« 白河昼飯グルメ PARTⅡ | トップページ | さようなら、下北沢駅 【想い出アルバム111】 »

2013年3月10日 (日)

日帰り温泉の旅 PARTⅡ飯坂電車編

今日は午前中お仕事だったので午後は飯坂温泉へ出かけてみることにしました。去年の春、飯坂の鯖湖湯に行って汗だくになって以来ですが、さすがにこの季節ならその心配はなかろうと、まずは福島駅へ。
Cimg6716
Cimg6720
▲ JRの立派な駅ビルの隣の通路を進むと阿武急と飯坂電車が同居する私鉄の福島駅です。島式ホームですがお隣同士で架線に流れる電気が全然違うのはご存知の通り。
Cimg6717
▲ 改札を抜けると待っていたのは阿武隈急行の自社発注交流電車、8100系。今日はこれには乗りません。
Cimg6727_2
Cimg6729
▲ 阿武隈急行の発車を見送った後、程なく福島交通飯坂線の7000系が右側の線路に入線して来ました。
Cimg6734
▲ 7105+7206の2輌編成、言わずと知れた東急のお古ですが、どちらも中間車からの改造のため正面は東急7000系とは違う非貫通スタイル。
Cimg6739
▲ 例によってかぶりつきに陣取って見てると、交換可能駅ではほとんどがスプリングポイントなのはローカル私鉄ならでは。
Cimg6736
▲ 運転台はワンハンドじゃなく、マスコンとブレーキがちゃんとあります。
Cimg6740
▲ 笹谷で上り列車と交換します。
Cimg6742
▲ 車庫のある桜水で運転士さんが交代、運転台脇に置いた仕業表を見ると、これから2往復約2時間で交代のようです。
Cimg6743
▲ 順調に走ってましたが、花水坂手前の踏切で急停止、何かと思うと踏切の遮断器が1本下りてませんでした。運転士さんは何やら無線で話した後、安全を確認してそろーりと発車。なんだか長閑と言えば長閑ですねー。
Cimg6746
▲ 花水坂の次は終点飯坂温泉、無事到着しました。
Cimg6752
▲ 踏切での緊急停止の影響でしょうか、乗客の乗降が終わると1分もしないうちに折り返しで発車して行きました。
Cimg6753
▲ さすが観光地だけあってここだけは立派な駅舎でした。
Cimg6757
▲ で、ここが今日のお目当て、波来湯です。立派だけど意外に小さいので大丈夫なのかなーと入ってみると、お風呂は地下にありました。
ここは浴槽が2つあって、ひとつは源泉かけ流しでデジタル表示の湯温は46℃、もうひとつは41℃の表示で皆さんこちらに入ってます。熱い方は足をそっと浸けてみましたがヤケドしそうでとても入れたもんじゃありませんでした。

じっくりと温泉を満喫して、帰りは「昭和39年東急車輛」の銘板の付いたデハ7210+デハ7109の2連に揺られて帰途に就きました。
Cimg6770_2
Cimg6769
▲ その車内で見かけた吊り広告。こんな切符もあるようです。

しかし結局たかベーが出るまで誰一人として熱い方の温泉には入りませんでしたが、これって何のためにあるんでしょうねー。誰も入れない温泉・・・・、うーん飯坂温泉恐るべしです。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

|

« 白河昼飯グルメ PARTⅡ | トップページ | さようなら、下北沢駅 【想い出アルバム111】 »

鉄道」カテゴリの記事

21ローカル私鉄」カテゴリの記事

コメント

このところ、極端に気温が上昇、下降して服装も身体も変化に追い付きません。福島交通飯坂線へは大分以前に旧型車がいるうちに撮っておこうと思い、出掛けてみました。ただ、ずっと道路が線路に平行していて、おまけにやたらと踏切があり、車を止める所を探すのに苦労しました。
飯坂温泉というと、他にもちょっとした思い出があります。町中に村島病院という有名な病院がありまして、私も入院したことがあるのです。ある病気で全国的に有名だそうで、何と院内に温泉の風呂があり 治療に大いに役立っています。

投稿: きぬやまスカンク | 2013年3月12日 (火) 21時55分

きぬやまスカンク様 先日はすっかりお世話になりましてありがとうございました。
車輌的には東急の中間車改造車ばかりでやや面白味には欠けますが、いわゆる温泉電軌のローカル色たっぷりで楽しめました。
しかし源泉かけ流しの熱いこと、ある病気にはなおさら加水してうめないととても入れませんよね(笑)。

投稿: たかべー | 2013年3月13日 (水) 10時17分

良い所でリフレッシュされましたね。
きぬやまスカンクさんとのコメントやり取りに引かれてしまいました。
名前が名前で「福島交通」って、社長がきぬやまスカンクさん? って、いつも気掛かりです。いっそのこと、スカンクさんは福島交通の模型を作るべきとは思いませんか?
それはそれとして、桜上水、ではなかった、桜水の車庫、裏手に回ると結構面白かったことを思い出しました。2008年夏のことでした。

投稿: OER3001 | 2013年3月17日 (日) 09時54分

飯坂電車は、直流600Vの時代には良く撮影に行きました。
福島交通オリジナルの1200系、東急から来た3300系や5000系など、味の有る車両が多くて良かったのですが、1500Vに昇圧になってからは、どうも面白みに欠けて・・・。
で、その飯坂温泉の日帰り入浴へも、なかなか足が向きません。 会社の忘年会などでは、飯坂の温泉旅館に泊まることもまま有るのですがねぇ。
日帰り温泉での入浴は、福島市内どころか山形県の赤湯温泉、白布温泉、高畠町、米沢市内などあちこちに出掛けているのですが、何故なんでしょう?
あまりに身近すぎるからなんでしょうか?(笑)

投稿: あべくま | 2013年3月17日 (日) 16時40分

OER3001様 大阪人なのでウケていただけて嬉しいです(笑)。OER3001さんにしてもきぬやまスカンクさんにしても今の福島交通のカマボコ電車ならちゃっちゃっちゃとすぐに作ってしまうんでしょうけど、あんまり創作意欲が湧きませんよね。

あべくま様 やっぱお二人ラブラブドライブのお出かけには近過ぎますよねーー。大雪にも拘らずあちこちお出かけの模様は某SNSで拝見してますよ。ホント、羨ましい。てか、飯坂電車のハナシね、小生も昇圧前の古きよき時代を見てみたかったです。

投稿: たかべー | 2013年3月18日 (月) 15時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日帰り温泉の旅 PARTⅡ飯坂電車編:

« 白河昼飯グルメ PARTⅡ | トップページ | さようなら、下北沢駅 【想い出アルバム111】 »