« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月28日 (木)

磐西ばん物 C57試運転(3)

さて五十島から追っかけて向かったのは第一平瀬踏切、時間的には厳しかったんですがとりあえず行ってみると皆さん大勢構えていて何とか間に合いました。というかかなり遅れるようで、平瀬トンネルを抜けて姿を現した後もかなりの徐行でやって来ました。
鹿瀬~日出谷
Img_87591
▲ あまりにゆっくりだったのでどこか不調なのかと心配しましたが、後で聞くと強風による速度制限がかかっていたとのことだったようです。晴れればバックの山並みがきれいだったんですが・・・・。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月24日 (日)

磐西ばん物 C57試運転(2)

罐見物の前に行きがけの駄賃ということで。
磐梯町
Img_87201
▲ 「あいづ」のヘッドサインも鮮やかな国鉄色485系をチェック。

再び高速に戻ってひた走り、最初のポイントは五十島にしました。
Img_87281
▲ 少し前に交換の気動車が下って行った頃はまだ降ってなかったんですが・・・・。
Img_87391
▲ 直前になって雨模様。「えー、前線は夜のうちに太平洋へ抜けたんじゃなかったのー、福島も郡山も晴れてたのにー」なんて言ってもこれが現実。その分煙がよかったと思って諦めます。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年3月20日 (水)

磐西ばん物 C57試運転(1)

昨日は「ばん物」の試運転があるということで、きぬやまスカンクさんのクルマに乗せていただいて磐越西線へ出かけて来ました。生憎の空模様でしたが久々のC57を堪能し、たっぷりと煙分補給をしてきました。とりあえずの1枚は川吉を往く試9226レです。
山都~喜多方
Img_88061
▲ C57は門デフ、ヘッドマークなしの凛々しいお姿で力強く登って来ました。

きぬやまスカンクさん、Sさん、お疲れさまでした。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2013年3月14日 (木)

さようなら、下北沢駅 【想い出アルバム111】

タイトルはOER3001氏さんからのパクリですはい、スンマセン<(_ _)>。
たかべー自身はあんまりご縁のない下北沢ですが、今日久々に帰京したら毎日下北沢で乗り換えてるうちの女その2お嬢様がこんなのをもらってきました。
Scan00012_4
でもって、裏はこうなってます。
Scan00022_2
▲ 地下化によって小田急のダイヤや周辺の交通事情等々様々な事が改善されそのメリットは計り知れないほどですが、唯一井の頭線からの乗り換えは今までより時間がかかるようになるようですね。

で、今日は来週から見られなくなるこの風景を。
東北沢~下北沢
Img_034012
▲ 撮影は2007年の10月ですから5年半ほど前になりますが、この頃にはもう地下化の工事は始まってたように思います。「小田急顔」の5000形ももう想い出アルバムの世界に入ってしまいました。

明後日からは東横線の渋谷駅も地下になるとか、写真を撮る人が急増中とYhooのニュースに出てました。明日の渋谷駅はさぞや混雑するんでしょうね。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年3月10日 (日)

日帰り温泉の旅 PARTⅡ飯坂電車編

今日は午前中お仕事だったので午後は飯坂温泉へ出かけてみることにしました。去年の春、飯坂の鯖湖湯に行って汗だくになって以来ですが、さすがにこの季節ならその心配はなかろうと、まずは福島駅へ。
Cimg6716
Cimg6720
▲ JRの立派な駅ビルの隣の通路を進むと阿武急と飯坂電車が同居する私鉄の福島駅です。島式ホームですがお隣同士で架線に流れる電気が全然違うのはご存知の通り。
Cimg6717
▲ 改札を抜けると待っていたのは阿武隈急行の自社発注交流電車、8100系。今日はこれには乗りません。
Cimg6727_2
Cimg6729
▲ 阿武隈急行の発車を見送った後、程なく福島交通飯坂線の7000系が右側の線路に入線して来ました。
Cimg6734
▲ 7105+7206の2輌編成、言わずと知れた東急のお古ですが、どちらも中間車からの改造のため正面は東急7000系とは違う非貫通スタイル。
Cimg6739
▲ 例によってかぶりつきに陣取って見てると、交換可能駅ではほとんどがスプリングポイントなのはローカル私鉄ならでは。
Cimg6736
▲ 運転台はワンハンドじゃなく、マスコンとブレーキがちゃんとあります。
Cimg6740
▲ 笹谷で上り列車と交換します。
Cimg6742
▲ 車庫のある桜水で運転士さんが交代、運転台脇に置いた仕業表を見ると、これから2往復約2時間で交代のようです。
Cimg6743
▲ 順調に走ってましたが、花水坂手前の踏切で急停止、何かと思うと踏切の遮断器が1本下りてませんでした。運転士さんは何やら無線で話した後、安全を確認してそろーりと発車。なんだか長閑と言えば長閑ですねー。
Cimg6746
▲ 花水坂の次は終点飯坂温泉、無事到着しました。
Cimg6752
▲ 踏切での緊急停止の影響でしょうか、乗客の乗降が終わると1分もしないうちに折り返しで発車して行きました。
Cimg6753
▲ さすが観光地だけあってここだけは立派な駅舎でした。
Cimg6757
▲ で、ここが今日のお目当て、波来湯です。立派だけど意外に小さいので大丈夫なのかなーと入ってみると、お風呂は地下にありました。
ここは浴槽が2つあって、ひとつは源泉かけ流しでデジタル表示の湯温は46℃、もうひとつは41℃の表示で皆さんこちらに入ってます。熱い方は足をそっと浸けてみましたがヤケドしそうでとても入れたもんじゃありませんでした。

じっくりと温泉を満喫して、帰りは「昭和39年東急車輛」の銘板の付いたデハ7210+デハ7109の2連に揺られて帰途に就きました。
Cimg6770_2
Cimg6769
▲ その車内で見かけた吊り広告。こんな切符もあるようです。

しかし結局たかベーが出るまで誰一人として熱い方の温泉には入りませんでしたが、これって何のためにあるんでしょうねー。誰も入れない温泉・・・・、うーん飯坂温泉恐るべしです。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2013年3月 5日 (火)

白河昼飯グルメ PARTⅡ

今日は白河でお仕事、さて昼飯はどうするか。1月に続いて白河ラーメンでは芸がないし、ということで白河名物(どこが?)讃岐うどんにしました。お店は白河の市街地から少し離れた所にある「さぬきうどん 讃源(さぬげん)」です。
Imgp08871
▲ いただいたのは天ぷらうどん&ちくわおでん。うどんはシコシコつるつるでコシもたっぷり、透明なだしも関西人には涙もの、マジ美味しかったです。東北で本場の讃岐うどんが食べられるとは!、ホントいい時代になりました。

さて3月に入って福島も漸く春めいてきました。磐西に汽笛が帰ってくるまであと1ヵ月、待ち遠しいですね。写真は8年前の4月、2005年の運転初日は沿線に雪が残ってました。
鹿瀬~日出谷
Dsc_002331
▲ 列車は春の光に美しい白煙を輝かせてやって来ました。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »