« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月31日 (木)

新緑のばんえつ物語号(3)

鹿瀬からは一気に県境を越えて野沢にやって来ました。
野沢~尾登  5/12
Img_06411
Img_94631
▲ 今シーズンはこのパターンでここへ来ることが多かったような気がします。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月30日 (水)

新緑のばんえつ物語号(2)

そろそろ紅葉が見頃なのにタイトルは「新緑の~」になってますが、5月6月7月でまだアップできてない分があるのでこれから少しずつ整理していこうと思います。まずは5月のこの記事の続き、5月12日のばんえつ物語号です。
三川~津川  5/12
Img_06111
▲ 75キロポストではいい光で幸先いいスタートを切ったんですが。

いつものパターンで鹿瀬へ先回り。で、待ってるうちに・・・・・。
津川~鹿瀬  5/12
Img_06271
Img_94491
▲ ここでは雲に被られてしまいました(泣)。いい煙だったのにねー。

ところで新津のC57は修理ができて今週末からばん物運転再開とか、ホントよかったですね。只見もあるし、なんか忙しくなりそうです。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月28日 (月)

上州送別鉄の1日

この週末は仕事の関係で帰京してましたが、バンホフさんがまたまた某国へ海外赴任するというので、お仲間とともに送別会というか送別鉄で台風を衝いて久々に上越線へ出かけました。
群馬総社~八木原  10/26
5a7e25311
▲ 狙うはもちろん「SLみなかみ」、D51不調とかでC61が代走です。まずはサントリーカーブから。

渋川~敷島  10/26
5a7e25551
▲ 渋川を後にして山登り開始、いい煙でカーブを回って来ました。

後閑~上牧  10/26
5a7e25781
5a7e25831
▲ 追いかけて最後はベイシア裏へ。快調に駆けるC61を見送って午前の部終了。

午後は上毛へワープ、大胡の電車庫を見学としゃれこみました。  10/26
5a7e26041
▲ 庫の奥に鎮座ましますのは上州の至宝「デハ101」、いやー重厚感たっぷりでさすがの貫禄です。
5a7e26091
▲ 神戸川重じゃなかった神戸川崎車輌、昭和参年のプレートも一見の価値ありです。

この他に電車庫の各施設を係員の方にくまなく案内いただき、珍しいものも見せていただきました。このご時世に車輌基地をイベント以外でも見学させていただけるとは、上毛電鉄様に感謝、感謝です。見学の申し込みは同社ホームページのこちらを参照下さい。

釣掛モーターを見学した後は帰京して、おじさん本来の姿に戻って居酒屋で送別会の夜となりました。皆さんお疲れさまでした。じゃあバンホフさん、お気をつけて行ってらっしゃい。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月23日 (水)

長月のばんえつ物語号Ⅳ(10)

返しの8233レは一の戸橋梁から始めました。
喜多方~山都  9/23
3t6a08751
5a7e18161
▲ さすがに下り列車は我々のみ、他には誰もいらっしゃいませんでした。

最後は野沢の先まで追いかけました。
野沢~上野尻  9/23
5a7e18371
▲ C57は夕陽を浴びて新潟へと駆け抜けて行きました。

9月4回目の磐西詣ではこれにて撤収、帰途につきました。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月22日 (火)

長月のばんえつ物語号Ⅳ(9)

かなり間が空いてしまいましたが9/23の磐西詣で、この記事の続きになります。豊実駅の後は県境を越えて野沢へやって来ました。
野沢~尾登  9/23
3t6a08431
5a7e17651
▲ ここは日によって煙の出方が違います。この日は・・・・。

続いては慶徳越え、川吉のインカーブにしました。考えてみれば昨日の記事と同じで、今年はこのパターンで追っかけることが多いようです。
山都~喜多方
5a7e17891
▲ 爆煙が流れるほどのスピードで快調に登って来ました。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月19日 (土)

神無月のばんえつ物語号(6)

60キロポストからR459&R49経由で福島県側へ、時間的にはとうに通過しているはずなのにカメラを構えてる鉄ちゃんがあちこちに。ならばと野沢の先で待つことにしました。
野沢~尾登  10/14
5a7e24621
3t6a14232
▲ 野沢の停車時間は2分のはずなのに、煙はずっと上がったままで発車までに5分以上かかったでしょうか。漸く汽笛一声、発車後加速しながらカーブを回って来ました。この日はちょうど練習が終わったソフトボール部がお出迎え。

最後は川吉インカーブへ。この日はここも余裕で間に合いました。
山都~喜多方  10/14
5a7e24871
5a7e24901
▲ ブラスト音はおかしいもののスピードとしてはいつもと同じように登って来たのでそんなに重症と言う感じはしませんでしたが・・・・。

お天気もいいし、返しはここしかないと舘原へ。
山都~荻野  10/14
5a7e25081
▲ お昼寝の後、踏切で待ってるといい光を浴びて新旧新潟色の2連が下って行きました。

この後、同じくここに来てたたいら23さんがツイッターからC57不調の情報をゲット。「えーっ、せっかくのお天気なのにー! やっぱりねー。」ということで涙の撤収となりました。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年10月18日 (金)

神無月のばんえつ物語号(5)

平瀬から日出谷停車中に追い抜いて60キロポストへ。
日出谷~豊実  10/14
3t6a14041
3t6a14111
3t6a14131
▲ 予想通りの爆煙はいいのですが、ここでも音がいつもと違うのは否めませんでした。

で、やっぱりというか今日新潟支社のホームページに載ってました。文中の「修繕に時間を要するため」というのが気になります。これから気温も下がり紅葉が美しいいい季節になるというのに、早く直ってくれるのを祈るばかりです。
でもDE10が客車を牽くというのもめったに見れるもんじゃないので沿線は意外にいつもより混むのかもしれませんね。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月17日 (木)

神無月のばんえつ物語号(4)

午後の下り列車は舞台田でキャッチして初日は終了。翌14日はまず京ノ瀬へ行ってみました。
三川~津川  10/14
5a7e24351
▲ ここは築堤上の路盤の幅が広く、どうかなーと思いましたがやっぱり下からだと草が・・・・。この時点でもうブラストの響きがいつもと明らかに違ってました。

お天気もいいので気を取り直して平瀬へ。
鹿瀬~日出谷  10/14
5a7e24471
▲ バリ順の好天で言うことなし。でもインカーブから見るとやはり客車は同じ色で揃えて欲しいところです。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月16日 (水)

神無月のばんえつ物語号(3)

津川からは一気に県境を越え久し振りに群岡踏切へ。
徳沢~上野尻  10/13
5a7e23811
▲ 通過直前に流れる雲のいたずらが、奥は晴れてるのに列車の手前が陰になってしまいました。トホホ、これも日頃の行いでしょうか。ここに間に合うために鹿瀬には行かず、津川発車にしたのに・・・・(泣)。

気を取り直して、慶徳越えは川吉へやって来ました。
山都~喜多方  10/13
3t6a13871
5a7e24041
▲ どっこい天は見放しません、ここはしっかりドピーカン。でもここは半逆光ポイント、なんだかねー。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月15日 (火)

神無月のばんえつ物語号(2)

10月12・13日の磐西詣で、朝一番は東下条の築堤へ行ってみました。
咲花~東下条  10/12
5a7e23661
▲ 煙は予想通りでしたが隣にいた家族連れは大興奮でした。

続いては本当に久し振りに津川発車を狙いました。
津川~鹿瀬  10/12
3t6a13571
▲ 発車直前に焚いて煙濛々はいいんですが、折からの強風で罐の前方へ流れこの有様。
3t6a13621
▲ 一時はどうなることかと思いましたが、発車時には何とか視界が開けてくれました。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月14日 (月)

神無月のばんえつ物語号(1)

3連休のうち日・月は磐西詣ででした。とりあえずの1枚は昨日の第1舞台田踏切です。
喜多方~山都  10/13
5a7e24301
▲ 昨日はいつもと変りなく走り抜けて行きましたが・・・・。

今日は8226レのブラストの響きがいつも違うなと思ってたら・・・・・。やっぱり、という感じで8233レは機関車不調のためウヤとか。大した事なければいいんですが。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月11日 (金)

SL秋田こまち号 試運転(7)

さて午後はどうするか、やはり煙は見たいしということで昨日に続いて峰吉川からの勾配区間にしました。
峰吉川~羽後境  10/6
3t6a12811
▲ 煙ポイントだけあって混雑は必至、午後はここだけにすることにして早めに行ってスタンバイしてると、「NO.DO.KA」登場。珍しいものも見ることができました。
3t6a13531
5a7e23461
▲ 待つこと3時間余りで真打ち登場、この日も力強いブラストを響かせて登って来ました。いやー、満足、満足!。

この先は追いかけても追い付けそうにないので今回はこれにて終了、撤収としました。
いよいよ明日からは本運転、お出かけの方はどうぞ楽しんできて下さい。ただ、協和ICを出て13号線までの道はくれぐれもお気をつけて!!

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月10日 (木)

SL秋田こまち号 試運転(6)

明けて翌日曜日、相変わらずスッキリしないお天気ですが雨よりはましと諦めホテルを出発、大張野の先の上り坂で待つことにしました。
大張野~羽後境  10/6
5a7e21821
5a7e22241
3t6a11751
▲ 新旧の「こまち」が行き交い、「クルージングトレイン」も登場という華やかさ。
5a7e22451
3t6a12121
▲ 早起きして待ってた甲斐があったというものです。C61の奮闘を目の当たりにすることができました。欲を言えばお天気だけ、順光ポイントだけに晴れて欲しかったなー。

続いては前日寄り道をしたので間に合わなかった後三年へ。
後三年~横手  10/6
5a7e22721
3t6a12491
▲ 発車後ここまで煙が保つかなとやや心配でしたが、C61はしっかりと力行して来ました。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 9日 (水)

SL秋田こまち号 試運転(5)&【白猫大魔神警戒警報】

さて返しの下り列車ですが、横手まで行ったので後三年の手前で待つことにしました。
横手~後三年  10/5
3t6a11041

5a7e21611
▲ この辺り、奥羽本線で最も長い15キロに及ぶ直線区間とか。片持ちポールのスッキリとした平坦線を軽快に駆け抜けて行きました。

続いては峰吉川からの峠越えへ。
峰吉川~羽後境  10/5
3t6a11421
▲ 運転区間のほとんどが平坦な中10‰とはいえ貴重な上り勾配、待ち受ける沢山のファンにサービス満点の走りでした。

ところで、【白猫大魔神警戒警報】です。

秋田道の協和ICを出たところで白猫大魔神様が鋭い爪を砥いで狙ってますからご注意を!。
地元の賢いネズミさんは分かってるので毒牙にはかからないでしょうが、県外ネズミさんは高速を出たところでもあり、足音を忍ばせ後ろからそーっと近づかれ餌食に・・・・。
哀れ犠牲となったネズミさんの幽霊が言うには「高速を出たところで県外のを狙い撃つなんて・・・・ウッ、ウッ、(。>_<。)、もう秋田なんてよほどの用事がなきゃ来ない!DCか何か知らないけど観光になんか絶対に来ない!」 。
まっ、そりゃー逆恨みというもんですけど本運転に行こうというネズミさん、ここだけはどうぞお気をつけて。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 8日 (火)

SL秋田こまち号 試運転(4)

追いかけて今度は正面から。
羽後境~峰吉川  10/5
5a7e20881
▲ C61は軽快に坂を下って来ました。

続いては田んぼの中で待ちました。
神宮寺~大曲  10/5
5a7e20971
▲ いつもは東北新幹線の高架をぶっ飛ばしてる姿を見慣れてるスーパーこまちですが、ここでは在来線特急の走りです。
5a7e21171_2
5a7e21311
▲ 神宮寺を発車した列車は玉川橋梁に向かう緩い上り坂を軽々とやって来ました。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 7日 (月)

SL秋田こまち号 試運転(3)

5・6日のSL秋田こまちの試運転、土曜の朝の1発目です。
四ツ小屋~和田  10/5
5a7e20561
3t6a10441
▲ 軽い上り勾配を給気でやって来ました。この直後に新幹線こまち登場、蒸気列車を追い抜いて行きました。
5a7e20781
▲ 「こまち」が追い越し中、両列車の最後尾が並びました。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月 6日 (日)

SL秋田こまち号 試運転(2)

今日も秋田でC61見物。お天気の方はイマイチでしたが、大型蒸機の迫力を堪能させてもらいました。
大張野~羽後境  10/6
3t6a12121
▲ 今日のとりあえずの1枚は船岡トンネル目指して力行するC61です。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 5日 (土)

SL秋田こまち号 試運転(1)

この週末ははクマさんと一緒に秋田へ遠征です。
峰吉川~羽後境  10/5
3t6a11421
▲ とりあえずの1枚は峰吉川からの勾配を登る返しの試9423レです。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月 3日 (木)

長月のばんえつ物語号Ⅳ(8)

翌9/23は馬下からスタート。
猿和田~馬下  9/23
3t6a07891
▲ この日はお天気に恵まれ幸先いい1枚をゲット。

三川ではまだ停車中だったのでならばと。
三川~津川  9/23
5a7e17361
▲ おまけショットですが、さすがは三川発車の煙。

この日は49号ではなく国道459号沿いに追いかけることにします。
鹿瀬~日出谷  9/23
5a7e17481
▲ お天気もいいので第1平瀬踏切へ。稲穂に煙、この時季ならではの景色を見ることができました。

続いては日出谷停車中に追い抜いて豊実へ。
日出谷~豊実  9/23
3t6a08191
▲ 爆煙期待でここにしましたが、予想を上回る迫力に大満足でした。
明晩から某所へ遠征予定です。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 2日 (水)

長月のばんえつ物語号Ⅳ(7)

8233レのお次は平瀬、この日は久々にイン側に構えてみました。
日出谷~鹿瀬  9/22
3t6a07791
5a7e16941
▲ この時季でお天気も悪くかなり暗かったですが、ここまでお化粧できるのはデジタルならでは。

最後はもう暗く、ISO感度を上げて1/30秒にしても露出は得られず、とりあえず撮っただけ。
三川~五十島  9/22
5a7e17051
▲ 肉眼では見えなくてもデジタルの目では見えたようです。

明日はいい天気になることを祈って宿へ向かいました。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 1日 (火)

長月のばんえつ物語号Ⅳ(6)

午後の部8233レは迷いましたが結局舞台田からにしました。
喜多方~山都  9/22
5a7e16671
▲ 曇り空に煙もぱっとせず、稲穂だけが鮮やかな黄金色でした。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »