« 真夏のC57ばんえつ物語号(3)&新潟鯉屋さん巡り(3)山古志の品評会 | トップページ | 真夏のC57ばんえつ物語号(5)&新潟鯉屋さん巡り(5)番外編 »

2017年9月 4日 (月)

真夏のC57ばんえつ物語号(4)&新潟鯉屋さん巡り(4)

芹沼トンネルから駆け下りて向かったのは追っかけの定番コース、平瀬ですが・・・・・。
8/19
Img_35982

Img_36011

Img_36041
▲ な、な、何とクルマは1台も停まってないし、人っ子一人いません。ここには何十回となく来てますが、さすがに一人ぼっちというのは初めてでした。お天気が悪い分C57はきれいな白煙でやって来ました。

昨日の日曜はなかなか腰が上がらなかった年2回の池掃除を敢行、準備から後片付けまでまるまる1日かかり、あー疲れたーー。
Img_2782
▲ 鯉ちゃん達は大小合わせて6つのタライに避難中。一つひとつのタライの中はまたの機会に。
池の中の排水・揚水の2台のポンプ周りは汚泥と落ち葉でドロドロでした。

8/20新潟鯉屋さん巡りの続きです。品評会を見て山を下ります。
Img_3690
▲ 下る途中は棚田に野池と山古志らしい風景が広がります。

山を下りて小千谷に戻って来ました。
Img_3694
▲ ここは十数年前に来て結構買った覚えがあったんですが、ご主人が亡くなられたそうで、販売用の鯉がいた池も埋められて見る影もありませんでした。

その後は高速で南魚沼市まで一気にワープ、上越国際スキー場近くの養鯉場さんへ。
Img_3696
▲ 鯉がいるハウスもあり目の保養をさせていただきましたが、ここもどなたもいらっしゃいませんでした。

これにてシーズン外れの鯉屋さん巡りは終了。今度は池揚げ後に覗いてみたいなと思います。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

→錦鯉ブログに参加してます。よろしければワンクリックお願いします。

|

« 真夏のC57ばんえつ物語号(3)&新潟鯉屋さん巡り(3)山古志の品評会 | トップページ | 真夏のC57ばんえつ物語号(5)&新潟鯉屋さん巡り(5)番外編 »

02磐越西線」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

錦鯉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391886/71578473

この記事へのトラックバック一覧です: 真夏のC57ばんえつ物語号(4)&新潟鯉屋さん巡り(4):

« 真夏のC57ばんえつ物語号(3)&新潟鯉屋さん巡り(3)山古志の品評会 | トップページ | 真夏のC57ばんえつ物語号(5)&新潟鯉屋さん巡り(5)番外編 »