« 晩秋磐西ばんえつ物語号(1) | トップページ | 晩秋磐西ばんえつ物語号(3) »

2010年11月22日 (月)

晩秋磐西ばんえつ物語号(2)【番外編】

先週の磐西ツアーはきぬやまスカンクさん、あべくまさんとご一緒させていただくことになり、一昨日土曜の朝、猪苗代で落ち合ってきぬやまスカンクさんのクルマに乗せていただきました。
まずは行きがけの駄賃に野沢で保存されている除雪車輌を見ていくことになり、国道49号線から少し山側に入った鳥追観音へと向かいました。
Img_02051
▲ 鳥追観音の道を挟んで向い側にロータリー車とラッセル車の2輌が保存されてます。
Img_02031
▲ 真っ赤なロータリー部はやはり大迫力です。横に回って下から覗くとロッドやクロスヘッドも見えます。
Img_02091
▲ 正面には解説板もあります。「DD14・DD53等新鋭ディーゼル除雪車に・・・」のくだりが保存された時代を物語ってます。
Img_02061
▲ 黄線の下に「長岡第一機関区常備」の標記が見えます。屋根と柱でもうひとつわかりにくいですが、この個体を現役時代にぼっちぼちさんがその長岡で撮られてますのでこちらをご覧いただくと、C58のテンダーを備えたこの車輛の全容がよくわかります。
Img_02081
▲ もう1輌はラッセル車。こちらはロータリー車に比べるとポピュラーですね。
Img_02101
▲ もちろんラッセル車にも解説板があります。

見学を終え撮影地へと向かってると日出谷の先の橋を渡ってる時におもしろいものを見つけました。
Img_02201
▲ 阿賀野川を土砂を牽いた船が下って来ました。
Img_02211
▲ お船のアップ。小さいながらも「飛竜」という勇ましい船名でした。
Img_02141
▲ 反対側には空荷で川を上って来る同じような船が登場。こちらは鉄橋の手前で停止してしまいました。橋脚があるので飛竜丸が通り過ぎてから遡上するんでしょうか。お船の交換風景を見物できました。

ということで土曜は鉄の前に珍しいものを見ることができました。でも急がないと汽車が来てしまいます(笑)。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

|

« 晩秋磐西ばんえつ物語号(1) | トップページ | 晩秋磐西ばんえつ物語号(3) »

02磐越西線」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

幣ブログの引用をありがとうございます。私もあのロータリ車を下から覗いて回転軸を曲げる機構に納得しました。お天気も恵まれ、阿賀野川もばんものも堪能されたようですね。本編の写真を期待します。

投稿: ぼっちぼち | 2010年11月23日 (火) 16時48分

ぼっちぼち様 ご無沙汰です。
勝手に引用して失礼しました。ここの保存除雪車はいろんなブログやHPで見かけますが、やはり全容が分からないのでリンクを張らせていただきました。
気温が下がって汽車見物にはいい季節になりましたね。

投稿: たかべー | 2010年11月23日 (火) 17時14分

土曜日はお陰さまで、大変楽しく過ごすことが出来ました。

除雪車両は頑丈な屋根に守られていますが、これがあるから豪雪地帯で長年保存に耐えてこられたんだと思います。見学するには邪魔ですけどね(^^ゞ
しかし、丹念に記録されましたね。解説を改めて読むと、確かに時代を感じますね。

阿賀野川の工事用船舶ですが、ずいぶん格好良い名前だったんですね。
しかしあんなのが川を上り下りしていたなんて、驚きました。

投稿: あべくま | 2010年11月23日 (火) 23時50分

あべくま様 土曜日はこちらこそお世話になりました。久し振りにご一緒できて楽しい1日を過ごすことができました。
いつもは撮影地へ直行の小生ですが、皆さんと一緒に出かけたおかげで朝から珍しいものを、しかも二つも見せていただき急遽行った甲斐がありました。今度は乗り鉄もまたよろしくお願いします。

投稿: たかべー | 2010年11月24日 (水) 09時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391886/37790597

この記事へのトラックバック一覧です: 晩秋磐西ばんえつ物語号(2)【番外編】:

« 晩秋磐西ばんえつ物語号(1) | トップページ | 晩秋磐西ばんえつ物語号(3) »