕門デフC58363(8)【番外編】 »

鉄道」カテゴリの記事

06秩父鉄道」カテゴリの記事

09海外」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真冬のドイツ ナロー蒸機巡り(44)【ハルツ狭軌鉄道ゼルケタール線6】&シーズン開幕門デフC58363(7):

« 真冬のドイツ ナロー蒸機巡り(43)【ハルツ狭軌鉄道ゼルケタール線5】&シーズン開幕門デフC58363(6) | トップページ | 真冬のドイツ ナロー蒸機巡り(45)【レスニッツグルント鉄道1】&シーズン開幕門デフC58363(8)【番外編】 »