« 伝統のマルーン | トップページ | 梅雨空のC57ばんえつ物語号(8) »

2010年8月 9日 (月)

梅雨空のC57ばんえつ物語号(7)

上野尻進入といういつもとは違うパターンで追いかけたので日出谷は時間的に厳しく、一挙に馬下までワープすることにしましたが、津川近くで8233レがちょうどやって来る時刻なのに気付き、国道からちょっと外れて待ってみました。
鹿瀬~津川
Img_21961
▲ 津川に向って下りなのでほとんど期待せずに待ってたところ、ボワーッとですが煙もあってちょっと得した気分。でも暗かったです。

急いで撤収して津川停車中に馬下へ先回りです。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

|

« 伝統のマルーン | トップページ | 梅雨空のC57ばんえつ物語号(8) »

02磐越西線」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391886/36015681

この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨空のC57ばんえつ物語号(7):

« 伝統のマルーン | トップページ | 梅雨空のC57ばんえつ物語号(8) »