« 磐西C57試運転(1) | トップページ | 新緑の肥薩川線ハチロク見物(1)&池の様子(2) »

2017年4月17日 (月)

1月の出張ついで鉄(2) & 池の様子

かなり更新をサボってしまいました。国内最古の動態保存蒸機、1ヵ月前の記事の続きになります。  明治村  1/9

Img_04681
▲ 同じポイントで待ってるとほどなく先ほどの列車が戻って来ました。
Img_04881
▲ SL東京駅へ行ってみました。機回し線で美しい姿をキャッチ。Img_05331
▲ 奥の庫にはもう1輌、ボールドウィン製の9号(ジョージナインと言うそうです)が煙を上げていました。
Img_05551
▲ 再度この線唯一のお立ち台に戻って上り列車を狙います。Img_05741
▲ 続いてはSL名古屋駅から望遠で覗いた下り列車です。Img_06001
▲ 終端のテーブルは手動式。Img_06451
▲ 最後にこんな電車を見物して出張先へ向かいました。

揚水ポンプが故障したので仕方がなくこの冬は毎週水替えをしてましたが、そろそろ餌もやらないといけないし、水道代もたまらないので、先週末重い腰を上げて池掃除をやりました。家中のタライ5個に鯉ちゃんを移してポンプと濾過槽へのパイプを補修、やっと濾過槽が稼働し始めました。  4/15
Img_23301
▲ 動かして1週間ではバクテリアも住み着いてなく、水質も安定しません。それにしても過密過ぎますかねー。春になって前からいる50㎝クラスが相次いで3匹も☆になっちゃいました。合掌・・・。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

→錦鯉ブログに参加してます。よろしければワンクリックお願いします。

|

« 磐西C57試運転(1) | トップページ | 新緑の肥薩川線ハチロク見物(1)&池の様子(2) »

23博物館・保存鉄道・催し」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

錦鯉」カテゴリの記事

コメント

続編はいつかと待ちわびていました。
明治の機関車も良いですよね。
保存とは言え、かなり立派だと思います。
それにしても大きな池に数えきれないほどの鯉が!
素晴らしい邸宅です。
小生には手が出ません。
手が出せるのは恋の数くらいですよ。

投稿: OER3001 | 2017年4月19日 (水) 12時20分

仰せの通り明治のCタンクも程よい大きさでそそられます。整備も行き届いてるようで、ボイラーやサイドタンクの鈍い光り具合などが好ましいですね。
鯉は調子に乗ってお友達を増やし過ぎてしまいました。反省!

投稿: たかべー | 2017年4月19日 (水) 13時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391886/70281948

この記事へのトラックバック一覧です: 1月の出張ついで鉄(2) & 池の様子:

« 磐西C57試運転(1) | トップページ | 新緑の肥薩川線ハチロク見物(1)&池の様子(2) »