« 真夏のC57ばんえつ物語号(5)&新潟鯉屋さん巡り(5)番外編 | トップページ | 晩夏の磐西お立ち台巡りツアー(1) »

2017年9月 8日 (金)

新緑の山口C57追っかけツアー(9)&新潟鯉屋さん巡り(6)番外編の番外編:蒲原鉄道保存車輛

篠目交換は大フィーバーだったようですが、記事は5月のまだまだ平和な山口線、午前の部最終ポイントを徳佐で見送った続きです。
午後はどうしようかなーと思ってたら山を下る途中で場所が空いてたので何と珍しい、たまにはと俯瞰をやってみました。
津和野~船平山  5/28
Img_16001

Img_16041
▲ 鉄橋を渡る汽笛の後しばらくして姿を現しました。

Img_16171
▲ いつもはかぶりつきの本門前踏切を見下ろします。

Img_30731
▲ 中座のカーブを回っていい煙でやって来ました。でも上からだといい煙過ぎて編成が隠れてしまうんですね、知りませんでした。
キャブ屋根より高い所から撮れば俯瞰撮影だと嘘吹いてるたかベーにとっては足が竦みましたが、ここならと地の利を生かして追っかけ開始です。

で、しつこく新潟鯉屋さん巡り、今日は番外編のそのまた番外編。てか鯉屋さんへ行く途中で見かけたというこじつけですが(^^;;) 。ブログ村の錦鯉ブログから来られた皆さま、ゴメンナサイ。
翌日曜の朝、長岡・小千谷方面へ向かう途中で蒲原鉄道の保存車輛を発見、へーと思ってちょっと寄り道して見てきました。
5/29
Img_36341Img_36361
▲ モハ1 パンタのスリ板を支える楕円の部品が珍しいです。

Img_36391
Img_36371
▲ モハ61 こういうツートンもいいですね。内部もきれいに整備されてました。

Img_36431
Img_36411
▲ ED1 好ましいスタイルの凸型電機。パンタを下ろしてボンネットを広げてDLにしても似合いそう、なんて言うと誰かに叱られそう。

3輌とも非常に保存状態がよくピカピカで今にも走り出しそうでした。屋根がないにもかかわらずこの状態を維持していることにホント頭が下がります。良いものを見せていただきました。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

→錦鯉ブログに参加してます。よろしければワンクリックお願いします。

|

« 真夏のC57ばんえつ物語号(5)&新潟鯉屋さん巡り(5)番外編 | トップページ | 晩夏の磐西お立ち台巡りツアー(1) »

03山口線」カテゴリの記事

23博物館・保存鉄道・催し」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

蒲原鉄道、懐かしいです。
こんなに綺麗な姿で再会できるとは、早々に行かねばなりませんね。

投稿: OER3001 | 2017年9月 9日 (土) 21時51分

はい、今はピカピカの状態です。ですが、
何たってここはスキー場なので雪が積もる前に行かれることをお勧めします。

投稿: たかべー | 2017年9月11日 (月) 09時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391886/71643818

この記事へのトラックバック一覧です: 新緑の山口C57追っかけツアー(9)&新潟鯉屋さん巡り(6)番外編の番外編:蒲原鉄道保存車輛:

« 真夏のC57ばんえつ物語号(5)&新潟鯉屋さん巡り(5)番外編 | トップページ | 晩夏の磐西お立ち台巡りツアー(1) »