« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月

2017年9月29日 (金)

磐西C57試運転(3)

ばん物試運転は五十島から一気に県境を越えて福島県へ。
3/17
Img_06931

Img_07001

Img_98491

Img_98541
▲ 雪晴れとはいきませんでしたが、端村踏切、荻野駅と追いかけます。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

→錦鯉ブログに参加してます。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年9月27日 (水)

晩夏の磐西お立ち台巡りツアー(5)&我が家の鯉ちゃん達(5)

上野尻から何とか間に合うお立ち台ということでここにやって来ました。
利田踏切  9/9
Img_37471

Img_37591
▲ やっとご馳走にありつけました。

ウチの鯉ちゃんご紹介第5弾です。
Img_2738
中くらいの大きさの子その2です。キジロをはじめ黄色系も結構います。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

→錦鯉ブログに参加してます。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月25日 (月)

磐西C57試運転(2)

いささか古い話題ですが、最初のこの記事以降写真整理をやってなかった3月のばん物試運転です。
3/17
Img_98371

Img_98421
▲ 例によって最初は五十島からです。やっぱ気温が低いと白煙が綺麗です。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月23日 (土)

晩夏の磐西お立ち台巡りツアー(4)&我が家の鯉ちゃん達(4)

鹿瀬から追いかけてギリギリ間に合うお立ち台といえばここ。
9/9
Img_37361
▲ 上野尻もC57はほとんど無煙で快調に走り抜けて行きました。

ウチの鯉ちゃん達第4回は
Img_2728
▲ 比較的大きな子その2になります。我が家で唯一の丹頂は春先に調子が悪く白地が充血してあわや☆になるところでしたが、塩+テラマイシン+エルバージュの薬浴で元気になってくれました。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

→錦鯉ブログに参加してます。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月21日 (木)

新緑の山口C57追っかけツアー(12)

篠目停車中に追い抜いて最終ポイントは篠直手前28キロポストへやって来ました。
5/28
Img_31181
▲ 罐は陰になってしまいましたが、迫力十分。

Img_31241
▲ 最後に後ろ姿を見送って新緑の周防路を後にしました。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月19日 (火)

晩夏の磐西お立ち台巡りツアー(3)&我が家の鯉ちゃん達(3)

お立ち台巡り、続いては鹿瀬のホームへ行きましたが、さすがにワンパタなので少し津川方に移動して待ちました。
鹿瀬  9/9
Img_37281
▲ 線路端は変わりませんが、いつもと違うアングルで一応満足。
ちなみに、よい子はここでこういう写真を撮ります。

ウチの鯉ちゃんご紹介第3弾は
Img_2769
▲ 小ぶりの子達の桶になります。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

→錦鯉ブログに参加してます。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月17日 (日)

新緑の山口C57追っかけツアー(11)&我が家の鯉ちゃん達(2)

徳佐から一直線、長門峡の先で何とかキャッチしました。
長門峡~篠目  5/28
Img_16411

Img_31111_2
▲ いつもいつも変わり映えのしない「線路端汽車見物写真」ですが、いやーよかったです。やめられませんねー。

ウチの鯉ちゃんご紹介第2弾は
Img_2752
▲ 中くらいの大きさの子です。真ん中上の緋写りちゃんが先日の新潟鯉屋さん巡りで連れてきた子です。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

→錦鯉ブログに参加してます。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月15日 (金)

晩夏の磐西お立ち台巡りツアー(2)

先週末の磐西ツアー、誰かさんと行くと初日の朝一番は必ずここです。
五十島  9/9
Img_37081

Img_37131

Img_37161

Img_23201
▲ 線路脇のお立ち台はこの時季草ぼうぼうのはずですが、きれいに刈ってあったのでありがたく立たせていただきました。それにしてもこの上のお立ち台も含め我々の他は2~3人、お天気もいいのに空いてました。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月13日 (水)

新緑の山口C57追っかけツアー(10)&我が家の鯉ちゃん達(1)

本門前や白井なら無理ですが、山の中腹の俯瞰ポイントからは徳佐に間に合いました。
5/28
Img_30901
▲ 発車して加速するなか期待通りの、正直者にしか見えない爆煙で発車して行きました。えっ!この爆煙が見えない!?それは大変、胸に手を当ててみないと。

先日の池掃除で池の住鯉達を避難させたのでこの機会に写真撮影してみました。
Img_2714_2
▲ まずは比較的大きな子達のタライ。真ん中の黄色いドイツがウチで一番大きな子です。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

→錦鯉ブログに参加してます。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月11日 (月)

晩夏の磐西お立ち台巡りツアー(1)

この週末は復活したクマさんと磐西詣で、C57大明神を拝んできました。とりあえずの1枚は日曜の8233レ、桜田ポイント松野踏切です。
9/10
Img_38711
▲ おー、ありがたや!ありがたや!眼福!眼福!

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年9月 8日 (金)

新緑の山口C57追っかけツアー(9)&新潟鯉屋さん巡り(6)番外編の番外編:蒲原鉄道保存車輛

篠目交換は大フィーバーだったようですが、記事は5月のまだまだ平和な山口線、午前の部最終ポイントを徳佐で見送った続きです。
午後はどうしようかなーと思ってたら山を下る途中で場所が空いてたので何と珍しい、たまにはと俯瞰をやってみました。
津和野~船平山  5/28
Img_16001

Img_16041
▲ 鉄橋を渡る汽笛の後しばらくして姿を現しました。

Img_16171
▲ いつもはかぶりつきの本門前踏切を見下ろします。

Img_30731
▲ 中座のカーブを回っていい煙でやって来ました。でも上からだといい煙過ぎて編成が隠れてしまうんですね、知りませんでした。
キャブ屋根より高い所から撮れば俯瞰撮影だと嘘吹いてるたかベーにとっては足が竦みましたが、ここならと地の利を生かして追っかけ開始です。

で、しつこく新潟鯉屋さん巡り、今日は番外編のそのまた番外編。てか鯉屋さんへ行く途中で見かけたというこじつけですが(^^;;) 。ブログ村の錦鯉ブログから来られた皆さま、ゴメンナサイ。
翌日曜の朝、長岡・小千谷方面へ向かう途中で蒲原鉄道の保存車輛を発見、へーと思ってちょっと寄り道して見てきました。
5/29
Img_36341Img_36361
▲ モハ1 パンタのスリ板を支える楕円の部品が珍しいです。

Img_36391
Img_36371
▲ モハ61 こういうツートンもいいですね。内部もきれいに整備されてました。

Img_36431
Img_36411
▲ ED1 好ましいスタイルの凸型電機。パンタを下ろしてボンネットを広げてDLにしても似合いそう、なんて言うと誰かに叱られそう。

3輌とも非常に保存状態がよくピカピカで今にも走り出しそうでした。屋根がないにもかかわらずこの状態を維持していることにホント頭が下がります。良いものを見せていただきました。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

→錦鯉ブログに参加してます。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年9月 6日 (水)

真夏のC57ばんえつ物語号(5)&新潟鯉屋さん巡り(5)番外編

平瀬からなおも追いかけ、8233レのこの日最後のポイントへ。
8/19
Img_36101

Img_36141

Img_36161

Img_36241
▲ 雨の中、いい煙やって来たC57を見てこのシーンを想い出しました。これにて今回の磐西詣では終了、翌日の鯉屋さん巡りに備えて宿へ向かいました。

終わったはずの新潟鯉屋さん巡りですが番外編を。17時を過ぎ関G養鯉場を後にして17号を走ってると、ドライブインというか土産物屋というか場違いな所で錦鯉を販売してるのを発見。通り過ぎたんですがUターンして覗いてみました。Img_26561
▲ 小さな子しかいませんでしたが、@1,500円ということでこの3匹を掬ってきました。先に買った2匹といい、どうも最近ウチの池の御三家比率が下がってきてます。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

→錦鯉ブログに参加してます。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 4日 (月)

真夏のC57ばんえつ物語号(4)&新潟鯉屋さん巡り(4)

芹沼トンネルから駆け下りて向かったのは追っかけの定番コース、平瀬ですが・・・・・。
8/19
Img_35982

Img_36011

Img_36041
▲ な、な、何とクルマは1台も停まってないし、人っ子一人いません。ここには何十回となく来てますが、さすがに一人ぼっちというのは初めてでした。お天気が悪い分C57はきれいな白煙でやって来ました。

昨日の日曜はなかなか腰が上がらなかった年2回の池掃除を敢行、準備から後片付けまでまるまる1日かかり、あー疲れたーー。
Img_2782
▲ 鯉ちゃん達は大小合わせて6つのタライに避難中。一つひとつのタライの中はまたの機会に。
池の中の排水・揚水の2台のポンプ周りは汚泥と落ち葉でドロドロでした。

8/20新潟鯉屋さん巡りの続きです。品評会を見て山を下ります。
Img_3690
▲ 下る途中は棚田に野池と山古志らしい風景が広がります。

山を下りて小千谷に戻って来ました。
Img_3694
▲ ここは十数年前に来て結構買った覚えがあったんですが、ご主人が亡くなられたそうで、販売用の鯉がいた池も埋められて見る影もありませんでした。

その後は高速で南魚沼市まで一気にワープ、上越国際スキー場近くの養鯉場さんへ。
Img_3696
▲ 鯉がいるハウスもあり目の保養をさせていただきましたが、ここもどなたもいらっしゃいませんでした。

これにてシーズン外れの鯉屋さん巡りは終了。今度は池揚げ後に覗いてみたいなと思います。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

→錦鯉ブログに参加してます。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 2日 (土)

真夏のC57ばんえつ物語号(3)&新潟鯉屋さん巡り(3)山古志の品評会

尾登から追いかけ野沢停車中に追い越して走ってると、芹沼トンネルの先に車が1台も止まってなかったのでちょいと登ってみました。
野沢~上野尻  8/19
Img_35711

Img_35781

Img_35881
▲ JRのポスター以来一時は超人気ポイントでしたが、この日は小生一人で堪能させてもらいました。

で、養鯉場巡りは山古志の虫亀まで登って来ました。  8/20
Img_3682
▲ さすがに養鯉場だらけ、お家よりハウスの方が多いくらい、な訳ないか。たまたま表で鯉をビニール袋に入れてたおじさんにお話を伺うと、今日は午後から学校で品評会があるとのこと。

ならばと一旦出直すことにして街に戻ってお昼にしました。その途中で・・・・・。
Img_3683
Img_3684
▲ 通りがかったのがこちら。道路に面して「直売所」という看板を掲げてるだけあってハウスの中には大っきいのから小っちゃいのまでいーーっぱいいました。でも残念ながらこちらも誰もいません、野池でお仕事なんでしょうかねー。

で改めて品評会場の旧虫亀小学校へやって来ました。
Img_3685
▲ 校庭は軽トラだらけ。地区の養鯉場さんが皆さん参加の感じです。

Img_3686
▲ 小っちゃい子ばかりの袋審査の品評会でした。先ほど伺った松田養鯉場の方もいらしてて「いい鯉が見つかりましたか?」と声をかけていただきました。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ→SLブログに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

→錦鯉ブログに参加してます。よろしければワンクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »