« 真冬のドイツ ナロー蒸機巡り(53)                【ヴァイセリッツタール鉄道8】 | トップページ | 真冬のドイツ ナロー蒸機巡り(55)               【ヴァイセリッツタール鉄道10】 »

2010年4月11日 (日)

真冬のドイツ ナロー蒸機巡り(54)               【ヴァイセリッツタール鉄道9】

白煙のディボルディスヴァルト行き5002レを見送り、シュベヒトリッツの駅まで戻ってきましたが相変わらず待合室には鍵が掛かったままで入れません。この駅のフライタール・ハインスベルク方は6日前に撮ったので駅の近くは先ほど撮ったポイントだけの予定ではありましたが・・・・、屋根の下でちょっと一休みしたかったなーというのが本音です。

で、駅に居ても仕方がないので橋を渡って、川を挟んで線路と並行している遊歩道をお隣のラーベナウまで歩いてみることにしました。6日前、列車に乗ってロケハンしてると、この区間の対岸の小道を歩いてる人を見かけたのと橋もあったので樹木に邪魔されることなく撮れそうな気がしたからです。
6日前にこの小道を駅から200mほど歩いてみた時は、雪は積もってるものの足跡がたくさんあり踏み固められてましたが、この日は昨夜来の雪が積もり何となくこの辺りが道かなーとかろうじて判る程度。でも下回りは長靴にオーバーズボンと万全の装備なので10cmほど積もった雪の小道を川沿いに進みます。ちなみに今回は初日から最終日までずっとこのスタイル、普通の靴を履いたのは行き帰りのみでした。

両駅の中間あたりまで歩いた頃でしょうか、カーブを曲がって橋が見えたところで後から短い汽笛が聞こえました。
シュベヒトリッツ~ラーベナウ
Img_98301
Img_97371
▲ 先ほどきれいな白煙を見せてくれた列車が折り返し5003レとなって、フライタール・ハインスベルクへ下って行きました。

遊歩道と線路を結ぶ木橋には屋根があり、橋の中ほどから線路のラーベナウ方を眺めるとなかなかいい感じです。雪が強くなっても屋根があるので凌げるし、すっかり気に入って次の5004レはここで狙うことにしました。
ラーベナウ~シュベヒトリッツ
Img_98391
Img_98471
Img_97461
▲ 谷間に力強いブラストをこだませて右奥からカーブを回って姿を現した5004レ。渓流沿いの路を爆煙とともにゆっくりと登って来ました。

この素晴らしい光景を独り占め、誰もいない山の中でパンをかじりながら1時間半待った甲斐がありました。いやー、よかったーー!

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

|

« 真冬のドイツ ナロー蒸機巡り(53)                【ヴァイセリッツタール鉄道8】 | トップページ | 真冬のドイツ ナロー蒸機巡り(55)               【ヴァイセリッツタール鉄道10】 »

09海外」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391886/34019830

この記事へのトラックバック一覧です: 真冬のドイツ ナロー蒸機巡り(54)               【ヴァイセリッツタール鉄道9】:

« 真冬のドイツ ナロー蒸機巡り(53)                【ヴァイセリッツタール鉄道8】 | トップページ | 真冬のドイツ ナロー蒸機巡り(55)               【ヴァイセリッツタール鉄道10】 »