« 梅雨空のC57ばんえつ物語号(6) | トップページ | 梅雨空のC57ばんえつ物語号(7) »

2010年8月 8日 (日)

伝統のマルーン

帰省で新幹線に乗って新大阪へ、いつもなら御堂筋線に乗り換えて、というところですが今回は久し振りにあのマルーンを見たくて新大阪駅から少し歩いてみました。
Img_39541
▲ 炎天下、2時間弱粘ってたら前パンが凛々しい2300系もやって来ました。

学生時代、毎日お世話になった身としては、この阪急マルーン、やっぱりシックでいいなーと思います。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

|

« 梅雨空のC57ばんえつ物語号(6) | トップページ | 梅雨空のC57ばんえつ物語号(7) »

鉄道」カテゴリの記事

22大手私鉄」カテゴリの記事

コメント

毎日 暑いですね、大阪はさぞかしでしょう。阪急は大好きです。車体のデザインとあの塗装が見事にマッチしています。6300以来の屋根のグレイは止めてもらいたいです。大阪とは随分縁がなく、一度行って阪急初め他の私鉄も見てみたいです。 

投稿: きぬやまスカンク | 2010年8月 9日 (月) 21時52分

きぬやまスカンク様 こんばんは。ホントお暑うございます。
でしょー、あのシックなピカピカマルーンの車体、車内は木目の内装にモスグリーンのシートと小生がガキの頃と同じです。
>6300以来の屋根のグレイは止めてもらいたいです。
これまた仰せの通り、こう思ってたのは自分だけじゃなかったんですね。京都線の特急は2800系まででしょうか。
この後は梅田へ出て阪神も見て来ましたがこちらは阪急と違って新しいデザインと塗装の車輛も多かったです。

投稿: たかべー | 2010年8月 9日 (月) 22時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伝統のマルーン:

« 梅雨空のC57ばんえつ物語号(6) | トップページ | 梅雨空のC57ばんえつ物語号(7) »